茶犬(仮ファン)NFLのブログ

ブラウンズファン(仮)の広く浅いNFLについてのブログです ブラウンズについてだけではなく、全体的に書いてます。

11/16
載せてたTwitterのアカウントが凍結されていました。ところどころ表示されないところがあるかと思います。気が向いたら直します

ファンタジーご参加の方、ツイートの時 #peca_nfl をつけてツイートしていただくと、俺が拾いやすくて俺が喜びます、もしよければお願いします。

怪我人リストから
20171118-1
もうこの時期に来たら、今シーズン復帰はほぼないので、復帰時期情報はちょっと他と違いがあるものだけ書きます。

 怪我人リストの詳細 
CIN RB ジェレミー・ヒル
 
足首の負傷 手術を行った
WAS RB ロバート・ケリー
 足首の捻挫とMCL負傷
SEA RB C.J.プロサイス
 
足首の負傷 今シーズン中に復帰の可能性あり
DET T グレッグ・ロビンソン
 
week6から負傷していた足首が治らずリスト入り
WAS DL アーサー・ジョーンズ
 
肩の負傷
CLE LB ジェイミー・コリンズ
 
MCL断裂
WAS LB ウィル・コンプトン
 
中足骨負傷
NYG LB キーナン・ロビンソン
 
大腿四頭筋の負傷
OAK CB ガレオン・コンリー
 過労性脛部痛

怪我人情報は
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/


 ロースター復帰 出場停止関連 

20171118-2

CLE WR コーリー・コールマンがアクティブロースター復帰
やっと戻ってきました。2年連続で同じ手の箇所の骨折をし怪我人リストに入っていましたが、今週の試合から復帰します。ただ相手はジャガーズ、あのCB陣相手だと厳しいでしょうね。ただ、QBカイザーとの連携が一番良かったレシーバーですし、うまく行ってほしいなぁと思います。何事もなければ、WRジョシュ・ゴードンもweek13に戻ってこれる予定です。今更遅いのは承知ですが、この2人の帰還は非常に楽しみです。今週の試合は厳しいですが、期待感を持たせるプレイが見れるとうれしいですね。



 契約状況 
20171118-3
CB バイロン・マックスウェル がシーホークスと契約
先週のサースデイナイトでCBリチャード・シャーマンが怪我人リスト入りをし、その穴埋めにちょうどドルフィンズから解雇されていたマックスウェルと契約することになりました。元々シーホークスで先発CBとして活躍してただけあって、この丁度タイミングバッチリな補強は持ってるとしか言いようないかなと。ただ今年のマックスウェルは不調で、それが原因で解雇されたので、過度の期待はできないかもしれませんが、チームのやり方を熟知しているのですぐに合うかもしれません。



チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions





という内容です。

  7-2クラブ

今週も上位陣は安泰でした。シーズン中盤になってで少しチーム力の差がしっかりと出てきてる感じですね。
NFCのチームから

セインツ 7-2 47-10 ビルズ 5-4

パス攻撃重視のセインツはこの試合ランで圧倒。298ランヤードを獲得し圧勝
ブリーズがこんなスクランブルするTDは珍しいですね。
試合途中で裸の親父もTDしたそうです。これ載せたのはいいけど映ってないよな・・・・?


バイキングス 7-2 38-30 レッドスキンズ 4-5
圧勝ムードから、QBキーナムが2INTして少し危ない目を見ましたが、リードを守りきりました。試合には出ませんでしたが、QBブリッジウォーターが1年半ぶりにアクティブロースター入りし、ベンチで感極まっていました。次の試合の先発を木曜日に発表するそうです。無理に変えなくてもとは思いますけどね。


テキサンズ 3-6 7-33 ラムズ 7-2

この試合もゴフは355y 3TDと素晴らしいパス攻撃で圧倒。
守備も4つのターンオーバーを奪い盤石な試合でした。


ドルフィンズ 4-5 21-45 パンサーズ 7-3
1試合多いパンサーズなので7-2ではありませんが、一応書いておきます。
あまりにもニュートンを乗せすぎました。こうなったらどこも止められません。パンサーズのランは合計294yとえらい走られました。今年のドルフィンズのラン守備良かったはずなんですけどね。


つづいてはAFCの7-2クラブの2チームです。

ペイトリオッツ 7-2 41-16 ブロンコス 3-6

攻撃・守備云々の前のスペシャルチームで完全にやられた感じの試合でした。先制点もパントリターナーのマフからでしたしね。ペイトリオッツ相手にミスをしていてはこうなってしまいます。


スティーラーズ 7-2 20-17 コルツ 3-7
4Qまでこれは負けるというムードから、最終的に逆転して勝った試合でした。コルツは非常に惜しかったですけどね。FG1本でも引き離せてればという惜しい試合でした。こういう試合でも落とさないから毎年プレイオフ争えるんですよねやっぱり。






  6サック


カウボーイズ 5-4 7-27 ファルコンズ 5-4

この試合カウボーイズはLTタイロン・スミスを欠場で欠いていたとは言え、このOLの崩壊は想定外でしたね。ファルコンズEDGEエイドリアン・クレイボーン1試合6サックという記録を作りました。
1試合のサック記録としては歴代2位タイの記録だそうです。

week10-22
https://www.pro-football-reference.com/leaders/sacks_single_game.htm より

昨年のNFCシード1・2位の2チームですが、現在プレイオフ圏外にいる状況です。
今年のNFCのワイルドカードはおそらく11勝は当確でしょうが、10勝だと危うい可能性がありそうです。この試合結果が最終的にワイルドカードに大きく影響が出ることになるかもしれませんね。

WEEK10終了時点のNFC順位
イーグルス 8-1
セインツ 7-2
バイキングス 7-2
ラムズ 7-2
パンサーズ 7-3
シーホークス 6-3
カウボーイズ 5-4
ライオンズ 5-4
パッカーズ 5-4
ファルコンズ 5-4





  チャレンジの結果・・・


パッカーズ 5-4 23-16 ベアーズ 3-6
判定はアウトオブバーンズでエンドゾーン1yでダウン。TDでないことに不服なベアーズがチャレンジしました。

レビューの結果 ボールがパイロンに当てる前にボールが手から離れておりファンブル。そのファンブルしたボールがパイロンに当たりタッチバックパッカーズボールという、最悪のチャレンジとなってしまいました。結果的にチャレンジしなければ良かったという、なんとも珍しい覆り方でした。

結果論ですが、スコア的にこのチャレンジをしなければわからなかったかもしれませんね。ただこれはチャレンジしないHCはいないと思います、ただただ運がなかっただけですね。




  シーズンワーストプレイコール


正直楽しい話題だけで草生えるような記事だけ書きたいんですが、取り上げないのも不自然なので
ブラウンズ 0-9 24-38 ライオンズ 5-4
前半残り10秒 タイムアウトなし エンドゾーンまで3yくらい なぜQBスニークという発想になるのか。裏をかいたつもりなのか?もたもたした結果スパイク出来ず、もちろんFGすら蹴れずそのまま前半終了。0勝チームだからってプロとしてやっていいプレイではないですよ。本当に酷すぎます。
試合後のHCヒュー・ジャクソンの会見の発言です。

ヒュー「起こったことすべてに責任を取る。前半最後のプレイの詳細はノーコメントだ。
記者「QBカイザーがオーディブルをしてたようだが?
ヒュー「すべての責任は私にある。」


どうもオーディブルでカイザーがプレイ変えたようだけど、それについては言及はしないという感じだったみたいですね。ルーキーQBの焦りみたいなものと捉えるべきですかね。それだとしてもとにかく最低のプレイでしたが。。。。いつも以上にまとまらない文章ですが、これ以上追求すると暗くなるので、もう忘れよう。(忘れたい・・・・)

一応ポジティブPOINTも書いておこう
この試合のカイザーは非常に良かったです。232y 1TD 1INTでした。途中までわからない試合を演じていました。ランも良かったですね。合計で201y獲得しました。途中までもしかするとという場面は作りました。でもカイザーがサックされノックダウンで一度フィールドから去って、ケスラーに交代してから、試合はライオンズペースに。一気に2ポゼ差にされ万事休す。
はやくコールマンとゴードン帰ってきてくれ。


で全敗を守ってしまったわけですが、相方の49ersは
ジャイアンツ 1-8 21-31 49ers 1-9
初日が出たということで、おめでとうございます。これで単独最下位になりましたね。
こういう話を聞くと本当に勝てて良かったなと感じます。



今後のブラウンズの日程です
11 11月20日(月) ジャガーズ
12 11月27日(月) @ベンガルズ
13 12月04日(月) @チャージャーズ
14 12月11日(月) パッカーズ
15 12月18日(月) レイブンズ
16 12月25日(月) @ベアーズ
17 01月01日(月) @スティーラーズ

自滅してくれそうなチームも数チームいますね。こちらが自滅する可能性を考えなければ。。。今年も不思議な負け方をするチャージャース戦がやっぱり注目ですかね。





  フィールドの妖精


シーホークス 6-3 22-16 カーディナルス 4-5

試合前の練習で妖精が降り立ったカーディナルスでしたが、勝利の女神とはなりませんでした。この妖精で練習に取り組んでいたのは、バックアップQBのブレイン・ギャバートです。なんか賭けに負けた罰ゲーム的なものらしいです。





  今週のMVP

AFC
 攻撃  NE QB トム・ブレイディ
 守備  JAC CB AJ・ボウイエー
 SP 
 NE RB(KR) ディオン・ルイス
NFC
 攻撃  CAR QB キャム・ニュートン
 守備  ATL EDGE エイドリアン・クレイボーン
 SP 
 LAR K グレッグ・ズーライン

Tom Brady, Cam Newton among Players of the Week - NFL.comTom Brady, Cam Newton among Players of the Week - NFL.com 

ジャガーズのCBボウイエーはオーバータイムで試合を決めるINTを決めました。
しかしこの試合はジャガーズの負けという場面を2回は見たんですが、守備のお陰でラストチャンスを3回ほどもらってなんとかオーバータイムになった試合でした。最後も守備で決めてジャガーズは3連勝となりました。

ラムズのKズーラインは 最長50y含むFG4本とエクストラポイント3本決め受賞となりました。




  ついでなんで、サースデイナイトの展望

week11-02

6勝3敗タイタンズ 7勝2敗スティーラーズ
地区首位同士の好カード



タイタンズ現在4連勝中 南地区首位となっています。(ジャガーズと同率ですが)バイウィークを挟んでますが、北地区と4連戦で今回がその最後のスティーラーズ戦となりました。北地区に全勝できるかという試合のようです。ちなみに他の3チームとは1ポゼ差の接戦を物にする展開でした。結構苦戦してます。QBマリオタはハムストリングの負傷から1ヶ月が経ち。先週の試合ではラン51yを記録。もう大体負傷の影響はなさそうですね。守備の方はタックルマシーンのLBウッドヤード6INTを記録しているSバイヤードなど、例年から比べると個性が出てきたなと感じますね。
怪我人情報
 なし
スティーラーズ現在4連勝中。ただやっぱり攻撃がまだ本調子とは言いづらいですね。コルツ戦も最後の最後で逆転はしましたが、最後まで苦しい試合展開でした。苦しい試合が続いていますが、なんだかんだ言って勝ってるからなぁ。守備は失点が16.4点で2位 パス守備が181.8yで2位です。スティールカーテン復活ですね。パス守備そんなすごいというイメージよりも、LB陣が強烈だなぁという印象が強いんですけどね。近年もう一つだったDB陣が安定したことは良かったです。その要因だったCBヘイデンは今回欠場。しっかりカバーできるかが鍵ですかね。
怪我人情報
 CB ジョー・ヘイデン が欠場

