今シーズンも私はDAZNにお世話になることになりました。
開幕週7試合の放送があります。とりあえず明日の開幕戦を浅く展望してみようと思います。

week1-1
安定感抜群vs絶対王者

昨年のAFC第1シードと第2シードの対決
簡単に言えば、守備のチーフス 攻撃のペイトリオッツだろう。
ただ前回の対戦は2014年 41-14でチーフスが圧勝している。チーフス的にも40点ゲームは珍しい展開だった。3年ぶりの対決とのことですが、チームカラーはその時と変わっていません。

 昨シーズンのチームスタッツ

week1-00001

昨年のペイトリオッツのスタッツを見てしまうと、どこも勝てるわけねぇやんってなってしまうんですよねぇ。
チーフスのスタッツもいいんですよ、でもペイトリオッツとくらべてしまうとなぁ。。。
とりあえず、唯一勝っている、ターンオーバーでなんとかしよういう感じですね。スタッツだけで分析すれば。

さらに細かいスタッツは↓
Kansas City Chiefs vs. New England Patriots - Compare Stats, Odds and PlayersKansas City Chiefs vs. New England Patriots - Compare Stats, Odds and Players 

 攻撃陣メンバー

week1-00002
(表クリックで大きく表示できます)

ペイトリオッツは RBブラント TEベネット放出 WRエデルマンがIR入りと、それなりに戦力は失っているが、RBギリスリー WRクックス TEアレン 補強で、十分穴を埋めてきた印象。
あとはTEグロンコウスキーが復帰。これが一番の補強だろうなぁ。ということで、戦力的には昨年と変わらないでしょう。40歳になるQBブレイディだが、たぶん問題ないとは思うが、マニングも急に衰えたこともあるし、本番見てみないとね。

チーフスは、RBウェアのIR入りが厳しい。RBはルーキーのハントがどれだけ出来るかが鍵だろう。
WRヒルがエースレシーバーであるが、プレシーズン1試合みたけど、えらいポロポロ落としていたのが心配になりましたね。リターナーとしてのブレイクであって、レシーバーとしてはまだまだなのかもしれません。今年もTEケルシー頼みと言っていいんじゃないですかね。

 守備陣メンバー

week1-00003

(表クリックで大きく表示できます)

ペイトリオッツは EDGEに少々不安を感じる。フラワーズはいいのだが、それ以外の層に不安あり。新人のリバースも先発ではない模様ですので、パスラッシュに不安はありと感じます。
ただ他は特に問題を感じないんですよねぇ。
CBライアンを放出した代わりにCBギルモアを補強逆に強化されたんじゃと思える布陣に。
昨シーズン失点1位の守備はほぼ健在といっていいかもしれない。

チーフスは、DLポーの放出のが心配であるが。その穴DLローガンの補強で埋めた。
あとCBネルソンのIR入りでCBの層の薄さが心配ですが、先発メンバー的には問題ないので、シーズン中盤以降の問題になる点であるだろう。
プレシーズンで1試合観た限りでは、今年も守備は安定してるなぁという印象でした。
ペイトリオッツ相手でも対抗できる守備だと思います。攻撃が淡白に終わらないことを願いましょう。

 予想


チーフスの攻撃面の心配は今に始まったことでもないが、昨年よりも心配であることは確かである。
守備に期待するしかありませんが、守備だけでなんとかできる相手とは言えないところが・・・

スコア予想は31-17でペイトリオッツと予想します。

公式プレビュー動画


 放送

week1-00004

とのことです、BSも当日深夜放送みたいですね。
今年からDAZNも載るようになったようですね。
昨年載ってなかったのはNFLJAPAN.comはスポナビ傘下だから敵は載せにくいってことなんやろなと思ってましたが、今年は載ってよかったですよ。
一応ですがNFL公式なんですから、DAZNだけ除け者にするのはあかんとは思ってました。