茶犬(仮ファン)NFLのブログ

ブラウンズファン(仮)の広く浅いNFLについてのブログです ブラウンズについてだけではなく、全体的に書いてます。

8/18
今日からプレシーズン2週目突入です。今年の主力メンバーがある程度活動してくる週なので楽しみですね。

 昨年のチームスタッツ

ブロンコス003

ペイトン・マニングが引退し、最初は先発QBサンチェスの予定だったが、頓挫し開幕はシーミアンが先発。正直聞いたこともないQBで開幕を迎え、大丈夫なのか?と思ってたが、蓋を開けてみれば開幕4連勝。決していい攻撃とは言えないものの、自滅しないことで勝ちを拾った。
ラン攻撃もアンダーソンの怪我で、ランオフェンスもうまくいかず、攻撃のスタッツは軒並み下位となってしまった。
守備は相変わらず凶悪で、NFLトップレベルを誇る。この守備のおかげで、失速はしたものの勝ち越すことができた。

攻撃の立て直しができるかが鍵となるでしょうね。


 去った選手

2017 den fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
RBフォーセットが引退。アンダーソンの怪我により途中契約で来たが、あまり機能しなかった。レイブンズでの記憶が強い選手でしたね。

EDGEウェアが引退

ブロンコスOLBウェアが引退を宣言 | NFL JAPAN.COMブロンコスOLBウェアが引退を宣言 | NFL JAPAN.COM 
通算138.5サックという偉大な記録打ち立てた、名パスラッシャー
ブロンコスでスーパーボウル制覇ができて本当に良かった。殿堂入りは間違いない選手だと思います。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 den o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
シーミアンとリンチの先発QB争い。今のところシーミアンがちょっとリードらしいです。
でもリンチを昨年ちょこっと見た感じでは、1年で変わるかな。。。と思うくらいの荒削りっぷりだったので、個人的にはシーミアンでいいんじゃないかなぁと思いますが。

RBはチャールズを補強。アンダーソンと2枚看板となる。問題はどちらも怪我に弱い。ふたりとも怪我なく通せれば、かなり凶悪なランオフェンスになるだろう。

レシーバー陣はドラフト82位でWRヘンダーソンを獲得。トーマス サンダースの2枚は安泰。3人目のレシーバー争いに加わることだろう。TEの層に不安あり。補強するべきポジションだったのではと。

OLはGレイリー GバーブルをFAで補強 ドラフト20位でTボレスを指名
昨年はランもパスもプロテクションは微妙であり、しっかり補強してきた。
特に今年の攻撃の軸はランだと思われる。G2枚補強し層を厚くしてきた。
Tボレスには先発LTとしてパスプロテクション改善に期待したいですね。

QB問題 Tボレスについて参考にさせてもらいました↓

K猫のDENファン日記 : デプスチャート第一弾K猫のDENファン日記 : デプスチャート第一弾 

 ディフェンス

2017 den d

DLはペコを補強。ランディフェンス改善を目論む

EDGEはドラフト51位でウォーカーを指名した。ミラー レイのバックアップとして出場機会を伺う形になる模様ですね。

LBは昨年と変わらないメンバー。そんな悪いイメージはないんですが、ランディフェンスのスタッツだけは悪いんですよね。まあ失点少ないんでそこまで心配することもないとは思うんですが。

DB陣は101位でCBラングレーを指名。正直怪我人が出ない限り出場は厳しいでしょう。スペシャルチーム要因になるのではないでしょうか。昨年のユニットは維持出来ており、NFLトップレベルのDB陣である。

 スケジュール・戦力分析 総括


2017 den s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
序盤week2 カウボーイズ week4 レイダース ここで一発入れたいところですね。昨年同様の開幕ダッシュに期待したいところです。

チーフス レイダースの2強にどれだけ食いつけるかだが、ディフェンスは問題ないですし、オフェンスはランが改善されそうな気配を感じます。OLが頑張れば、昨年以上の成績もないとは言えない
どうしてQBに不安はあるが、昨年同様自滅さえしないようにすれば、他がなんとかしてくれる可能性はある。



 昨年のチームスタッツ

レイダース003

昨年はとうとうブレークスルーし、見事な成績でプレイオフ進出となった。しかし、プレイオフ直前でQBカーが怪我を負い、完全に勢いを失ってしまったのが残念であった。

完全攻撃型のチーム、カーが飛躍の年となり、レイダースとしては待望のフランチャイズQB誕生となった。試合内容も取られても取り替えせばいい、いてまえ打線的な試合で面白いです。
これがHCデルリオの性格なんですよね。これがぴったりチームにはまったという感じです。ちょっとやりすぎなプレイコールも勢いのまま通してしまえる間はいいんですよ。面白いですしね。

守備はMVPのEDGEマックがいるものの、そこ以外が、お・・おう・・・という状態です。

 去った選手

2017 oak fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
RBマレーがヴァイキングスに移籍。エースRBとしてチームのランオフェンスを支えてきた選手を引き止めることができなかった。

Tハワードを放出。昨年のRTの先発を務めていたが、キャンプ始まる直前に解雇した。理由はよくわからないが、レイブンズが拾った。

LBスミスが49ersに移籍
。FAの守備メンバーの中で唯一残してもいいかなと思える選手だった。最終的に守備選手のFA引き止めは1人もいなかった。


 オフェンス・スペシャルチーム

2017 oak o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QBカーが先発で安泰。怪我なく1年終えてほしい。

RBリンチを補強。引退から復帰し初年となる。ビーストモードと名付けられたパワーランの持ち主が1年の休養を経て復活となるか楽しみである。バックアップの2年目のワシントン リチャードもなかなか期待できるRBだ。

レシーバー陣はWRパターソン TEクックを補した。パターソンは通算5回のキックオフリターンTDを記録している。リターナーとして期待される。
クックは昨年レイダースには居なかったレシービングTEとしての活躍を期待される。

OLはTニューハウスを補強。ハワードがいなくなったので先発RTを任せられることだろう。
そこよりも問題はペンのホールドアウトですよね。
今年のサラリー580万ドルが不服でキャンプに訪れていない。開幕戦に間に合わないレベルになってしまったら、レイダースにとっては大きな痛手になりそう。今年2年契約の最終年だそうで、推測ですが契約延長をしろってことなんでしょうね。
一応ドラフト下位で2人Tは獲得している。

 ディフェンス

2017 oak d

DLはドラフト88位でヴァンダードスを獲得。としても正直薄い。補強足りないと思うんですがねぇ。

EDGEはとにかくマック頼り。アーヴィンもファンブルフォース6回という素晴らしい成績を収めた。
アルドン・スミスもいれば結構なユニットだとは思うんですが、この人ほんとうに現役に戻ってこれるんでしょうか?