 TE バンス・マクドナルド
 EDGE ジェームス・ハリソン
 S マイケル・ミッチェル がクエッショナブル
week11-09
(クリックしたら大きく表示されます)

好勝負が期待できそうな対戦となりました。予想難しいですね。そこまで点は入らないような気がします。スティーラーズが守り勝つと予想します。希望としてはタイタンズ勝ってほしいところですがね。




怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries





今週は レイブンズ チーフス レイダース イーグルス がお休みです。

WEEK10放送予定はこちら

  • スティーラーズ(6-2)vsコルツ(3-6)
  • テキサンズ(3-5)vsラムズ(6-2)
  • カウボーイズ(5-3)vsファルコンズ(4-4)
  • ペイトリオッツ(6-2)vsブロンコス(3-5)
  • ドルフィンズ(4-4)vsパンサーズ(6-3)

  • 他の注目試合は
    セインツ(6-2)vsビルズ(5-3)
    バイキングス(6-2)vsレッドスキンズ(4-4)
    ジャイアンツ(1-7)vs49ers(0-9)

    特にジャイアンツvs49ersは来年のドラフトの順位が気になる対戦ですね。

      11月13日 サンデーゲームの展望

    week10-03

    順当なスティーラーズとラック復帰がなくなったコルツの対戦

    スティーラーズは現在3連勝中です。攻守共に安定してきた印象です。特に守備は平均失点16.4点の2位です。DB陣が昨年より安定したことと、相手QBに対するプレッシャーをかけられているのが主な要因でしょう。攻撃面はQBロスリスバーガーは10TD 9INT レーティング82.7と今シーズンはあまり良い成績とは言えないが、悪いなりに試合を作っている印象です。この辺は流石一流QBだなと思いますね。現在RBベル WRシュースターが乗っている印象ですね。ここがしっかりと仕事すれば問題なさそうです。
    怪我人情報
     EDGE ジェームス・ハリソン が欠場
    コルツは先週なんとか連敗から脱出しましたが、今回は相手が悪い感じですね。QBブリセットは意外とロングパスが悪くない印象ですね。WRヒルトンとの相性は悪くありません。もう少しパスを散らせることができればもう少し良くなりそうな気がします。問題は守備なんですよね。平均失点28.9点は最下位 パス喪失ヤード279.7yは31位となっています。ベテランCBデービスを先週解雇しました。守備がもう少しなんとかならないと厳しい試合となるでしょう。
    怪我人情報
     WR カマー・アイケン
     EDGE ジョン・サイモン が欠場

     WR T.Y.ヒルトン
     CB クインシー・ウィルソン がクエッショナブル
    week10-11
    (クリックしたら大きく表示されます)

    QBブリセットは非常に頑張っているとは思うんですが、厳しいすぎる相手ですね。順当にスティーラーズ勝利と予想します。






    week10-04

    ワトソンが居なくなり攻撃が残念なことになったテキサンズ
    ゴフが覚醒し驚異的な攻撃力のラムズとの対戦

    テキサンズは先週サページが先発QBでした。最後の最後だけは見せ場を作りましたが、試合全体としては低調な出来でした。ワトソンとは雲泥の差がありました。今週もサページが先発有力でしょうが、先週と同じ出来であればイエーツに交代も考えるでしょう。攻撃に不安を抱える状況ですが、守備も今年はあかんのですよね。DB陣のアサイメントミスが非常に目立ちます。あとパスラッシュがEDGEクラウニー以外でもなんとかしたいところです。
    怪我人情報
     LB ディラン・コール が欠場

    ラムズは現在3連勝中です。平均得点32.9点で1位と圧倒的攻撃力を見せています。今年の最優秀HCはマクベイで決まりでしょうね。パスとランのバランスも良く、本当何回も謝ってしまいますが、QBゴフがこんなにも変わると思ってませんでした、すいませんでした。守備も安定しています。DCウェイドフィリップスの3-4パスラッシュ重視がうまく浸透してる感じですね。どっかでそんなのを書いてるのを見たので、受け売りで書いてみました。
    怪我人情報
     EDGE ロバート・クイン がダウトフル
    week10-12
    (クリックしたら大きく表示されます)

    テキサンズのQBがワトソンなら非常に楽しみな試合でしたが、現状のテキサンズの状況では・・・・ラムズ勝利と予想します。





    week10-05

    エリオットがいなくなった初戦 ライアンが不調のファルコンズとの生き残りをかけた対戦

    とうとうエリオットがいなくなったカウボーイズです。現在3連勝中と勢いに乗っていたんですが、この連勝を止めたくないですね。エリオットがいなくなって失速したという印象になってしまわないようにしたいところです。RBモリス マクファデンの頑張りに期待するしかありません。今シーズンは守備が思いの外頑張っています。開幕前不安だったパスラッシュはEDGEローレンスが10.5サックと覚醒し、毎試合注目が集まる存在となった。
    怪我人情報
     K ダン・ベイリー が欠場

     WR デズ・ブライアント
     T タイロン・スミス
     DL マリーク・コリンズ
     CB チドビー・アウジー がクエッショナブル

    ファルコンズはまさかの前半4勝4敗の五分という結果です。昨年圧倒的だった攻撃が平均得点21.2点の17位と残念な成績になっています。やはりQBライアンが低調な出来であることですね。ライアンが復調しない限り浮上のきっかけは作れないと思います。守備は今年は成長した姿を想像していたのですが、思ったほどでもなかったという印象ですね。昨年のEDGEビーズリーの勢いがもう少し出てきてほしいところですね。
    怪我人情報
     LB デューク・ライリー が欠場

     G アンディ・レビツリー がクエッショナブル
    week10-13
    (クリックしたら大きく表示されます)

    どちらも負けるとプレイオフが厳しくなってくる試合ですが、どちらも不安要素の多い試合でもありますね。難しいですが守備に勢いを感じるカウボーイズ勝利と予想します。






    week10-06

    なんだかんだで順当なペイトリオッツ ここにきてQB不安が襲ってきたブロンコスとの対戦

    なんだかんだで6勝2敗のペイトリオッツ。今シーズンはレシーバー不足になりがちになる印象ですが、この試合もWRホーガンが欠場ということですが、TEベネットを補強しました。出戻りなのですぐに対応できるでしょう。勝ってるとは言えまだ守備に不安はあります。パスラッシュ不足とDB陣の出来がいまいちなままですが、4連勝中はまあ相手に助けられてるかなという感じです。
    怪我人情報
     WR クリス・ホーガン
     T マルクス・キャノン
     DL マルコム・ブラウン が欠場

     WR ダニー・アメンドーラ
     TE マーテラス・ベネット
     CB スティーブン・ギルモア
     CB エリック・ロウ がクエッショナブル

    ブロンコスは先週QBをオズワイラーに交代しましたが、惨敗という結果に。現在4連敗中となかなか悪い流れから脱出できない。先週はイーグルスの攻撃にえらい守備がやられてしまいましたね。オズワイラーはガベージタイムでなんとか点をいれましたが、厳しいですね。今週もオズワイラーで行くようですが、そろそろリンチが見てみたいところですね。守備は先週51点取られたのは夢であってほしいですね。。。モチベーション低下が原因としか言いようないですかね。
    怪我人情報
     WR エマニュエル・サンダース
     T ドナルド・スティーヴンソン
     LB トッド・デイビス がクエッショナブル
    week10-14
    (クリックしたら大きく表示されます)

    正直ブロンコスは厳しいですね、なるべくロースコア勝負にしたいところですが、、、順当にペイトリオッツ勝利と予想します。





      11月14日 マンデーナイトゲームの展望

    week10-07

    攻撃がうまくいかないドルフィンズ 攻撃がニュートン次第のパンサーズとの対戦

    ドルフィンズは前回QBカトラーが戻ってきて300y 3TDと頑張りましたが惜敗。この攻撃ができれば底は脱せれるかなという印象は残せた。RBアジャイをトレードで放出しましたが、先週はまあまあのラン攻撃だったかなと思います。守備はこの攻撃で4勝4敗にしてるんですから頑張っているでしょう。印象としてはラン守備がいいなという感じですね。

    怪我人情報
     RB ダミアン・ウィリアムズ
     G テッド・ラーセン
     CB ボビー・マケイン
     S マイケル・トーマス
     がクエッショナブル

    パンサーズは得点力はないものの、QBニュートン次第の攻撃がどうなるか、試合はじまってみないとわからないという感じですね。今シーズンはRBスチュワートがAve2.9yと不調。先週も2ファンブルロストとラン攻撃に不安を抱えている。もう少しラン攻撃が出れば楽になるんでしょうけどね。守備は今シーズンはDB陣が良くなり、平均失点17.7点の4位と強いパンサーズの守備が戻ってきました。ベテランEDGEペパーズが7.5サックと元気です。
    怪我人情報
     C ライアン・カリル が欠場
    week10-15
    (クリックしたら大きく表示されます)

    どちらの守備も安定してます、先週のカトラーは相手がレイダース守備だったからという感じも否めない、なのでパンサーズ勝利と予想します。






    最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
    今週のジャガーズチャージャースとの対戦ですね。
    9-0ということですが、一人くらいチャージャースにあげてもいいかなと思うんですが、なんかチャージャースに結構辛い印象はありますね。私もジャガーズが勝つとは思いますが、たぶん苦戦するんじゃないかなと思います。チャージャースはパスラッシュ強いですからね。DLボサ EDGEイングラムは両者とも8.5サックをあげています。QBボートルズが自滅する可能性は十分あると思います。

    たまにはブラウンズのお話も
    今週も厳しい状況ですね。ライオンズ相手に勝てるビジョンが見えません。
    ただ嬉しいお話もありましたね。WRコールマンが練習に復帰したという話がありました。手首の骨折からやっと目処がたったようです。そして、WRゴードンがWEEK13から復帰許可がでたということ。なんか13歳から薬中だったとかいう話もあったようですが、やっと復帰できることになったのは喜ばしいことですが、昨年も復帰かと思われたところで残念な結果でしたので、まだ油断してはいけません。公式戦は2014年のWEEK16以来となるので、復帰できれば大体3年ぶりとなりますが、昨年のプレシーズンでのパフォーマンスは素晴らしかったので、本当に期待したいです。この2人が戻ってくることになれば、少しは勝ち目がでてきそうな試合があると思います。それまで耐えましょう。







    怪我人 
    20171111-1

     怪我人リストの詳細 
    MIN QB サム・ブラッドフォード
     ブリッジウォーター復帰
    もあり、膝の手術を受けました。
     今シーズンバイキングスとの契約が終了、再契約はなさそうなみこみ。
    CHI TE ザック・ミラー
     膝の動脈損傷による緊急手術が行われた選手生命かかわるレベルのようです。
    HOU TE ライアン・グリフィン
     脳震盪 シーズン全休のみこみです。
     フェドロビッツがIRからロースター復帰しました。
    NYG C ウェストン・リッチバーグ
     脳震盪 シーズン全休のようです。
    SEA G リース・オジーアンボ
     両手負傷 手術が必要とのこと シーズン全休のようです。
    CIN T ジェイク・フィッシャー
     不整脈で手術が必要。シーズン全休となりました。
    ARI T D.J.ハンフリーズ
     MCL負傷 シーズン全休のみこみです。
    IND DL ヘンリー・アンダーソン
     喉頭骨折 シーズン全休となりました。
    NE LB ドンタ・ハイタワー
     
    胸筋断裂 復帰を待ったが今週怪我人リスト入りとなった。シーズン中復帰かは未明
    SEA CB リチャード・シャーマン
     
    昨日の試合で古傷のアキレス腱を断裂 シーズン全休となりました。
    ARI S タイボン・ブランチ
     ACL断裂 シーズン全休となりました。
    SF S ジャキスキー・タート
     腕の骨折 シーズン全休のようです。

    怪我人情報は
    http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/


    昨日の試合が結構怪我人が出てしまい、先週少なかった怪我人がまた増えてしまいました。
    ただ今週は怪我人リスト PUPリストからのロースター復帰組が出てきました。特にバイキングスQBテディ・ブリッジウォーターの復帰は気になるところです。ただ現在先発QBケース・キーナムが絶好調なため、急いで先発交代ということにはならないかもしれません。
    チーフス EDGEタンパ・ハリ ブロンコス EDGE シェイン・レイなどチームの有力選手の復帰が決まっています。




     出場停止 停止解除 

    20171111-2

    とうとうRBエリオットの出場停止が決まりました
    カウボーイズRBエリオットの停止処分執行はほぼ確定か | NFL JAPAN.COMカウボーイズRBエリオットの停止処分執行はほぼ確定か | NFL JAPAN.COM 
    6試合ということで、復帰はweek16となりますが、次回の聴聞会が12/1(金)ということで、ここでまた処分延長を訴えることになれば、week14から復帰になるかもしれません。ただweek10.~13までの出場停止は確定したということになりました。RBエリオットがいなくなってカウボーイズがどう変わってしまうのか今週の試合は注目されます。代役はアルフレッド・モリス ダレン・マクファデンが務めることに。

    WRエバンスは今週の試合の乱闘騒ぎで1試合出場停止です。
    2017 week9 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017 week9 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 

    WRカーリーは筋力増強剤使用が発覚し4試合出場停止(week14まで)となっています。


    復帰組はドルフィンズS TJ・マクドナルドが開幕から8試合の出場停止が解け、今週から復帰となります。



     契約状況 
    20171111-3

    TE マーテラス・ベネットがパッカーズを解雇され、ウェーバーでペイトリオッツが拾い上げる
    QBアーロン・ロジャースの怪我の後、本人が今シーズンを最後に引退を示唆したなど、モチベーションの低下、現状の肩の怪我の状況なども踏まえ解雇となったが、それを古巣のペイトリオッツが拾い上げることに。なんかモチベーション上がる可能性ありそうですね。。。。
    ペイトリオッツは今年ベネットの代わりにアレンを補強したが、ターゲットとしては使われずにいる状況。WRの怪我の状況などもあり、ターゲットを増やすにはいい補強ではあります。たぶんベルチックが取ったってことはモチベーションは簡単に変わる気分屋という感じのことがわかっていそうですね。現実はどうだかわかりませんがwww




    チーム別のこれまでの契約

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
    ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

    http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

    HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

    チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
    主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
    参考にしてます。
    http://www.foxsports.com/nfl/transactions
    http://www.nfl.com/transactions





    という内容です。

      2年目QB好調 50点をあげる


    ブロンコス 3-5 23-51 イーグルス 8-1

    ウェンツのパスで4TD ランで3TDで圧勝でした。
    トレードで獲得したRBアジャイも77y 1TDの活躍でした
    相手が不調のブロンコスとは言え守備は安定してたはずなのに、この攻撃ができるのは恐れ入ります。意気消沈という感じでしたね。
    どうやらTDを取りすぎて、試合中に使う花火を使い果たしてしまったようですwwwwwなんというか嬉しい誤算です。



    ラムズ 6-2 51-17 ジャイアンツ 1-7

    乗ってるチームは違うというか、ジャイアンツ守備どうしたんや?という感じも。3rd&33yで、ラムズもなるべく距離稼ぐだけのチェックダウンパスがなんでTDになるんでしょうかね?wwwwwWRウッズがすごいというのはわかりますが、これはジャイアンツ守備がひどすぎると思います。

    この試合ゴフは4TDをあげる活躍でした。2年目の1巡目1・2位指名QB今年は大活躍です。

    ウエンツの方はまだ予想できたかもしれませんが、去年のゴフを見て今年のゴフを想像出来た人はいないでしょうねぇ。LTウィットワースの存在の大きさ、HCマクベイの手腕、WRワトキンス・ウッズ・カップのターゲットの安定感、RBガーリーの確実性、もちろんゴフ自信の成長、すべてが噛み合った結果ですかね。

    ただラムズはここからが正念場の様です、来週のテキサンズ戦は正直大丈夫だと思いますが
    11 11月20日(月) @バイキングス
    12 11月27日(月) セインツ
    13 12月04日(月) @カーディナルス
    14 12月11日(月) イーグルス
    15 12月18日(月) @シーホークス
    NFC上位陣との対戦が続きます。なんとか五分くらいで乗り切りたいところですね。

    WEEK14のイーグルスvsラムズは大注目試合となりそうですね。楽しみです。





      NFC南道地区対決 他気になる結果

    バッカニアーズ 2-6 10-30 セインツ 6-2


    銀ちゃんをここまで使いこなせるのは流石ブリーズですね。もう11年目の32歳ですが、現在レシーブヤード480y キャリアハイが790yなので、ここに来てキャリアハイを更新しそうです。銀ちゃんといえばドロップですが、今シーズンは今のところほぼないみたいです。ブリーズのロングパスを落とすシーンが多くなるだろうなぁと思っていただけに、嬉しい誤算ですね。いや、決して見たいわけではないんだ。決して見たいわけではないんだ。 重要なので2回言っておきました。
    でも、もう試合の結果が変わらないところで一回くらいワイドオープンでドロップする銀ちゃんを見ておきたいなぁ。。。。なんていうかですね、伝統芸みたいなもんですよ。広島カープの新井さんのゲッツーみたいなものですよ。決して試合に影響あるドロップだけはしてほしくないです。


    ここ数試合の失点が17 12 10 と開幕当初と守備が変わってきてる印象です。相手がちょっと攻撃が弱いチームとの対戦が続いていたのはありますが、特にパス守備が良くなっている印象ですね。これでセインツは6連勝です。ベテランブリーズですし、このまま勢い続きそうな気配がします。



    ファルコンズ 4-4 17-20 パンサーズ 6-3
    前半途中まではファルコンズペースでしたが、このニュートンのスクランブルからのダンクシュートみたいなTDで逆転されてから、まったくペースを作れず点数は接戦に見えますが完敗でしたね。
    今年のファルコンズは前半まではそんな悪く感じないんですが、後半になると失速するパターンが多い気がします。比べちゃいかんのですが、去年の前半のブラウンズみたいな感じが。なんか覚えあるなぁと思ったんですがこれですね。これから後半で巻き返すには後半から全力で攻撃するのがいいかなと思います。

    パンサーズはまあいつも通りニュートンの気分次第ですね。今年は守備が安定してますので失速はしないと思います。


    チーフス 6-3 17-28 カウボーイズ 5-3
    カウボーイズ守備が硬かったですね。チーフスのランを68yに抑え勝利しました。チーフスのルーキーRBハントはここ数試合抑えられています。この試合も9回37yに抑えられました。ここ4試合100y以下のランヤードでチームも1勝3敗。ハントの成績に影響されまくっちゃってますね。相手もハントだけは抑える姿勢でうまく行ってるということに。今週の休みでハント復活してほしいところです。
    この試合この前半の最後のプレイはすごかったですね。昔デショーン・ジャクソンがパントリターンで同じ感じでやったのを思い出しましたね。

    勝ったカウボーイズの話まだでしたね。RBエリオットは91y1TDで安定した活躍で3連勝となりました。毎週エリオットの出場停止問題がどうなるかということですが、日本時間で金曜にまた出れるかどうか発表になるようですね。これ次第な感じがします。






      AFC北絶対殺すマン ジャガーズ


    ベンガルズ3-57-23ジャガーズ5-3

    RBフォーネットが欠場(というかなんかチームの規約違反的な行為があって休ませたとか)がありましたが、この試合も守備が好調。相手のダルトンのパスを10本しか通させませんでした。
    ちなみに上の動画のパントリターナー ジェイドン・ミッケンズ今週のスペシャルチームMVPを獲得しました。

    でタイトルのとおりですが、これでAFC北との対戦成績が3勝0敗となりました。
    残るはブラウンズのみ・・・・・・全勝おめでとうございます

    3 44-7 レイブンズ
    5 30-9 @スティーラーズ
    9 23-7 ベンガルズ
    11
    ブラウンズ

    どの試合も一桁に抑えているんですよね。すごい守備です。一応ブラウンズ戦は再来週のweek11となります。

    ちなみにジャガーズは今シーズン初の連勝となりました。このまま勢い乗りたいところですね、来週はチャージャース戦です。

    ちなみに現在の地区首位は
    レイブンズ 4-5 20-23 タイタンズ 5-3

    同じ星のタイタンズです、こちらもAFC北を破ってますね。





      ファイトナイトinNFL

    超ニワカなんですが、DAZNのUFCが結構好きで見てるんですよね。
    そんな中行われたNFLで開催されたファイトナイト(ナイトではないけど)です。
    ベンガルズ AJ・グリーンvsジャガーズ ジェイレン・ラムジー
    結果は両者退場のドローとなりました。
    グリーンは総合格闘技習ってるんじゃないか?と思わせる動きでした
    チョークからのパウンド、起き上がろうとする相手にまだロックをはずさずテイクダウンを奪ったところで他の選手がかけつけました、がそれでもパンチを繰り出してましたね。

    そろそろNFLに戻りまして、グリーンの退場には文句ありませんが、ラムジーはアンスポくらいだったんじゃないかなぁ。ごちゃごちゃしてる中で何かしたかもしれませんが。

    両者出場停止は免れたようです。


    もう一戦ありました
    バッカニアーズ ジェイミス・ウィストン マイク・エバンスvsセインツ マショーン・ラティモア

    ウィンストンがラティモアにちょっかいを出し、ラティモアがウィンストンをちょこっと押した結果、後ろからエバンスが飛んできました。

    ルーキー相手に何してるんですかね、バッカニアーズの2人は。しかもウィンストンは肩の怪我でベンチに下がった状態でした。当たり前ですが対戦相手に対してやる行為ではありません。フラストレーションが溜まっていたとしてもQBとして冷静で居てほしかったですね。非常に残念です。