LBはこの状態でええのかなという不安が。昨年よりレベルダウンしてる感が否めない。
DLといい、ランディフェンスはかなり厳しい感じがする。

DBはドラフト24位でCBコンリー 56位でSメリフォンウを指名。DB陣はしっかり底上げが出来たじゃないんですかね。

 スケジュール・戦力分析 総括


2017 oak s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
bye以降が同地区3試合と濃いチーム4試合との対決がある。前半戦あまり星を落とすと厳しくなる可能性も秘めている。

地区優勝狙うにはやはりチーフスがライバルとなるだろう。week7 week14の対戦は注目されることだろう。

攻撃面はあまり不安はないが、守備面が大きな補強がなく、昨年よりまずいんじゃないかと思うところもある。今季もマックだけな感がある、DB陣の新人が大当たりなら変わると思います。
とは言え、攻撃のチームですし、たぶん大丈夫でしょう。



 昨年のチームスタッツ

チーフス003

2013年にHCリード QBアレックス・スミスを補強してから、安定した成績を収めるチームだが、プレイオフでなかなか突き抜けることができない。
安定したオフェンスではあるけど、爆発力には欠けるところがあと一歩上に行けない原因なんでしょうね。

昨年は新人WR兼リターナーのヒル TEケルシーの活躍により例年よりパスオフェンスが向上した。
守備はヤードは出されるけど、得点は許さない。ターンオーバーの多さが魅力の凶悪なユニットとなっている。

 去った選手

2017 kc fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
RBチャールズが同地区のブロンコスに移籍。能力はNFLトップレベルではあるが、怪我が多く計算に入れづらい選手だった。ファンとしては活躍してほしいと思うでしょうが、同地区ですからねぇ・・・複雑な感じですよね。

WRマクリンを放出。まあまあの成績ではあったが、1400万ドルのサラリーに見合わなかった。エースレシーバー的な立場ではないのでしょうがないかなと。

DLポーがファルコンズに移籍。ここの移籍が痛いですねぇ。守備でも中心選手ではありますが、攻撃でも活躍をしています。エンドゾーン手前での攻撃で出てくるとわくわくしますね。


昨年はこのTDパスとTDランも決めている。ファルコンズではこういう機会はあまりないかもしれませんね。
ちなみにこのプレイは、NFL最重量選手のTDパスとのことです。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 kc o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
先発はスミスで安泰だろう。ドラフト10位でマホームズを獲得。親父はベイスターズでも先発であまり活躍せず、アメリカに帰ってからまあまあメジャーで活躍したパット・マホームズです。
助走なしで60yくらい投げれるバカ肩が自慢の選手。スミスとは真逆なQBです。正直カーディナルス向きだと思ったんですけどね。
なんか49ers時代に怪我してる間に、キャパニックに先発取られたことを思い出しちゃいます。今年は大丈夫だとは思いますがね。

RBは86位でハントを獲得。ウェアがエースで控えが層厚くなった感じですね。NFL平均レベルのランオフェンスを維持出来た感じですかね。

レシーバー陣の補強は特に無し。WRヒル TEケルシーはNFLトップレベルではあるが、層が薄すぎるような。。。ケルシーいりゃなんとかなるってのはわらかなくもないが。

OLも補強も放出もなく、昨年のユニットを維持できた。特に良い印象も悪い印象もないOL。悪い印象がないということはいいことですよね?

 ディフェンス

2017 kc d

DLポーが抜けた穴を埋めるべく。ローガンをFAで補強 ドラフト59位でカサグオンを獲得
層も厚く、十分な補強は出来たみたいだ。

EDGE LB DB陣は昨年のユニットを維持できた。
EDGEヒューストン フォード ハリの強力パスラッシャー陣
LBジョンソンを核とした、ランディフェンス
DBはCBピータース Sベリーがオールプロに選ばれている。

何も言うことはないでしょう。強い。

 スケジュール・戦力分析 総括


2017 kc s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
NFL開幕戦のペイトリオッツ戦は楽しみな一戦ですね。正直ペイトリオッツが盤石すぎるんで、出鼻くじいてくれないかなと思ってます。
同地区のライバルはレイダースでしょうね。week7 week14の直接対決は注目度の高い一戦となるでしょう。

攻撃陣に不安は少々ありますが、毎年攻撃には不安を感じているような気がしてるので、例年通りと言っていいかもしれない。
凶悪守備はほぼ維持できてるので、今年も安定した成績を収めそうですね。


とりあえず半分終わったので、軽く順位予想しておきます。

 NFC東

DAL カウボーイズ 12 4
NY ジャイアンツ 9 7
PHI イーグルス 7 9
WASレッドスキンズ 5 11

カウボーイズの2連覇と予想します。昨年よりも少々戦力ダウンはしてる気はしますが。攻撃力は変わらないと思います。

ジャイアンツもワイルドカードでのプレイオフ進出と予想。もう少し星を伸ばすかもしれない。昨年の攻撃は良くなかったのでおそらく良化するんではないかと。守備は昨年同様強いと思います。