    マイク・エバンスが1試合出場停止処分となりました。




      今週のMVP

    AFC
     攻撃  IND WR TY・ヒルトン
     守備  NYJ EDGE ジョーダン・ジェンキンス
     SP 
     JAC WR(PR) ジェイドン・ミッケンズ
    NFC
     攻撃  LAR QB ジャレッド・ゴフ
     守備  ARI LB カルロス・ダンズビー
     SP  NO CB ジャスティン・ハーディー


    T.Y. Hilton leads NFL's top players of Week 9 - NFL.comT.Y. Hilton leads NFL's top players of Week 9 - NFL.com 

    コルツ WRヒルトンは175y 2TDを記録
    ジェッツ EDGEジェンキンスは2サック1FFを記録
    カーディナルス LBダンズビーは2サック1INTを記録 通算40サック 20INTを突破したとのこと
    セインツ CBハーディーはパントブロックをし、そのままリカバーTDを記録しました。



      ついでなんで、サースデイナイトの展望


    week10-02

    今週痛い1敗を喫したシーホークス パーマー不在のカーディナルス
    NFC西同地区対決


    シーホークスはレッドスキンズ戦で痛い敗戦をした。FG3本外したのが痛かったですね。今年パス攻撃はうまく行ってるというか、無理やり成立させている感じですね、正直ウィルソンじゃないとできない芸当です。ラン攻撃がもう少し上手く行けばいいんですけどね、チームのリーディングラッシャーがウィルソンであるのがうまくいってないという証拠ですね。守備は特に言うこと無いとは思います。例年通りの凶悪な守備だと思います。ラムズが首位を追走するために同地区対決は負けられません。

    怪我人情報
     RB エディ・レイシー
     T ルーク・ジョッケル
     EDGE マーカス・スミス が欠場
     S アール・トーマス がダウトフル
     WR ポール・リチャードソン
     DL シェルドン・リチャードソン
     CB リチャード・シャーマン がクエッショナブル
    カーディナルスはパーマーの代役スタントンがまだ噛み合ってないという感じですね。今週はRBピーターソンが153y走り活躍しました。ピーターソンはやっぱりボールキャリア数を多くしたほうが活躍するんだなと思う活躍でしたね。現実問題頼れるのはここしかないかなと。あとはスタントンがフィッツジェラルドの方向に何本か投げて無理して取ってもらえるようになれば、もう少しうまくいくと思います。守備は平均失点25.1点の27位と悪い成績ですが、攻撃の淡白さで守備の負担が増えまくってるというのが原因かなと思います。なるべく攻撃の時間を増やせば機能する守備だと思います。
    怪我人情報
     リスト内ではなし
    week10-09
    (クリックしたら大きく表示されます)

    現状では力の差があるだろうなぁと思います。カーディナルスとしてはこの試合落としたら厳しくなりますが、シーホークス有利でしょう。ということでシーホークス勝ちと予想します。




    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    ※注意
    今週からサマータイムが明けて、試合開始が1時間遅くなります。ライブ視聴の際はお気をつけください。


    今週から後半戦ですね。もう半分終わってしまったんですねぇ早いもんです。
    今週は、ペイトリオッツ スティーラーズ ブラウンズ チャージャース バイキングス ベアーズ がお休みです。
    今年もブラウンズは全敗で折り返しを迎えてしまいました。正直去年よりも状態が悪いですね。。。お休みを挟み、来週からの後半戦少しは希望が持てる試合があるといいのですが。

  • ブロンコス(3-4)vsイーグルス(7-1)
  • ファルコンズ(4-3)vsパンサーズ(5-3)
  • チーフス(6-2)vsカウボーイズ(4-3)
  • レイダース(3-5)vsドルフィンズ(4-3)
  • ライオンズ(3-4)vsパッカーズ(4-3)

  • 今週はこの5試合です。今年の主役はチーフスという感じで、毎週見てるような気がしますねwwwまあ試合内容も今年は面白いですのでいいんですが。できれば現在5連勝中のセインツの試合が見たかったところですね。

      11月6日 サンデーゲームの展望

    week9-03

    先発QBがオズワイラーに変更するブロンコスが、唯一の1敗のイーグルスに挑む


    ブロンコス不調のシーミアンからオズワイラーにQB変更となる。本来は2年目のリンチを投入したかったところですが、肩の怪我は治ったようですが、すぐ先発にするまでではなかったようです。まさかのオズワイラー投入ということですが、現状のシーミアンよりは期待できるという状態ですね。そこで頼りたいのが守備です。ランもパスもよく止めています。ただターンオーバーの数は思いの外少ないんですよね。現在チームで5INT 1ファンブルリカバーの6個です。できればターンオーバーを増やして、攻撃は無難なプレイに徹底しても問題ない状態にしたいですね。
    怪我人情報
     T ドナルド・スティーヴンソン が欠場
     WR エマニュエル・サンダース
     G ローランド・レイリー
     LB トッド・デイビス がクエッショナブル
    イーグルスは1敗をキープし6連勝中です。Tピータース LBヒックスという攻撃と守備の中心選手がいなくなったのは残念ですが、10月の攻撃月間MVPを取ったQBウエンツのパス攻撃が好調。平均得点29.0点の4位です。そしてトレードでRBアジャイを補強しました。ただRBブラントと同タイプなのでどうなんでしょうかねぇ。うまくスナップ数を分け合える状態で使えればいいのですが。
    守備はラン守備が70.4yの1位ですが、LBヒックスがいなくなった穴をしっかり埋めれるかが鍵ですね。相手のブロンコスはこの試合ラン攻撃中心になりそうなので、1位の力を示したいところですね。
    怪我人情報
     TE ザック・アーツ
     CB ロナルド・ダービー がクエッショナブル
    week9-12
    (クリックしたら大きく表示されます)

    やっぱりオズワイラーではなぁ・・・開幕前に色々たらい回しにあったのを実力で評価をひっくり返すラストチャンスをもらうことができました。でもイーグルス勝ちでしょうね。






    week9-04
      

    勝ち越し同士のNFC南道地区対決

    ファルコンズは今年は苦しい試合が多いですね。勝ち越していますが最後までもつれる展開が多く、辛勝でした。昨年圧倒的だった攻撃が今年はなかなか得点につながらない状況ですね、平均得点21.9点の15位は寂しい数字です。昨年と攻撃メンバー変わってないんですけどね、やはり昨年のMVP QBライアンの出来がいまいちかなぁ。そろそろ目覚めてくれないとプレイオフに届かないかもしれません。
    守備は開幕当初の期待には届かない感じで、昨年のシーズンとさほど変わりない感じですね。
    怪我人情報
     LB デューク・ライリー が欠場
    パンサーズは試合始まってみないとなんとも言えないチームですね。傾向としては、今シーズン成績のいいチームとは好ゲームになり、調子の悪いチームとは凡戦をするという感じですね。相手が強くないと本気になれない、ニュートンらしい感じではありますねwwww今回のファルコンズ戦は勝てばファルコンズと差をつけるチャンスですので、好ゲームになるのを期待したいですね。守備の方は今年はDB陣が安定して守備が戻りました。あとまニュートン次第です。
    怪我人情報
     C ライアン・カリル が欠場
     RB フォウジー・ウィタカー
     G トレイ・ターナー がクエッショナブル
    week9-13
    (クリックしたら大きく表示されます)

    そろそろファルコンズは目覚めてほしい。パンサーズも負けられない、好ゲームを期待したい試合ですね。難しいですが、ここはパンサーズ勝ちにしようと思います。先週までのファルコンズの攻撃であればパンサーズ守備が抑えることができそうです。





    week9-05
      

    連敗を脱出したチーフス バイウィーク空け連勝中のカウボーイズ

    チーフスはもう毎回書いてるから軽くでいいですよね。先週ブロンコス戦を快勝し連敗を止めました。好調の攻撃がこの試合も火を噴くか?
    怪我人情報
     WR アルバート・ウィルソン
     EDGE ジャスティン・ヒューストン が欠場
     EDGE ディー・フォード がクエッショナブル
    カウボーイズはバイウィーク空け2連勝中、内容もよく昨年の勢いを感じるようになってきました。RBエリオットは今週も試合に出れるようです。結局この問題どうなるんでしょうかね。またこの試合終わったら停止⇒異議申し立て⇒一時解除が続くんですかね。とりあえずエリオットが出れている内は問題ないとは思います。今年は守備が予想外に良いですね。チームサック数は25.0で5位 ファンブルリカバー7は1位タイです。EDGEローレンスはサック数1位の10.5サックをあげています。これほど成長するとは思いませんでしたね。守備も注目です。
    怪我人情報
     K ダン・ベイリー
     CB チドビー・アウジー が欠場
     WR コール・ビースリー
     DL マリーク・コリンズ がクエッショナブル
    week9-14
    (クリックしたら大きく表示されます)

    チーフスの攻撃は本物ですし、カウボーイズもやっと本調子に戻ってきました。好勝負が期待できると思います。ここは勢いに乗るカウボーイズ勝利と予想します。





    week9-06
      

    5敗目を喫したレイダース 完封負けを喫したドルフィンズのサンデーナイトゲーム

    レイダースは負傷しているカーが無理して出場しているが、先週痛い1敗を喫した。平均得点21.1点で20位と攻撃が上手く行ってない。守備に関しては最初から期待できず、この試合はCBアマーソン・コンリーが欠場となり、さらにDB陣に不安を抱えることになります。プレイオフに残るためには残り8戦で7勝1敗が目標と厳しい道のりです。もう負けは許されません。
    怪我人情報
     CB デビッド・アマーソン
     CB ガレオン・コンリー が欠場
     G ゲイブ・ジャクソン
     LB コーリー・ジェームス
     S カール・ジョゼフ がクエッショナブル
    ドルフィンズQBカトラーの欠場によりムーアが代理を務めたが、完封負けを食らってしまった。そしてエースRBアジャイがトレードで放出、厳しい後半戦初戦となりそうだ。平均得点13.1点の最下位。これで勝ち越しているのは奇跡と言っていいだろう。完封負けって結構珍しいことですが、それを今季2回されてしまっています。とにかく攻撃の改善が求められます。3rdダウンコンバージョン29.5%で31位 これをまず上げることですね。これだけ淡白な攻撃な割に守備は平均失点21.7点で16位とそうとう頑張ってるなぁと感じますね。勝ち越してるのも守備が我慢してくれているおかげでしょう。
    怪我人情報
     QB ジェイ・カトラー
     WR デバンテ・パーカー
     G ジャーモン・バシュロッド
     EDGE アンドレ・ブランチ
     EDGE ウィリアム・ヘイズ がクエッショナブル
    week9-15
    (クリックしたら大きく表示されます)

    この試合はレイダースの意地を見せてほしいです。素直にレイダース勝ちに挙げます。


      11月7日 マンデーナイトゲームの展望

    week9-07

    噛み合わないライオンズ QB不安のパッカーズ
    NFC北同地区対決



    ライオンズはタイトル通り後もう少しのところまでは行くけど勝ちにならない状況が続いています。現在3連敗中です。先週の試合もREDZONEまでは進むもののTDを取りきれず負けてしまいました。決め手にかける部分がありますね。チームスタッツ的にはちょっと守備が悪いくらいですが、ターンオーバー計16個奪っていますし、そこまで悪い印象とまではいかないんですが勝てないんですよね。後半戦立て直し、勝ちきりたいところです。
    怪我人情報
     T グレッグ・ロビンソン が欠場
     WR ケニー・ゴーラデイ がダウトフル
     EDGE ジギー・アンサー がクエッショナブル

    パッカーズQBハンドレイに変わってからまだ勝利していない。今のところ長所がなんなのかつかめていませんね。ランでのTDもあげてますが、モバイルか?と言われれば違うし・・・ポケットワークもさほどですし。ロジャースが戻ってくるまで耐えられるか心配ですね。とにかくQB次第です。あとはルーキーRBジョーンズの活躍に期待したいですね。
    怪我人情報
     LB ジョー・トーマス が欠場
     TE マーテラス・ベネット
     DL クイントン・ダイアル
     EDGE アーマード・ブルックス がダウトフル
     G レーン・テイラー
     CB ダマリアス・ランドール がクエッショナブル
    week9-16
    (クリックしたら大きく表示されます)

    お互い連敗中の2チームで、どちらもそろそろ連敗を止めないと厳しくなってきます。やはりQBの差が歴然かなぁ。ライオンズ勝利としておきます。





    最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
    2週ぶりのジャガーズ予想いじりです。
    今週はベンガルズ戦です。今年はまだ連勝も連敗もありません。バイウィーク前は勝っていて、連勝できるかというところです。今年も不調のベンガルズ。今年は特にOLが悪いですね。ジャガーズはパスラッシュ最強チームと言っていいでしょう。相性最悪じゃないですかね。でも守備は悪くありませんので、ボートルズに投げさせる展開になれば、ターンオーバー合戦になるかもしれません。
    アナリストは9-0でジャガーズですが、今回も私もジャガーズですかね。今季初の連勝をして波に乗るんじゃないかと期待します。

    コルツvsテキサンズで、テキサンズ9-0なのはワトソンの怪我が報道される前だったからでしょう。でもテキサンズ勝ちそうな気がしますね。



    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    怪我人 出場停止から

    20171104-1


     怪我人リストの詳細 

    IND QB アンドリュー・ラック
     
    肩の負傷が治らず手術することに、シーズン全休となった
    HOU QB デショーン・ワトソン
     練習中ACL断裂 シーズン全休となった
    SF WR ピエール・ガーソン
     首の負傷 シーズン全休となった
    DET G ティム・レリート
     
    大腿部の負傷 復帰時期は不明
    HOU DL クリスチャン・コビントン
     
    上腕二頭筋断裂 シーズン全休となる模様
    PHI LB ジョーダン・ヒックス
     アキレス腱断裂 シーズン全休となった
    WAS LB メイソン・フォスター
     
    肩関節唇損傷 シーズン全休のみこみ
    SF S ジミー・ウォード
     
    前腕骨折 シーズン全休のみこみ
    MIA S ネイト・アレン
     ふくらはぎの負傷 シーズン全休のみこみ


    10月の月間MVPを取ったルーキーQBデショーン・ワトソンが練習中にACLの断裂の大怪我を負い、シーズン全休となってしまいました。
    テキサンズに悲劇、QBワトソンがACL損傷で今季絶望 | NFL JAPAN.COMテキサンズに悲劇、QBワトソンがACL損傷で今季絶望 | NFL JAPAN.COM 
    ここ数試合の凄まじい活躍で見ていてワクワクするQBであったために本当に残念です。これを受け、マグロインとイエーツを補強。サページとの3人体制をとることになりました。
    AFC南はまだ混沌としてるので十分優勝圏内ではあります。DB陣に不安を抱える今季ですが、やはり守備に奮起をしてもらわないと厳しいでしょう。


    開幕から毎週ラックの肩の負傷の回復を待っていたコルツですが、結局手術をすることになってしまいました。
    コルツ、QBラックを故障者リストに登録 | NFL JAPAN.COMコルツ、QBラックを故障者リストに登録 | NFL JAPAN.COM 
    こんなことなら、はじめから手術するべきだったでしょうね。チーム成績も上がらないこともこの決断に踏み切る結果になったんでしょうね。今無理して戻ってくるより来年に向けたということでしょう。
    ここ数年のコルツの采配には疑問も残るので、来シーズンは首脳陣も変え、まっさらな状態から始めたほうがいいかもしれませんね。


    怪我人情報は本家INJURIESより 
    http://www.nfl.com/injuries 



     出場停止 解除情報 
    20171104-2

    RBエリオットは、予定通り10月31日にまた出場停止が発動。現在のところ選手会が異議申し立てを行い、裁定の結果どうやらまた今週も延命しチーフス戦出場できるらしいです。
    Ruling allows Ezekiel Elliott to play Sunday vs. Chiefs - NFL.comRuling allows Ezekiel Elliott to play Sunday vs. Chiefs - NFL.com 
    本当に解決するんですかね??一応今回はこの試合のみの延命みたいですが
    また来週この問題を取り上げることになるようです。

    CBジェンキンスはチームの規約違反でチームからの出場停止をもらいました。どうやら来週には復帰する予定みたいです。今年このチームの出場停止処分多いですね。

    LBフリーマンは禁止薬物(たぶん筋力増量系)違反により10試合出場停止となりました。残り8試合と来年開幕2試合出場停止となります。ただweek2に怪我人リスト入りしており、これがなくても今シーズンは出れなかったでしょう。



     契約状況 
    20171104-3

    トレード期限直前トレード成立の話はすでにしてるので↓を御覧ください。
    2017 week8 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017 week8 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 

    QB ブライアン・ホイヤー
     49ers解雇後、ペイトリオッツと契約

    ガロポロを取ったことではじき出された形になりましたが、そのガロポロを出したペイトリオッツが拾う形になりました。ホイヤーはキャリアの最初に所属していたペイトリオッツにもどることになりました。今シーズンHCシャナハンの元で復活期待していたんですがね。バックアップ生活に戻ることになってしまいました。
    しかしブレイディの後釜はガロポロだろうと思われていましたが、再契約が厳しいと見たのでしょうね。後釜とか決めずブレイディ引退後、GMを兼任しているベルチックがFA 他チームのバックアップから使えるQBを拾ってやってみてほしい気もします。以外なQBが生まれ変わるってこともありそうなんでwwww



    TJ・イエーツがテキサンズと契約
    ここ数年はいろんなチームでバックアップQBをしていましたが、今年は所属がありませんでした。
    イエーツといえば、2011年テキサンズが初めてプレイオフに進出した時、シーズン途中でマット・ショーブが怪我人リスト入りし、その代わりに先発を務めたという経験を持っているQBです。スタッツ見直したら、あの時ルーキーだったんですねぇ。
    今回もその時の様になんとか出来るか、なんとか出来たかと言われると、そうでもなかったかもしれませんが、プレイオフ1勝はしましたからね。(相手はベンガルズ)なんとなくこの選手が先発が一番しっくりくるような気がします。




    チーム別のこれまでの契約

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
    ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

    http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

    HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

    チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
    主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
    参考にしてます。
    http://www.foxsports.com/nfl/transactions
    http://www.nfl.com/transactions




    という内容です。

      安泰の8週目

    今週はほぼ波乱なしと言ったかんじでしたね。
    AFCの上位から結果
    チャージャース 3-5 13-21 ペイトリオッツ 6-2
    レイダース 3-5 14-34 ビルズ 5-2
    スティーラーズ 6-2 20-15 ライオンズ 3-4
    ブロンコス 3-4 19-29 チーフス 6-2

    ペイトリオッツは接戦ながら、チャージャースを下しました。この試合でWRホーガンが試合途中で肩を痛めてしまい、どうなるかはわかってません。またレシーバー不足の危機になるかもしれません。
    このセイフティなかったら結構やばかったかもしれないですね。チャージャースはこういう一つのミスが負けにつながる試合多い気がしますね。


    ビルズはレイダース相手にラン攻撃を封殺し勝利。守備が非常に安定しています。レイダースは本当に厳しい局面になってしまいました。

    スティーラーズルーキーWRシュースターが98yTDをあげる活躍
    守備もTDを許さず勝利。WRブライアントがSNSで出番をシュースターに取られている不満をぶちまけてベンチ外となったようで、今週トレード騒ぎになりましたが、とりあえずトレードはなかったようです。ファンに見えるところでやるのはいかんですわな。

    チーフスはQBスミスは少々苦戦をしいられましたが、守備が5ターンオーバーを奪い完勝のないようでした。しかしブロンコスは序盤の攻撃の調子良さはどこにいってしまったのでしょうか・・・噂では次の試合QBオズワイラー投入とかいう話もでてきてるとか・・・・


    続いてはNFCの上位の結果です。

    イーグルス 7-1 33-10 49ers 0-8
    バイキングス 6-2 33-16 ブラウンズ 0-8
    ベアーズ 3-5 12-20 セインツ 5-2
    テキサンズ 3-4 38-41 シーホークス 5-2

    イーグルスは49ers相手に横綱相撲を展開。危なげなく1敗をキープしました。49ersルーキーQBビアードは今のところ良さが出てませんね。

    バイキングスはロンドンゲームで前半苦戦を強いられましたが、最終的には安泰な結果でした。
    ブラウンズはルーキーEDGEギャレット欠場ではあったものの守備は結構頑張っていたんですがね。やはり攻撃がねぇ。。。

    セインツはベアーズ相手にセインツらしくなく守備で勝ちました。ここ最近のセインツは守備がうまくいくようになってきています。ずっとトランザクション見てるのでセインツの守備の毎週の入れ替えをしているのを知っていて、それがやっとうまくいきつつあるという感じなんでしょうか。DB陣が結構調子いいみたいです。
    これでセインツは5連勝です。


    シーホークスvsテキサンズは、 次の項目で個別でとりあげます。




      クソ面白かった殴り合い

    テキサンズ 3-4 38-41 シーホークス 5-2
    ほんと壮絶な殴り合いでした。
    お互い4TDパス、シーホークスの守備は頑張っていたんですが、その上をいくルーキーQBワトソンという感じでしたね。これもWRホプキンスとフラーがしっかり仕事ができるレシーバーであるからこそですね。
    逆にテキサンズのほうの守備は、ミスコミニュケーション多すぎませんでしたかね?能力の差はあるとは言え、CBとSの連携がうまくできてないように感じました。

    どちらかというと守備チームの2チームだと思っていたのですが、こんな試合は予想できなかったですね。非常に楽しい試合でした。

    詳しい細かいことは、専門のブログをご参照ください。
    Bulls on Parade - Houston Texans - : 【 2017 : Week8 】 HOU @ SEA - Recap -Bulls on Parade - Houston Texans - : 【 2017 : Week8 】 HOU @ SEA - Recap - 

    Fitzgeraldファンによるカーディナルス応援ブログ : Week8 HOUvsSEA レビュー ワトソンは本物?Fitzgeraldファンによるカーディナルス応援ブログ : Week8 HOUvsSEA レビュー ワトソンは本物? 