イーグルスは、QBウェンツに合う補強だったのか?という疑問もありますが、昨年の負けた内容もそこまで悪くなかったので、昨年よりちょっとだけ上乗せという感じで。

レッドスキンズは厳しいシーズンを迎えそうな気がします。頼みの攻撃も不安な部分が見えます。守備も改善する感じには見えないので。

 NFC北

GB パッカーズ 11 5
MIN ヴァイキングス 8 8
DET ライオンズ 8 8
CHI ベアーズ 3 13

パッカーズ2連覇でしょう。何連覇してるかなとぐぐったんですが、一昨年はヴァイキングス優勝だったんですね。正直戦力は抜けています。QBロジャースが安泰な限り、付け入る隙はあまりないでしょう。

ヴァイキングスは強烈な守備陣にランオフェンス改善が見れればというところです。やはりパスオフェンスとOLにまだ不安を隠せないというところもあり、五分で。

ライオンズもOL ランオフェンス 守備面に不安がある。昨年ほどはうまく回らない感じがするが、自力はあるので五分で。

ベアーズは・・・・QBどれか当たれ!という感じなんですが、どうでしょうねぇ。他チームと比べるとさすがに厳しい戦力かなと。

 NFC南

TB バッカニアーズ 10 6
ATL ファルコンズ 10 6
CAR パンサーズ 8 8
NO セインツ 8 8

バッカニアーズが上り詰めると予想します。徐々に戦力が整ってきて、今年完成形となる。。はず。。
正直同地区の他チームと比べると攻撃面は最下位かもしれない。でも他チームがNFLトップレベルすぎるだけで、そこまで悪いわけではない。QBウィンストンがブレークスルーするよ!

ファルコンズは攻撃面はNFLトップレベルであり、守備も改善若手の活きが良い。ワイルドカード予想ですが、昨年より強い気もする。。。でも予想だからここにしとくということで!

この地区今のところただの勢いに任せた予想になってますが、それだけ癖のあるチームばかりなので、どこが突き抜けても納得なところはある。で、一番予想しにくいチームがパンサーズだ。
ここのチームはたぶんだけど13~6勝くらいまで、どれ選んでもあり得る感じなんですよ。最低6勝はするとは思うんですが、勢いに任せればどのチームにも勝てるポテンシャルはあるけど、どのチームにも負けることもできる。わからんんから五分で。

そういう意味では最下位予想のセインツもあなどれない。攻撃に関してはトップレベルであり、今年RBピーターソンもおるんですよ。守備改善に結構熱心に補強はしていたんですが、なんか離脱も目立っており、また今年も守備だめなんかなという雰囲気も出してますが、打ち合いは面白いチームなんですよね。こういうわからんチームなので五分で。


 NFC西

SEA シーホークス 11 5
ARI カーディナルス 8 8
SF 49ers 6 10
LA ラムズ 3 13

シーホークスが2連覇でしょう。戦力的に抜けてると思います。昨年のOLの脆弱さは、今年も変わらなそうではあるが、昨年は最低レベルすぎたので少しは良くなるんじゃないかなと。。。守備はいつも通りのメンバーなので間違いないでしょうね。

カーディナルスはQBパーマー次第でしょうね。昨年のパーマーは正直酷かった。ここのチームもOLに弱点を抱えている。良化すればパーマーの成績も改善するかも。守備はここも問題なさそう。

49ersは個人的に楽しみなチーム。HCシャナハンの手腕に注目したい。正直戦力的にはかなり厳しい状態ではあるが、それでも台風の目になってほしい。

ラムズは守備はいいんですよね、守備は。攻撃は改善する目があるんでしょうか、QBゴフの急成長を祈るしか無いでしょう。かなり厳しいとは思います。

 おまけ


戦力分析の記事のサムネの画像うpしときました。
画像 - Google ドライブ画像 - Google ドライブ 

ちょっとしたおまけもいれてます。



 昨年のチームスタッツ

イーグルス003

ルーキーQBウェンツの活躍もあり、開幕から3連勝を飾り、順調な出だしであった。
中盤はいい試合はするもののあとちょっとが足りない試合が続いた、ただ最終的に7勝9敗は開幕前の予想よりも勝てた印象だ。

ウェンツの印象はパス精度第一。目標アレックス・スミスという感じのQB。ロングパスの精度に不安を感じるところがあるので、細かく繋いでいく攻撃に徹した方がいいと思う。

他のポジションも思いの外安定していた、DB陣も不安要素多かったが、終わってみれば十分な働きを見せていたと思う。

 去った選手

2017 phi fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
WRマシューズがトレードでビルズへ。8/12急に決まったトレードで驚きました。ちょっとレシーバー飽和状態だったので悪くないトレードだったかもしれません。

安定してた守備が抜けすぎな感がありますね。
DLローガン EDGEバーウィン放出はパスラッシュに影響が出そう。

CBマッケルビンの解雇って、私がたまたま見た試合はすごい活躍してた印象だったんですが、シーズン通すと良くなかったんですかね。でも未だ契約決まってないですし、私の評価が高すぎるだけなんですかねぇ。

CBキャロルの放出も痛いですね。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 phi o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QBはウェンツが先発 バックアップにフォールズ マグロインを補強した。フォールズは古巣に復帰。過去に先発でプレイオフに導いた実績がある。先発を狙う能力はまだあると思うが、ウェンツをうまくサポートしてほしいですね。

RBブラントをFA補強。パワーランで昨年18TDをあげた。この補強は大きいだろう。マシューズは怪我が多いのでうまく役割分担して、強力なランオフェンスを形成してほしい。

WRジェフリー スミスをFA補強したが、ロングターゲットとして名を挙げているレシーバーなので、ウェンツのパスオフェンススタイルに果たして合うのか?という疑問は残る。ドラフト118位でもホリンズを獲得。大学のスタッツ見ると、Ave20.6yとこれもロングターゲットタイプっぽいですね。使いこなせるんだろうか?