      今週の記録と守備のおっさん達

    パンサーズ 5-3 17-3 バッカニアーズ 2-5
    CAR EDGE ジュリアス・ペパーズ
     歴代サック数単独4位の151.0サック目を記録

    week8-21

    今年37歳のペパーズ。地元に戻って非常に元気です。今シーズン守備のおっさん達が結構頑張ってます。その記録をまとめてみました。


    年齢 チーム ポジション 試合数 タックル サック PD INT FF
    テレンス・ニューマン 39 MIN CB 8 20 0 -- -- 0
    ジェームス・ハリソン 39 PIT EDGE 4 3 1 -- -- 0
    ジュリアス・ペパーズ 37 CAR EDGE 8 18 7.5 -- -- 2
    ドワイト・フリーニー 37 SEA EDGE 1 1 0.5 -- -- 0
    マイク・アダムス 36 CAR S 8 36 0 4 1 0
    テレル・サッグス 35 BAL EDGE 8 24 4.5 -- -- 2
    カルロス・ダンズビー 35 ARI LB 7 37 0 -- -- 0

    ペパーズが突出してますが、サッグスも十分頑張ってますね。フリーニーは今週契約したばかりですが、さっそく0.5サックを記録しました。ハリソンはさすがに若手に譲った形になっていますが、それ以外の選手はまだまだ若いものには負けないという感じですね。特にバイキングスのニューマンは39歳なのにまだCBでがんばれてるというのは驚きですね。

    おっさんたち元気です。




      猫選手投入

    ドルフィンズ 4-3 0-40 レイブンズ 4-4
    一方的な試合の最後に投入(乱入)された猫を解説トニー・ロモが楽しそうに解説しています。
    昨年はリス選手が投入されてましたね。
    1年ぶりの動物乱入でした。




      ついでなので、トレードのお話

    今シーズンのトレード期限ギリギリで5件のトレードが決まりました。




    NE SF QB ジミー・ガロポロ B-
    MIA PHI RB ジェイ・アジャイ S-
    CAR BUF WR ケルビン・ベンジャミン A-
    HOU SEA T デュアン・ブラウン
    SF NYJ CB ラッシャード・ロビンソン C+

    アジャイとベンジャミンは驚きのトレードでしたね。アジャイはチームに不満を唱えていたようで、それによって放出となったようです。ベンジャミンについては、他のレシーバーの成長もあるためではないかという憶測らしいです。

    テキサンズとシーホークスのトレードは、シーホークス側がCBジェレミー・レーンを出す予定でしたが、フィジカル検査を通過できずブラウンとドラフト権のみでのトレードとなりました。

    全敗の49ersがガロポロを2巡と交換で取りに行きました。49ersの2巡は上位の方なのでなかなかの高い評価かなと思います。来年FAなので、ある程度の複数年契約を結ぶものと思われます。これでQB問題解決すればいいのですがね。


    あとネタのようなことが起こってましたね。
    ベンガルズのバックアップQB AJ・マッキロンとブラウンズが2巡・3巡で両チームトレードの合意したんですが。まさかブラウンズがリーグに書類を渡すのが遅れて、トレードが成立しなかったとかいう、何してるのかという事態が起こったようです。

    Cincinnati Bengals trade of QB A.J. McCarron to Cleveland Browns falls throughCincinnati Bengals trade of QB A.J. McCarron to Cleveland Browns falls through 

    はじめ聞いたときは、さすがにフェイクだよなぁと思ってたんですが、こうしてESPNで取り上げられ、本家にも記事が載ってましたしね。。。。アホなんですかね?

    一応数年前にエルビス・ドゥマービルの代理人がFAXを送る時間が遅れて解雇になったってのがあったんですが
    エルビス・デュマビルのWTFAX事件の時系列を追うアメフトNewsJapanエルビス・デュマビルのWTFAX事件の時系列を追うアメフトNewsJapan 
    これレベルのをチームがやらかすのはいかがなものなんでしょうか。ベンガルズ側もマッキャロン来年RFAですし、これどうするんでしょうねぇ。これチームの信用度に関わってくるかと思うんですがね。同じ事されたら相手もたまったものじゃないですし。
    まあ正直今手をかけるなら、QBよりもレシーバーなんとかしたほうがええやろとも思いますがね。





      今週のMVP

    AFC
     攻撃  PIT WR ジュジュスミス・シュースター
     守備 CIN EDGE カルロス・ダンロップ
     SP  KC K ハリソン・バトカー

    NFC
     攻撃  SEA QB ラッセル・ウィルソン
     守備  PHI CB ジェレン・ミルズ
     SP  DAL EDGE タイロン・クロフォード


    Steelers' JuJu Smith-Schuster among Players of Week - NFL.comSteelers' JuJu Smith-Schuster among Players of Week - NFL.com 


    ベンガルズ EDGEダンロップはPICK6を決めチームの勝利に貢献しました。
    イーグルス CBミルズもPICK6を決めました。
    このジェレン・ミルズは個性的な髪型をしています。
    week6-09
    なんか人工芝っぽいですよね。

    カウボーイズ EDGEクロフォードはFGをディフレクトしたということで受賞
    なかなかブロックした選手の受賞は珍しい感じですね。PICK6になっていればスキャンドリックが受賞だったんでしょうかね?





      ついでなんで、サースデイナイトの展望

    week9-02

    開幕前には予測できなかった好調さを見せる2チーム
    AFC東同地区対決


    ビルズ今週WRベンジャミンを獲得した。パス攻撃を強化ということだと思うが、個人的にはあまりエース的な存在を入れないほうがQBテイラーとしても気楽だったのでは?という勝手な妄想があります。パス獲得ヤード178.7yで29位ですが、このチームはやっぱりパスではないと思うので、これでテイラーにプレッシャーがかからなければいいのですが。今年はとにかく守備です、平均失点16.4点 平均ラン喪失ヤード80.1y どちらも3位です。パス喪失ヤードは少々高いが、その分INT11個 ファンブルリカバーが6個 合計17個のターンオーバーは1位タイです。好調の要因はここですね。
    怪我人情報
     TE チャールズ・クレイ
     CB E.J.ゲインズ が欠場
     LB ラモン・ハンバー
     S ジョーダン・ポイヤー がクエッショナブル
    ジェッツ予想外にQBマッカウンが安定している。パス成功率70.5% レーティング95.3は立派な成績です。WRカース WRアンダーソン TEセファリアン=ジェンキンスとの連携がとれていて、いいパス攻撃ができている。チームスタッツ事態はあまりいい数値はないものの印象は良い。守備もスタッツは悪いですが、ビルズ同様ターンオーバーが多い。INT9 ファンブルリカバー4と上位のスタッツです。ルーキーSの2人の頑張りが目立ってますね。さすが上位指名選手でしたね。現在3連敗ですが内容事態は悪いわけではないので、十分好勝負が期待できそう。
    怪我人情報
     T ブランドン・シェル
     S テランス・ブルックス がダウトフル
     DL ムハメド・ウィルカーソン
     CB モーリス・クレイボーン がクエッショナブル
    week9-11
    (クリックしたら大きく表示されます)

    守備のターンオーバーが多い対決ですが、攻撃のターンオーバーはビルズが少ない。チームの現在の状態としてはビルズが有利だろう、素直にビルズ勝利と予想しますが、結構いい勝負になるんじゃないかなと思います。



    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries




    今週はジャガーズ タイタンズ ジャイアンツ パッカーズ ラムズ カーディナルス がお休みです。

  • パンサーズ(4-3)vsバッカニアーズ(2-4)
  • テキサンズ(3-3)vsシーホークス(4-2)
  • カウボーイズ(3-3)vsレッドスキンズ(3-3)
  • スティーラーズ(5-2)vsライオンズ(3-3)
  • ブロンコス(3-3)vsチーフス(5-2)

  • 好勝負が期待できそうなラインナップです。
    未放送の試合では、今シーズン最後のロンドンゲーム
    バイキングス(5-2)vsブラウンズ(0-7)が行われます。この試合はG+でも放送は無いようで
    GAMEPASSでしか見れないようです。体験入っとくかな・・・今シーズン開幕戦以来REDZONEとハイライト動画でしかブラウンズの試合見れてないんですよねぇ。やっぱ勝てないと無理か・・・・

      10月30日 サンデーゲームの展望

    week8-03

    相変わらずいいんだか悪いんだかわからないパンサーズ
    前評判は良かったがうまくいかないバッカニアーズ
    NFC南同地区対決


    パンサーズは、いい試合と凡戦を繰り返してる感じですね。相手との相性というべきものなんですかね?まったく読めません。平均得点18.7点で23位ということで、凡戦の時はほんと点入る気配を感じないんですよね。QBニュートンのこの試合での調子はどうなるかここが注目でしょうね。
    守備はLBキークリーが脳震盪から戻ってこれるかもしれないとのことです。守備は喪失ヤード261.9yの3位とDB陣が安定したのが大きいですね。
    怪我人情報
     RB フォウジー・ウィタカー
     C ライアン・カリル が欠場
     TE エド・ディクソン
     K グラハム・ガノ
     LB ルーク・キークリー
     S カート・コールマン がクエッショナブル
    バッカニアーズは、開幕前は期待してたんですがねぇ。キッカー問題に最初悩まされ、それがチーム全体に響いた感じがします。攻撃はパスヤードは312.3yの1位となっています。今見てびっくりしたくらいこれが得点につながってないように感じます。平均得点は24.2点の10位。高いことは高いんですが、パスそれだけ出してるんだからもっと上位に行ってないとと。先週QBウィンストンが負傷退場し、今週もクエッショナブル。試合に出てくるのでしょうか?(個人的なことですが、ファンタジーフットボールで先発にしてるので出てくれないと困るのですがwww)
    問題は守備ですね。平均失点25.2点の25位。これの原因はパス守備の悪さ、パス喪失ヤードが294.8yの30位です。パスラッシュがあまり良くないのが最大の原因かなと思われます。この試合もCBが3選手欠場で苦しい状態です。
    怪我人情報
     CB ブレント・グライムス
     CB ロバート・マクレイン
     CB ジョシュ・ロビンソン が欠場
     QB ジェーミス・ウィンストン
     DL クリス・ベイカー がクエッショナブル
    week8-12
    (クリックしたら大きく表示されます)

    予想は難しいですね。バッカニアーズはここで負けるとかなり厳しくなりますね。混戦を期待したいのでバッカニアーズ勝利としておきます。





    week8-04
     

    テキサンズ ルーキーQBワトソンが シーホークスディフェンスに挑む

    テキサンズは、バイウィーク空けです。OLの弱さに悩まされていましたが、この試合に出てくるかはわかりませんがTブラウン復帰といういいニュースがはいってきました。QBワトソンはうまく逃げながら投げまくってましたが、少しはプレッシャーが弱まればいいですね。平均得点29.5点で3位となっており、爆発力があります。守備は平均失点24.5点の25位と守備が売りのチームとは言い難い数字になっています。ワット・マーシラス・カッシングが抜けたのがもろに影響出てると言っていいかと。攻撃はいい感じなのでもう少し耐えたいところです。
    怪我人情報.
     T クリス・クラーク
     LB ディラン・コール が欠場
     DL ケンドール・ランフォード
     LB ジャラニ・ジェンキンス がクエッショナブル
    シーホークスは、OLがいつ見てもボロボロですね。QBウィルソンじゃなかったらどうにもならないだろうと思います。良く交わしてパス投げてるなと思います。平均得点22.3点で14位と意外ととってるなという印象です。守備は相変わらず強力で平均失点15.7点で1位です。アブリルが怪我をし、フリーニーを補強したのがどうなるか、ちょっと楽しみではあります。
    怪我人情報
     T ルーク・ジョッケル が欠場
     RB C.J.プロサイス がダウトフル
     C ジャスティン・ブリット
     EDGE マーカス・スミス
     CB ジェレミー・レイン がクエッショナブル
    week8-13
    (クリックしたら大きく表示されます)

    結構楽しみな試合ですね。QBワトソンは見てて応援したくなるQBです。とは言えシーホークスに勝てるかというと厳しいかなぁ。シーホークス勝利と予想します。いい試合になって欲しいですね。





    week8-05
     

    攻撃好調のカウボーイズ 上位陣と接戦したレッドスキンズ
    NFC東同地区対決


    カウボーイズは、ここ3戦30点 31点 40点と攻撃が好調ですが、1勝2敗で負け越しなかなか勝利に結びつかない状態です。シーズン前半好調だった守備に少々陰りを感じますね。RBエリオットの出場停止解除は今週までですが、また延期するんだろうなぁ。QBプレスコットが落ち着きを取り戻したので打ち勝つ試合にしたいところです。
    怪我人情報
     K ダン・ベイリー
     CB チドビー・アウジー が欠場
     DL マリーク・コリンズ
     LB ジャスティン・デュラント
     LB カイル・ウィルバー がクエッショナブル
    レッドスキンズの3敗の内訳はイーグルスに2敗 チーフスと上位チームに負けた3敗です。いい試合はするものの力の差を最後は見せつけられて負けたなと。まだ五分の星なのでこの同地区対決は落としたくないところです。スタッツを見ると例年と変わらない感じなんですが、試合を見てる限り結構守備もがんばってるなという印象です。攻撃はQBカズンズは十分な力を出してます。十分プレイオフ圏内の力を持ってるだけに、イーグルスの2敗が有るため同地区はもうひとつも落としたくないところですね。
    怪我人情報
     C スペンサー・ロング
     LB メイソン・フォスター が欠場
     G ブランドン・シャーフ
     T トレント・ウィリアムス
     T モーガン・モーゼス
     EDGE プレストン・スミス
     CB ジョシュ・ノーマン
     CB バショード・ブリーランド がクエッショナブル
    week8-14
    (クリックしたら大きく表示されます)

    殴り合いを期待したい試合ですね。イーグルスが飛び抜けてる地区なので、どちらも負けられない一戦であります。攻撃力が少々上のカウボーイズ勝利と予想します。





    week8-06
     

    なんだかんだで自力を発揮してるスティーラーズ
    勝利に見放されてる感のあるライオンズ


    スティーラーズは、決して調子はいいとは言えないのですが、試合運びがうまいですね。しっかりと相手の対策をしてるなぁと感じます。今年の平均パス喪失ヤード147.0yの1位と脅威的なパス守備です。やっと本来のスティールカーテンが復活した感じがしますね。平均失点16.6点の3位ともちろん失点も少ないです。ここにきてRBベルのエンジンがかかってきており、このまま地区優勝に突き進みそうな感じがします。
    怪我人情報
     TE バンス・マクドナルド
     T マーカス・ギルバート
     DL ステファン・トゥイト が欠場
    ライオンズは、5分の星ですが試合内容はそんな悪くない気がします。先週セインツに52点とられてしまったために守備スタッツが大幅に下がってしまいましたが、そこまで守備も悪くはないと思います。
    攻撃はやっぱりランが物足りないです。ここがもう少し改善されれば波に乗れそうなんですがね。パッカーズのロジャースが居ぬ間になんとか引き離したいところです。
    怪我人情報
     WR ケニー・ゴーラデイ
     T グレッグ・ロビンソン が欠場
     WR ゴールデン・テイト
     EDGE ジギー・アンサー
     LB ポール・ウォーリーロウ がクエッショナブル
    week8-15
    (クリックしたら大きく表示されます)

    スティーラーズペースにさせないことが大事ですね。なんとかライオンズの攻撃が通ればいいのですが。やっぱスティーラーズ勝ちかなぁ・・・・





      10月31日 マンデーナイトゲームの展望


    week8-07

    2連敗中の2チームの対戦
    AFC西同地区対決


    ブロンコスのここ2試合の攻撃は単調であり、どうしてしまったのか。原因はランが完全に抑えられているところだろう。先々週が36y 先週が58y そしてQBシーミアンに投げさせるという相手の作戦にうまくはめられた形になっている。OLの弱さもありパス攻撃で打開が見えない状態なので、とにかくラン攻撃が出ない限り厳しい状態は続くかもしれない。守備はランもパスもしっかり防いでいる。さすがの守備力です。
    怪我人情報
     T ドナルド・スティーヴンソン が欠場
     WR エマニュエル・サンダース
     TE ヴァージル・グリーン
     LB トッド・デイビス
     EDGE デレク・ウルフ がクエッショナブル

    チーフスも初敗戦から連敗できている。ただ先週の試合内容は負けはしたものの素晴らしい試合でした。攻撃力は相変わらず高く、現状QBスミスがシーズンMVP筆頭だろう。パスもランも好調で平均得点29.6点の2位は素晴らしいです。RBハントもすでにスクリメージヤード1000y突破しており、シーズン後半も注目です。守備はスタッツとしては悪いんですが、別に悪いわけではないです。CBミッチェルがよく狙われています、反対側がピータースですからね。ミッチェルの出来が鍵です。
    怪我人情報
     G ローレント・デュバネイターディフ
     EDGE ジャスティン・ヒューストン がクエッショナブル
    week8-16
    (クリックしたら大きく表示されます)

    ちょっとブロンコスの攻撃の不調から抜け出せる策がわからない感じですね。チーフスの守備もラン対策してくることでしょうし、厳しい試合になるかなと思います。チーフス勝利でしょう。



    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries


    最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
    今週はジャガーズが休みなので、ジャガーズいじりがありません、ちょっと物足りないですねwwwww
    テキサンズvsシーホークスはもうちょっとテキサンズ推しがあってもいいかなとも思います。まあシーホークス勝ちに私もあげてますけどwwww

    パンサーズvsバッカニアーズ 私もバッカニアーズが勝ったほうが面白いといった予想ですが、力的にはパンサーズだと思うんですがね、全部パンサーズあげてるかなと思ったくらいなので意外ですね。

    あとはまあいちゃもんつけるところはないですかね。






    怪我人リストと出場停止処分関係を一緒に

    20171028-1

     怪我人リストの詳細 

    ARI QB カーソン・パーマー
     左腕の骨折 Week16頃に復帰できる可能性もある
    LAC G マット・スローソン
     
    上腕二頭筋断裂 今季絶望 復帰まで1年の見込み
    CLE T ジョー・トーマス
     上腕三頭筋断裂 今季絶望で回復まで6~9ヶ月かかる見込み
    PHI T ジェイソン・ピータース
     
    ACL・MCL断裂 今季絶望となる
    TB EDGE ノア・スペンス
     
    肩関節唇損傷 今季絶望となる
    IND S マリク・フーカー
     ACL断裂・MCL負傷 今季絶望となる

    怪我人情報はROTOWORLDの怪我人情報より 
    http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/

    大体はまとめ記事で書いたので↓を御覧ください

    2017 week7 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017 week7 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 

    書いてない選手では、ルーキーSのフーカーが今季絶望となりました。ぴりっとしないコルツ守備の中で3INTと一番頑張っていた選手だっただけに残念な離脱となってしまいました。


    2chやツイッターでも話題になってましたが
    今シーズンの怪我人リストでチームを作ってみたぜ!ってのが↓
    オールプロと言ってもいいメンバーですね。。。。今年はやっぱり大物多い気がしますね。





     出場停止・解除関連 

    バイキングスのSシンデホーは、レイブンズのWRウォレスに対し危険なタックルをした為、1試合出場停止を受けました。
    悪質なタックルといえば、悪質といえるんですが、これ以外で止めろと言われると、足とりだとすかされる危険せいもあるので、守備側から見るとなんとも言いにくいですね。



    テキサンズのTブラウンは開幕前から契約問題でホールドアウトをしていましたが、今週解除になり復帰することになったようです。OLに不安を抱えるテキサンズとしてはやっとOLの核が戻ってくるので嬉しい復帰ですね。




     契約状況 

    20171028-2

    DL マーセル・ダレウス
     ビルズがジャガーズにトレードで放出 見返りは6巡

    ちょっと驚くトレードでしたね。今シーズンは3試合先発に留まっており、6年契約の2年目で来年以降のキャップを減らしたいということなのかなと

    Marcell Dareus Contract Details, Salary Cap Breakdowns, Salaries, Bonuses | SpotracMarcell Dareus Contract Details, Salary Cap Breakdowns, Salaries, Bonuses | Spotrac 

    これでジャガーズのDLはカイラス・キャンベル マリク・ジャクソン マーセル・ダレウスの3人を要することに。ダレウスが働きだしたら、今でも凶悪なのにさらに強化されることになるんですよね。ジャガーズ守備にますます注目が集まることでしょう。



    EDGE ドワイト・フリーニー
     シーホークスと契約
    EDGE クリフ・アブリルが怪我人リスト入りの為に、穴埋め補強としてEDGEフリーニーを迎え入れることになった。キャリア122.5サックを誇る名パスラッシャーです。
    同年代の選手 パンサーズのペパーズ スティーラーズのハリソンがまだまだ頑張っているので、フリーニーの復活も期待したいところですね。契約決まって良かったです。



    CB バイロン・マックスウェル
     ドルフィンズから解雇される
    今シーズンは2試合先発出場に留まっており、Week4からはハムストリングを痛めてベンチ外が続いていた状況だったようです。現状のドルフィンズのパス守備は好調らしく、マックスウェルの戻る場所がなかったため解雇という流れみたいですね。
    怪我の状況がよくなれば補強するチームがすぐ現れる選手だと思われます。







    チーム別のこれまでの契約

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
    ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

    http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

    HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

    チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
    主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
    参考にしてます。
    http://www.foxsports.com/nfl/transactions
    http://www.nfl.com/transactions





    タイトル通り、今年はオフェンスに対するパスインターフェアが例年より厳しく取られているんじゃないかなと思います。
    ということで、チームスタッツが見やすいTHE Football Databaseさんから、過去5年分の反則データをひっぱってきて比べてみました。

    Football Statistics and History | The Football DatabaseFootball Statistics and History | The Football Database 



    2017 2016 2015 2014 2013
    反則総数 1465 3443 3545 3386 3135
    1試合平均反則数 6.85 6.72 6.92 6.61 6.12
    OPI総数 53 88 103 102 61
    OPI/反則総数(%) 3.62% 2.56% 2.91% 3.01% 1.95%
    1試合平均OPI数 0.25 0.17 0.20 0.20 0.12
    ※2017年はweek7終了時点での数値です。OPI=オフェンスパスインターフェア

    まだシーズン途中なので割合で数値を出してみたところ、やはり今シーズンは突出して高いですね。今シーズンのオフェンスパスインターフェアは相当厳しく取っています。これで取られるんだと感じるものも多いです。それだけ今年は相当目を光らせてるということでしょう。


    ちなみにディフェンスパスインターフェアの数値は

    2017 2016 2015 2014 2013
    DPI総数 171 363 383 386 313
    DPI/反則総数(%) 11.67% 10.54% 10.80% 11.40% 9.98%
    1試合平均DPI数 0.80 0.71 0.75 0.75 0.61
    ※2017年はweek7終了時点での数値です。DPI=ディフェンスパスインターフェア

    ちょこっと増えてる感じです。ただ体感としてはそこまで変わらない感じはします。


    そんな中明らかに数が減った反則がありました。

    2017 2016 2015 2014 2013
    IC総数 11 47 57 102 37
    IC/反則総数(%) 0.75% 1.37% 1.61% 3.01% 1.18%
    1試合平均IC数 0.05 0.09 0.11 0.20 0.07
    ※2017年はweek7終了時点での数値です。IC=イリーガル・コンタクト

    イリーガルコンタクトは、レシーバーがスクリメージから5y進んだところでコンタクトすると取られる反則 守備側が取られる反則なんですが、言われてみればという感じですね。


    このデータを見て、思いっきり推測な結論ですが、
    今年はパスターゲットに対する審判の目が集中している。それによってイリーガルコンタクトが少々見逃されているのでは?