TEは昨年と変わらないメンバー。セレック・アーツの2人のレシービングTEがいるのが強みだ。

OLはGウォーマックを補強。今季はランオフェンスに期待がかかるのでランブロックに期待したいところ。


 ディフェンス

2017 phi d


DLはジャーニガンを補強
。プロボウルを狙える若い選手だ。コックスとのDTコンビはかなり強力なユニットになるだろう。期待大だ。

EDGEはドラフト14位でバーネット ロングをFAで補強。バーウィン放出の穴はしっかり埋めてきた。

LBはメンバー変わらす。安定したラン守備をみせている。

DB陣はドラフト44位でCBジョーンズ 99位でCBダグラス SグラハムをFAで トレードでCBダービーを補強。しかしジョーンズはすでに怪我人リスト入りで今シーズンエンド。不安な立ち上がりである。CBの層に多少の不安を感じましたが、8/12ビルズとトレード成立でダービーの補強は驚きました。とは言えまだ層は薄い感じはします。Sは層が厚いですが。


 スケジュール・戦力分析 総括


2017 phi s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
昨年同様の開幕ダッシュができるか、Week2のチーフス戦が少々きついが、チーフスは毎年開幕直後はおかしいところがあるチームではあるので、叩けるうちに叩きたい相手かなと。

レシーバーの補強、CBの層の薄さが気になる所ですが、RB DLの補強は◎
昨年の負け試合は接戦が多く6つの負けが1ポゼ差であった。この勝敗が反転する可能性は十分ある。
QBウェンツの成長で、台風の目になる可能性を秘めているチームだと思う。



今週は量も多いし、契約内容も濃いです。非常に長い記事になっています。

20170812


・DAL エゼキール・エリオット 開幕6試合出場停止
何事もなければ良いと、カウボーイズの記事で書いた数日後に何事か合ってしまいましたねぇ・・・
一応開幕までに異議申し立てが通れば少し軽減されることもあるかもしれませんが、DVには厳しいですからねぇ。たぶん軽減はされないやろなぁ。
一応RBはマクファデンとモリスがいるので、なんとかなるとは思いますが、痛いことには変わりないですね。


・QBジェイ・カトラーが引退撤回 ドルフィンズと契約
ほんと今週驚くことばかりですね。まさかの引退撤回です。
ドルフィンズはQBタネヒルが膝の怪我で、手術も検討する状態になってしまった。
ドルフィンズ、QBタネヒルの手術も検討 | NFL JAPAN.COMドルフィンズ、QBタネヒルの手術も検討 | NFL JAPAN.COM 
そこで、ブロンコス時代にOCだったゲイズHCが、自分の戦略を知るQBということで白羽の矢をたてたのが、カトラーということになった。
1年1000万ドル+300万ドルのインセンティブという結構な額で契約。この金額払うということはもう先発で使う気マンマンなんでしょうね。個人的にはムーア先発でもいいんじゃと思いますが。
でもせっかくですし、カトラーの頑張りにも期待しましょう。


・ビルズ WR サミー・ワトキンス 
 ラムズ CB EJ・ゲインズ のトレードが成立


衝撃が走りましたね。まさかワトキンスを放出しちゃうとは、今季ウッズとかレシーバー放出しまくりで、残ってたのワトキンスくらいでしたから、もうレシーバー全とっかえですよ。
来年のドラフト2巡となかなかの物ももらっていますね。ラムズの2巡ですからねぇ。結構ないい順位が期待できるかもしれません。
とは言っても、プレシーズン1周目の試合終わってからやるトレードなんですかね?


・ビルズ CB ロナルド・ダービー
 イーグルス WR ジョーダン・マシューズ のトレードが成立

ワトキンスのトレードと同じ日、つうか今朝ですよこれも。CBもギルモアを放出してるんで。CBまで総取り替えです。というか、ダービーとギルモアって相当いいコンビだったのに、両方いなくなるってすごいな・・・・ポジティブに考えればチームを一から立て直すという気持ちの表れですね!
ちょっと狂気の沙汰とも言いかねませんが。ここでもドラフト3巡をもらっています。
ひょっとして今年捨てて、来年からが本番という感じになってませんか??
ペイトリオッツの戦力見るとわからんでもないですけどね・・・・・


・WR アンクワン・ボールディンがビルズと契約


やっと決まりましたね、今日色々あったビルズに。この契約が決まったことで、トレードに踏み切った可能性もありそうではある。
ワトキンスとボールディンのコンビは見てみたかったですね。
とりあえず15年目のシーズンも迎えられたのは良かったです。


・C ジェレミー・ザトゥーが解雇
レイブンズからFAで獲得した、昨年プロボウルに選ばれたCである。
もちろんFA OLの目玉選手であり、49ersとしてはいい補強だったと言える選手であった。
どうやら、キャンプでダニエル・キルゴアとの先発争いに破れ、放出することにした模様です。
古巣のレイブンズが接触してるようです。


・CB ブランドン・フラワーズが引退

プロボウル1回出場。シャットダウンコーナーとして、チーフスとチャージャースで活躍しました。
正直プロボウル1回は少ないですよ。もっと選ばれるべき選手だったと思います。
引退のTwitterを探したときにPFFでこの能力値のグラフがありましたので、こちらがいいなと。
この数値の高さ見てもらえば分かる通り、やっぱすごい選手だったんですよ。もっと評価されるべき選手だっと思います。おつかれさまでした。


・DL ビンス・ウィルフォークが引退
昨シーズンの終盤頃から今年で引退すると言っていましたが、なかなか正式に発表しなかったので、もしかして引退詐欺して、プレイするつもりもあるのでは?と勝手に推測していましたが、正式に引退を発表しました、しかもCMの中で。

テキサンズ、NTウィルフォークがCMで引退を宣言 | NFL JAPAN.COMテキサンズ、NTウィルフォークがCMで引退を宣言 | NFL JAPAN.COM 
ということでそのCM youtubeにあったので御覧ください

バーベキュー用の燃料を売ってる会社のCMのようです。
とても明るい引退発表となりました。先日ペイトリオッツと1日契約をしペイトリオッツ所属で引退となりました。おつかれさまでした。

以上 今週の契約記事終了。色々多すぎましたね。



チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions

 昨年のチームスタッツ

レッドスキンズ003

昨年はプレイオフまで後一歩のところだった。序盤のもたつきが響いたのが原因ではあった。
攻撃はQBカズンズのパスオフェンスが見事でした。攻撃陣に関しては特に言うことはないかと。
守備も一昨年から比べると、CBノーマンの補強の分、ノーマンの相手だけが苦戦するようになった。
同地区のジャイアンツのWRベッカムとの対決は、ライバル対決として見どころ満載だった。
ただ、いつ乱闘するかわからないくらいヒートアップしてる感もあるが・・・・

昔、テキサンズvsタイタンズで WRアンドレ・ジョンソンとCBコートランド・フィネガンのマッチアップでお互いヒートアップして、最終的に殴り合いになったことがありましたね。
まあこうならないように・・・・相手のエースとのマッチアップは見てて楽しいです。

ということで相手エースだけは押さえ込めるんですが、他がね・・・・という状況です。

 去った選手

2017 was fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。

WRジャクソン ガーソンを放出。このベテラン2人いなくなるのは、いくらなんでも大きすぎるでしょ。どちらもカズンズにとってはフェイバリットターゲットだったので、今季のパスオフェンスに影響は間違いなく出るかと思われます。これで昨年と変わらないパス攻撃が出来た場合。カズンズの評価がTOP5レベルにあがるでしょう。

ディフェンスの入れ替えが多かった。正直FAで再契約結ぶより新しい戦力を入れた方がいいかなというメンバーだったかもしれませんね。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 was o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り

QBカズンズは2年連続フランチャイズ指定の1年契約。長期契約は結べず、今季の年俸は約2400万ドル(26億円くらい)詳しくはわかってないが、3回目のフランチャイズ指定は出来ない?もしくは
NFL調停役、フランチャイズ指定の解釈はQBブリーズ寄りの判断アメフトNewsJapanNFL調停役、フランチャイズ指定の解釈はQBブリーズ寄りの判断アメフトNewsJapan 
5年前ですが、3回目のフランチャイズ指定になると、前年度の144%契約となるとか。この例を取り入れ来年もフランチャイズ指定すると3500万ドルになるっぽい。差額の1100万ドルでも結構な大物引っ張ってこれそうなサラリーですね・・・これが現実的じゃないということで、3回目の指定はないということなんですかね。
契約交渉破談、レッドスキンズとカズンズの間に横たわる溝 | NFL JAPAN.COM契約交渉破談、レッドスキンズとカズンズの間に横たわる溝 | NFL JAPAN.COM 
おそらく来年は別チームと交渉になりそうな気配を感じますね。そのために今年一年めいいっぱい頑張ろうという感じでしょうか。チーム側は複雑な状況でしょうね。

RBはドラフト114位でぺリンを獲得。ケリー ジョーンズがおり、RBの層は厚くなった。昨年よりもランオフェンスに期待したい。

WRはプライヤー クイックを補強
。現有戦力のクラウダーと枚数は揃った。ただやはり昨年のユニットには劣るだろう。プライヤーは更に爆発してもらわないといけない。

TEリードは現状エースレシーバーという位置だろう。怪我が多いのが問題ではあるが、デービスもおり、WRが上手く行かなかった場合ダブルTEが増えるかもしれない。今年のパスオフェンスはTEが鍵になりそうではある。

OLは昨年と変わりはない。パスプロテクションはNFLトップクラスだ。

 ディフェンス

2017 was d

DLはフッド以外入れ替えた。ドラフト17位指名のアレンには期待が大きい。DLの核になって欲しい選手だ。

EDGEはドラフト49位でアンダーソンを獲得。マーフィーが開幕4試合欠場もあり、開幕から出場機会がありそうだ。ケリガン スミスと戦力維持もできており、層が厚くなった。

LBはブラウンを補強
。ラン守備改善を期待できる補強だ。

DB陣はドラフト81位でCBモラウ FAでSスウェリンガーを補強。パスディフェンス改善に期待できる補強ですね。

 スケジュール・戦力分析 総括


2017 was s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
ストーブリーグは、GMが交代やら、QBカズンズとの契約問題が定まらないという話題で、正直印象は悪い状況でしたね。
スケジュール的には、ByeWeekが早い所以外は、バランスの取れた感じがしますね。こういうスケジュールの場合取りこぼしをすると、連敗につながる可能性が高い。

正直昨シーズンと比べると、戦力低下してるかなと思う。昨年よりオフェンスは劣ると見る。
その分ディフェンスの頑張りが必要かなと。



 昨年のチームスタッツ

ジャイアンツ003

昨年はディフェンスのジャイアンツが復活。ここのチームはパスラッシュが良い年は総じてプレイオフに出ている印象。加えてパスディフェンスもスタッツとしては良くないように見えるが、印象としてはすごい良かった。CBロジャースクロマティのミスが少なかったのが印象的でしたね。

対して攻撃に関してはうまくいかないことが多く。特にRBが揃わずランオフェンスがうまくいかなかった。パスもイーライがイーライだった。苛ついたWRベッカムvsキック練習用ネットが流行った。


 去った選手

2017 nyg fa
※ 追記 
8/10 CB ドレビン・ウェイド がレイブンズへ
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
WRクルーズはベアーズへ。昨年復活を果たしたが残留はできず移籍した。

Kゴールドは49ersへ。安定したキッカーであるためなるべく再契約したかったところだが、移籍となった。

DLハンキンスはコルツへ。強力DL陣の一角であったのでできれば再契約し、戦力維持をしたかったところだろう。JPPも残留を願っていた。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 nyg o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QBイーライのいいところは怪我はしないこと。これに尽きますね。36歳ですが、プレイの内容から衰えたという面はない。INTが多いのはいつものこと、3凡が多いのもいつものこと、ぴりっとしないのもいつものこと。正直本当に衰えた時見極めが難しい選手だろうなと。。。。ドラフト87位でウェブ獲りましたが、出番はないでしょう。

RBは昨年の弱点でした。パーキンスがおそらくエースとなると思います。結構期待してもいいんじゃないかなと思ってます。ベリーンはランアフターキャッチがうまいので、セーフティバルブでの活躍を期待したい。 ただもう一人だれか出てきてほしいですね。

WRはベッカムがエースで、FAでベテランのマーシャルを獲得。12000yレシーブを達成しているが、これで所属チームは5チーム目。すごい選手なんですが、たまにやるポカが異様に目立つ選手でもある。基本的にはレベルの高い選手です。

TEはドラフト23位でイングラムを獲得。レシービングTEがなかなか出てこなかったチームとしては、核となって欲しい選手でしょう。

OLはTニューハウスが去り Tフルーカーを補強。昨年はパスプロテクションは良かったが、ランプロテクションが・・・CとGの補強はあっても良かったんじゃないかなと。

Kがゴールドが去り、ヌーゲットを獲得正直ここが一番の不安点ですね。昨年ベンガルズで不調で放出されてるヌーゲット。この人選はいかがなんでしょうか。


 ディフェンス

2017 nyg d

DLはドラフト55位でトムリンソンを獲得。ハンキンスの穴をルーキーが埋めるのは厳しいが、ハリソンがいるのでまだまだ凶悪なDLだ。

EDGEはヴァーノンとJPPコンビが活躍。今季もこの2人に注目が集まるディフェンスだろう。

LBは特に目立つ選手はいないが、ラン守備4位ということで、ミスは少ない選手達ということだろう。

DB陣はNFLトップレベルのユニットだ。CBロジャースクロマティ ジェンキンス アップル Sコリンズ アダムズ 特に昨年はSコリンズのパフォーマンスが素晴らしかった。今季も活躍が期待される。

 スケジュール・戦力分析 総括


2017 nyg s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
同地区対決が開幕直後と終盤に固まっている。昨年も開幕戦はカウボーイズ戦だった。今年も勝てることができるか注目される、week1のサンデーナイトゲームとなっています。

攻撃は昨年ほど不出来にはならないとは思いたいが、そこまで戦力が変わったわけでもない。
守備もそんな戦力変わった感じもしない。ハンキンスのところだけなんとかカバーできれば。
なので昨年と同じくらいの力は出せるのではないかなと思います。



 昨年のチームスタッツ

カウボーイズ003

昨年はQBプレスコットとRBエリオットのルーキーコンビの大活で、圧倒的攻撃を形成。見事な成績で地区優勝 第1シードを獲得した。プレイオフではパッカーズとの好試合の末。サヨナラFGで負けてしまったが、昨シーズンの中でNo.1の試合だったと言えるだろう。



 去った選手

2017 dal fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
レギュラーシーズン最終週 QBロモ今季初出場をし、見事なTDドライブを決め、まだまだ健在ということをアピール。チームに残るのは難しいが、どこのチームに行くかがストーブリーグの大注目POINTだったのだが、まさかの引退、解説者転身という選択を選んだ。
2006年シーズンのあのホルダーの一件があってから、このプレイの雪辱を果たし、いつかはスーパーボウルに出てほしいと思っていた選手だっただけに、本当に残念ですね。
流石に今シーズンはあのシーン流さないよな・・・BSさんは・・・

OL Gレイリーを放出、Tフリーが引退した
。最強OLを形成していた先発2人がいなくなり、少々不安はある。

DB陣は CBカー クレイボーン Sチャーチ ウィルコックスを放出。パスディフェンスはさほど良くはなかったが、ここまで大幅に変える必要もあったのかと言われると、どうなんでしょうか。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 dal o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QB RB WR TEはほぼ戦力は変わっていない。昨年の攻撃が完成されていたので、戦力維持できたので問題はないでしょう。今シーズンも圧倒的攻撃を期待できそう

ただ不安が一つ
カウボーイズRBエリオットにいまだ審判は下らず | NFL JAPAN.COMカウボーイズRBエリオットにいまだ審判は下らず | NFL JAPAN.COM 
バーでの暴行に関与していたかどうか、元彼女への暴力疑惑など、オフシーズン少々騒がせたRBエリオット。何も無ければいいんですが、シーズン始まる前までにきちんと結果が出てほしいところですね。

TEはそろそろ世代交代するべきポジションではある。ウィッテンも35歳になり、全盛期から比べれば成績は落ちてきている。落ちてきていても十分な成績ではありますがね。

OLはTベルを補強。フリーの穴を埋める選手が補強できたと思う。

 ディフェンス

2017 dal d

DLは少々層の薄さを感じる。怪我人が出た時に少々不安がある。

EDGEはドラフト28位でチャールトンを獲得。弱点だったパスラッシュの改善に期待される。
ただ出場停止3人もいる状況。グレゴリーは今シーズン出場停止を食らっている。

LBはリーが昨年やっと怪我無く全試合出場した。NFLTOP100の79位に選出。今季も怪我なくやればプロボウル選出は間違いないだろう。

DB陣は ドラフトでCBアウジーを60位で ルイスを92位で獲得キャロルをFAで補強
昨年とまったく違ったユニットになり、パス守備の改善を図る。
Sのメンバーに一抹の不安を感じる面も。

 スケジュール・戦力分析 総括


2017 dal s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
開幕戦から同地区のジャイアンツとの対戦。今シーズンを占う対決となりそう。

Week5 パッカーズ
Week10 ファルコンズ
Week16 シーホークス
は同カンファレンスのライバルとなる対決、注目度は高そう。
Week15のレイダース戦も楽しみな対戦だ。

昨年と比べると、少し成績は下がるかなとは思うが、地区優勝最右翼なチームであることには変わりはないだろう。

攻撃面は問題ないが、守備面の弱点であるパスラッシュとパスディフェンスの改善できるかという面で少々不安を感じる


 昨年のチームスタッツ

ベアーズ003

QBカトラーのシーズン途中離脱により、ホイヤー バークリーが先発となったが、パス自体は通るし、ラン攻撃も出るが、得点につながらないという状況だった。正直バークリーはもう一年辛抱してみてもいいんじゃないかなと思っていたが、我慢できる状態ではなかった。やっぱりターンオーバーの多さが響いた結果なんでしょうね。

守備なんですが、正直そこまで試合見てないので、あまり印象が残ってないです。攻撃の方はビッグプレイ(させてしまう方ですが)が多かったのでそれなりに覚えがあるのですが。
スタッツ見るとそんなパスラッシュ良かったんだという感じですね。パスディフェンスが良いというのも意外ですね。ただ失点は多いですが。

攻撃にしても守備にしてもターンオーバー絡みのスタッツが悪すぎますね。

 去った選手

2017 chi fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
契約は厳しいとは思っていましたが、QBカトラーが引退を決断し、解説者になるとは思ってませんでしたね。
プレシーズンの3週目 ベアーズvsタイタンズが解説デビューみたいです。

と書いていたら、8/7に
ジェイ・カトラーが引退撤回、ドルフィンズと1年11億円契約 | NFL JAPAN.COMジェイ・カトラーが引退撤回、ドルフィンズと1年11億円契約 | NFL JAPAN.COM 
引退撤回 ドルフィンズと契約! タネヒルの状態がかなり悪いんだなと言うこともよくわかりました。なかなかのサプライズでしたね。正直ムーアおるやんと思うんですがね。


先発していた、QBホイヤー バークリーも引き止めず。そう取り替えとなりました。

WRジェフリーがイーグルスに移籍。TOPレベルのエースレシーバーを引き止めることはできなかった。昨年フランチャイズタグを使っていたので、2年連続は使いにくかった。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 chi o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QBグレノンを3年4500万ドルで契約、ここまでして取るべきか?まあ先発待遇ですよねぇ。
と思ったら、ドラフトで3位から2位に上げるために、今年の67位・111位来年の3巡まで献上して、QBトルビスキーを指名した。これが計画通りなんだとしたら、言い方悪いが相当とち狂ってると思う。
でもこれでもフランチャイズQBが出来れば安いものなのかもしれないが、リスクは大きいよなぁ・・・
そういえばサンチェスも取ってたんでしたね。ただここに出番がやってくるといよいよやばいという状態かと・・・・

RBはハワードの他 ドラフト119位でコーエンを獲得。ハワードはルーキーだった昨年1300yランを記録。普通ならもっと騒がれてもいいのだが、カウボーイズのRBエリオットの存在とチームの低迷のせいで、影が薄い。いい選手ですよ。

WRはクルーズ ウィートン ライトをFAで獲得。それなりに計算できるレシーバーは揃えてきた。
TEはドラフト45位でシャヒーンを獲得。今年のドラフトはTEが豊作とのことで、開幕から先発も期待できそう。

OLはさほど変わりなく、昨年も良かったチームで、しっかりと維持できたという印象。

 ディフェンス

2017 chi d

DLはヘイワード ジェンキンスを補強。ラン守備27位を改善したい。

EDGEはメンバー変わらず。パスラッシュはいいみたいなので、このまま維持していきたい。

LBはスクタを補強
。DLは揃えたがLBに物足りなさは感じる。

DB陣は CBクーパー アムカマラを補強。クーパーには期待したいところ。あとはなんか団子状態から誰が先発を勝ち取るか競争が行われる。
Sデンプス ドラフト119位でジャクソンを獲得。昨年の一番の弱点部分だった箇所だったと思うので、このS補強は◎だ。


 スケジュール・戦力分析 総括


2017 chi s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
うーん、厳しいなぁ。バイウィークまでに2勝くらいできるかなぁ・・・・
蓋を明けてみたら、昨年のイーグルスのウェンツの様に勝ちまくる可能性だってあることですし、絶対は無いです。

正直相手チームは取りこぼしたくないと考えるチームだと思うので、一泡吹かせたいですね。特に同地区に。

ただ、QBどっちかが当たれば好転する可能性は十分あると思います。



 昨年のチームスタッツ

ヴァイキングス003

昨年はプレシーズンマッチでQBブリッジウォーターがシーズンエンドになってしまい。急遽QBブラッドフォードをトレードで獲得。最悪な出だしかと思われたが、なんと開幕5連勝を飾る驚きの結果を収めました。しかし、その後は失速し、最終的に五分の星で終わった。

RBピーターソンもシーズンエンドになり、ランゲームも計算できず、パスも正直厳しかった。OLが一番の問題であり、そのわりにはこれでも頑張ったほうではないかと。QBブラッドフォードはプレッシャーを思いっきり受けながら、なんとかパスを繋いでいったと思う。

守備面はまったく問題なし、CBローズが急に覚醒し、DB陣も安定した。

 去った選手

2017 min fa
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
チームを長年支えてきた RBピーターソンの放出、LBグリンウェイの引退。ここ数年転換期だったヴァイキングスだったが、この2人最後に残っていた選手だったと言っていいだろう。

WRパターソンはリターナーとしても活躍していた。昨年までのビッグリターンは期待できないかもしれない。

Kウォルシュは本当に残念な状態になってしまった。ルーキー時代は良かったのになぁ。新天地で心機一転がんばって頂きたい。

OLは引退含め5選手を放出。まあしょうがないよね。

 オフェンス・スペシャルチーム

2017 min o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QBはブラッドフォードが先発だが、ブリッジウォーターが思いの外早めに復帰できる可能性も出てきたようだ。
バイキングスQBブリッジウォーターが負傷離脱後の初会見 | NFL JAPAN.COMバイキングスQBブリッジウォーターが負傷離脱後の初会見 | NFL JAPAN.COM 
今シーズンも出れないと言われてた怪我であったが、今シーズン復帰も見えてきたかもしれない。

RBはFAでマレー ドラフト41位でクックを獲得。昨年のラン攻撃は正直酷かった。マッキノンとアシアタで層は厚いと思ってたのが間違いだった。もっとやれると思ったんですけどね。ということでしっかりと補強してきた。

レシーバー陣は、WRディグス・シーレン TEルドルフまでは確定。あと1人だれか出てきてくれという感じ。

OLはドラフト70位でCエルフリン FAでTリーフ レマーズを獲得。
ボロボロだったOLの立て直しを図る。PFFランキングも14位という昨年の29位から相当な高評価となっている。


Ranking all 32 offensive line units heading into the 2017 season | NFL Analysis | Pro Football FocusRanking all 32 offensive line units heading into the 2017 season | NFL Analysis | Pro Football Focus 

 ディフェンス

2017 min d

DLは109位でジョンソンを獲得。おそらく先発の壁は厚く、バックアップとなるだろう。

EDGEは変わりなく凶悪なメンバーが今年も健在

LBは120位でジェディオンを獲得。グリンウェイの抜けた穴を埋める争いの候補者となる。

DB陣も安泰のメンバーだ。CBニューマンが38歳となるが、未だに動きは衰えてない。しかしさすがにこのおじさんを若手が抜いていかないとあかんだろう。
Sはスミスがやっと一昨年くらいから評価されだした。ルーキー時代からプロボウル選ばれてもいいと思ってたんですがね。

 スケジュール・戦力分析 総括


2017 min s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
今年の開幕直後の対戦チーム見る限り、昨年のような開幕ダッシュはできないかなぁ。
week4からの同地区3連戦が肝だろう。ここまで五分で乗り切れば昨年以上の成績も見えてくるかもしれない。

守備面はNFLトップレベルなので、とにかく攻撃面の改善。特にラン攻撃の改善がされれば、おのずとパス攻撃もしやすくなるだろう。ラータビス・マレーが1300y以上走ることができれば、プレイオフ進出できると予言しておく。 ちなみにキャリアハイは1066yだが・・



 昨年のチームスタッツ

ライオンズ003

昨年はワイルドカードでプレイオフ進出したが、1戦目でシーホークスに敗れた。

慢性的にRBの怪我人を抱え、たまに誰かが爆発することもあったが、まったくランが出ない試合もあり、ラン攻撃の不安定さが目立った。

守備面はEDGEのアンサーが不調、というかダブルカバーされることも多く、アンサー以外のパスラッシュがイマイチだったため、パスラッシュのスタッツが悪かった。
ターンオーバーも少ないですよねぇ。
もう少し守備で目立つ試合も欲しかった。まあ別に酷い守備というわけでもないが、印象は薄い。

 去った選手

2017 det fa
※ 追記 
8/5 LB ジョシュ・バインズ がカーディナルスへ
8/7 WR アンクワン・ボールディン がビルズへ
  •  ※選手評価について 
  • 右のアルファベットは選手評価ですSS~Dまであります。
  • Rはルーキーで 120位までの選手を入れています。
WRボールディンは、まだ契約が決まっていない。衰えてきたとは言え、昨年67キャッチ 584y 8TDと、計算できる内容ではある。
先月ビルズが契約するのではという記事がありましたが、まとまってはいません。

OLはGワーフォード・レイノルズ Tリーフを放出。正直そんな悪いかな?ラン攻撃の悪かった原因は主にRBな気もしますし、パスプロテクション悪かったっけ?って気も。結構な入換をしましたね。これが吉と出るか凶と出るか。

LBレビーは今シーズン怪我のため出られず、契約を破棄した。来シーズンまでしっかり治して復活してほしい。


 オフェンス・スペシャルチーム

2017 det o
  •  ※見方の説明 
  • 黄色塗りつぶし →新加入選手
  • 青色塗りつぶし →NFL TOP100の順位
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  •  IR  →怪我人リスト入り
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
QBはスタッフォードが復活した。スタッフォードの調子がなんとなくわかるようになってきた。
サイドスローのおしゃれパスが決まるかどうかで、彼の調子を図ることができる。

RBは補強はしなかったが、数は居る。アブドゥーラが怪我しなければ、昨年経験を積んだバックアップの層が厚いと言い切れるが、なんかこれでええのかな?と思う部分もありますね。

WRはドラフト96位でゴーラデイを獲得。テイト・ジョーンズの先発がいるため。スロットで昨年のボールディンの代わりという形になれればというところでしょうか。

TEはエブロンがやっと計算できる選手となってきた。

OLはGラング Tワグナー ロビンソン コウアンジョをFAで獲得。パスプロテクションを大幅に入れ替える結果となったが、ワグナーを取れたのは大きいですね。Gラングも経験豊富ですしね。単純に強化されたという評価でいいかなと思います。
ただ、PFFの評価は低いく24位となっています。(昨年は19位)

Ranking all 32 offensive line units heading into the 2017 season | NFL Analysis | Pro Football FocusRanking all 32 offensive line units heading into the 2017 season | NFL Analysis | Pro Football Focus 

 ディフェンス

2017 det d

DLは3選手をFAで補強し、層を厚くした。

EDGEは補強はしなかった。そしてブライアントが開幕4試合出場停止。アンサーの復活が肝となるが、ドラフト下位で補強してるとは言え、物足りなさを感じるのが普通かなと。

LBはドラフト21位でデービスを獲得。MLBとして使う模様です。ラン守備強化に期待したいですね。

DB陣はCBヘイデンをFAで ドラフト53位でCBデイバーを獲得。スレイが先発は決まっており、あとの先発を争う形となりそう。Sは昨年と同じ面々。


 スケジュール・戦力分析 総括


2017 det s
  •  黄色塗りつぶし → 同地区対決
week7の休みまで、好勝負になりそうなチームばかりと対戦が続く。ここで4勝2敗で折り返せれば、2年連続プレイオフに近づくだろう。最低でも五分で乗り切りたいだろう。負け越すとなるとちょっと厳しいかなと思う。
最終戦が同地区優勝最右翼のパッカーズとの対戦。最終戦まで優勝がもつれるようなシーズンになると面白いだろうなぁ。

今年の戦力は、昨年の弱点がしっかり修正したとは言えない状態むしろ放置したように見える。とは言っても、パス攻撃の強力さは変わらず、守備が少し改善されれば、昨年よりも勝ち星を増やす可能性は十分あると思います。できればターンオーバーをもっと増やせればいいですね。