    意外とこれを利用してるチームがあったりして、完全に言いがかりですが。

    ※あくまでもこの結論は私の妄想です。



    ちなみに2013年反則少なかったのって何かありましたっけ?代替審判があった次の年みたいですが。



     追記 

    初さんのコメントより、今年ロースコアが多いと思うとのことで
    今年と過去4年の1試合平均得点とパスヤードも調べてみました。


    2017 2016 2015 2014 2013
    全チームの総得点 4678 11661 11680 11565 11985
    チーム1試合平均得点 21.86 22.78 22.81 22.59 23.41
    パス総合ヤード 48160 123639 124836 121247 120633
    1試合平均パスヤード 225.05 241.48 243.82 236.81 235.61


    コメント通り得点が例年よりも少ないですね。
    このまま行くと、総得点は11192点となり、昨年よりも450点ばかり下がるようです。

    パスヤードも明らかに少ないです。今年はレシーバーに対して厳しい目が行ってることが伺える数字ですね。例年よりもQBがおかしいという感じもしないし、むしろ良くなってるチームもある気がするんですがね。

    これもはじめから出すべき数字でしたね、コメントありがとうございました。







    という内容です。

      チーフス連敗!
      1敗チームイーグルスのみに


    チーフス 5-2 30-31 レイダース 3-4

    この試合についてはすでに↓の記事で述べたので省略します。いい試合でした。
    2017 week6 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017 week6 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 

    レッドスキンズ 3-3 24-34 イーグルス 6-1

    イーグルス好調ですねぇ。要因としてはQBカーソン・ウエンツのプレーが昨年とは違い、ロングパスもよく繋がることですね。
    昨シーズンと今シーズンのスタッツを比べてみても
    week7-33
    パスのアベレージヤードが断然に違います。そして40y+がすでに昨シーズンと同じだけ通してることですね。WRネルソン・アゴラーとのホットラインが好調です。WRアルション・ジェフリー トリー・スミスの補強組ともしっかりコミニュケーションが取れており、TEザック・アーツは例年通りの安定度。パス攻撃を形成し、1試合平均得点28.4点で32チーム中5位という抜群な成績となっています。TDパスがすでに昨シーズン上回ってるだけあります。

    昨年のプレイを見た限り、短いパスで繋いでいくアレックス・スミスがウエンツの完成形だと思っていましたが、見事に方向転換しました。しかし方向転換した先にもアレックス・スミスがいたという感じの今シーズンではありますねwwwwww

    この試合でも見事な攻撃でした。
    好調時ってのはこういうわけわからんプレイまで出るんですよねwww

    来週以降のスケジュールは
    49ers
    ブロンコス
    @カウボーイズ
    ベアーズ


    油断してはいけませんが、ブロンコスは今不調。カウボーイズは波に乗れず。ベアーズは不気味ではありますが、それほど厳しくない日程かなと思います。突き抜けたいところですね。




      今週も大物選手の怪我が
      チーム結果と共に


    CLE T ジョー・トーマス
     三頭筋断裂で今季絶望
    タイタンズ 4-3 12-9(OT) ブラウンズ 0-7
    301 Moved Permanentlyブラウンズ、鉄人LTトーマスの今季が終了 
    week2で10000スナップ連続出場という大記録を達成したのですが、残念ながらその記録が10363でストップとなってしまいました。本当に残念です。
    チームの状況がどんなに悪くあろうとも、弱音を吐かずにこやかにメディアに登場するトーマスですが、この怪我でも即座に笑顔で頑張ろうと言えるのは、本当にすごいことだと思います。
    本当に報われてほしい。。。。


    ARI QB カーソン・パーマー
     左腕骨折 復帰に8週間かかる見込み
    カーディナルス 3-4 0-33 ラムズ 5-2
    301 Moved Permanently腕骨折のカーディナルスQBパーマーは最低8週間の離脱 
    先週の補強したRBピーターソンの復活から一転し、ベテランパーマーの骨折で暗雲が立ち込める結果に、シーズン最終盤に戻れるかもしれないが、パーマー自体も今年はそれほど良かったわけではないが、代役のスタントンの出来も良くなく、厳しい状態が続きそう。先週のこれから挽回するムードが合っただけに残念な怪我です。



    MIA QB ジェイ・カトラー
     肋骨にヒビが入り、2~3週間欠場の見込み
    ジェッツ 3-4 28-31 ドルフィンズ 4-2
    301 Moved Permanentlyシーズン第7週、ドルフィンズ勝利もQBカトラーが脇腹を負傷 
    なかなかレシーバーと呼吸が合わず、苦戦しつつもなぜかチームは勝ち越していたが、サックを受けたさいにヒビが入った様です。この試合もなんか微妙な出来であり、交代したQBマット・ムーアの方が明らかにレシーバーと合っていた様に感じた。試合も接戦を制し貯金を2つにした。開幕前はカトラーに少々期待した部分もあったが、この出来であればムーアの方が全然いいと思います。


    PHI T ジェイソン・ピータース
     ACLとMCLの負傷 今季絶望
    レッドスキンズ 3-3 24-34 イーグルス 6-1
    301 Moved PermanentlyイーグルスLTピーターズはACLとMCLの負傷で今季終了 
    プロボウル常連のベテランLTが大怪我をしてしまいました。イーグルスのOLの軸である選手なだけに痛い離脱となりました。本人としても好調なチームを離れるのは悔しいでしょう。
    同地区のライバルであるレッドスキンズのLTトレント・ウィリアムスも試合中ではあるものの声をかけに行くという、あまり見ない光景ですが、それだけ認めあい、尊敬する選手であるということが伺えます。




     キッカー背番号38? 


    カウボーイズ 3-3 40-10 49ers 0-7

    K ダン・ベイリーの負傷により、S ジェフ・ハースが代理キッカーとなりました。こういう場合大抵はパンターが代役することが多いのですが、まさかの代役でした。

    最終的にエクストラポイント 2/3を決め、1980年ヒューストン・オイラーズ(現タイタンズ)のLB テッド・トンプソン以来の非キッカーポジションでの複数点数を上げる珍記録となったようです。
    Jeff Heath (American football) - WikipediaJeff Heath (American football) - Wikipedia 
    ちなみにこのテッド・トンプソンさんは現在パッカーズのGMを務めているお偉いさんでしたwww
    こういう珍記録で、そういう方だったんだと知るのはいいもんですね。

    次戦に向け、FAだった、マイク・ヌージェントを補強したようです。プロボウル級のキッカーだったベイリーが抜けるのは痛いところです。




      エディ・ジャクソンvsパンサーズ 14-3


    パンサーズ 4-3 3-17 ベアーズ 3-4

    1TD目
    2TD目

    ベアーズのルーキーS エディ・ジャクソンが2つのPICK6を決め勝利に大貢献しました。結局パンサーズはこのジャクソンの上げた点数に追いつけず、一人の守備にやられた形に。

    PICK6を2つ決めるだけでも珍しいのに、一人の選手が2つ決めたのは相当珍しい事です。
    守備選手の75y超えのTDを2本決めたNFL史上初の選手という記録らしいです。




      今週のMVP

    AFC
     攻撃  OAK WR アマリ・クーパー
     守備  TEN S ケビン・バイヤード
     SP 
     LAC WR(PR) トラビス・ベンジャミン
    NFC
     攻撃  PHI QB カーソン・ウエンツ
     守備  CHI S エディ・ジャクソン
     SP  MIN K カイ・フォーバース


    Carson Wentz, Amari Cooper among Players of Week - NFL.comCarson Wentz, Amari Cooper among Players of Week - NFL.com 

    レイダースWRクーパーは今週11レシーブ210y2TDの大活躍で、チーフスを撃破文句のない受賞です。
    タイタンズのSバイヤード3つのINTを記録
    まあ与えたのはブラウンズですが・・・守備はがんばっても攻撃が雑すぎてねぇ・・・今週のQB誰になるんでしょうかね・・・・
    チャージャースWR(PR)ベンジャミン65yパントリターンTDを決め受賞しました。






      ついでなんで、サースデイナイトの展望

    week8-02



    ドルフィンズは、QBカトラーが欠場でムーアが先発となります。サンデーゲームで途中出場しましたがレシーバーとの連携がカトラーよりもやはり取れており、ある程度攻撃は計算できる形になりそうです。守備は1試合平均18.7失点の7位と好調。ラン守備82.3yの5位と、LBティモンズが開幕いろいろありましたが、なんだかんだで補強は成功だったと言っていいでしょう。さらに貯金を増やしたいところです。
    怪我人情報
     QB ジェイ・カトラー が欠場
     WR デバンテ・パーカー
     T レアミー・タンシル
     DL ジョーダン・フィリプス
     EDGE アンドレ・ブランチ がクエッショナブル
    レイブンズは、3勝4敗なんですが、相手が自滅するかどうかな感じ、自滅しなければ虐殺される試合が多い気がします。それもパス攻撃157.4yの最下位とQBフラッコがまったく仕事してないことが問題なんですよね。OLに怪我人が多いとは言え、最下位は酷いとしか言いようないです。
    守備はラン守備は145.3yの最下位ではあるが、パス守備が良くINT合計10個とターンオーバーを取りまくっている印象がある。攻撃がこの体たらくな状況で3勝できたのは守備のおかげだろう。
    しかし怪我人が多いですねぇ・・・・
    怪我人情報
     RB テランス・ウェスト
     TE マックス・ウィリアムズ が欠場
     EDGE ティム・ウィリアムス がダウトフル
     WR マイク・ウォレス
     WR ジェレミー・マクリン
     WR ブレシャド・ペリマン
     TE ベンジャミン・ワトソン
     EDGE テレル・サッグス
     S エリック・ウェドル
     S トニー・ジェファーソン
     S ラーダリウス・ウェブ がクエッショナブル
    week8-11
    (クリックしたら大きく表示されます)

    正直今年のレイブンズの評価は相当低いです、3勝の内容も相手の自滅なので強さは見せていません。QBがムーアに変わって勢いに乗りたいドルフィンズが圧勝と予想します。



    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries