茶犬(仮ファン)NFLのブログ

ブラウンズファン(仮)の広く浅いNFLについてのブログです ブラウンズについてだけではなく、全体的に書いてます。

10/18
今週のまとめちょっと更新遅れそうです。土日になんとかできれば

ファンタジーご参加の方、ツイートの時 #peca_nfl をつけてツイートしていただくと、俺が拾いやすくて俺が喜びます、もしよければお願いします。

今週はちょっと人数が多いので、怪我人リスト 出場停止 契約状況 3つにわけています。

 怪我人リストの状況 

20171014-1

NYG WR オデル・ベッカムJr.
 
足首の骨折で手術を受けた、シーズン全休が決まった。
NYG WR ドゥエイン・ハリス
 
足の骨折 シーズン全休の可能性が高い
NYG WR ブランドン・マーシャル
 
足首の怪我、手術を受けることになり、シーズン全休が決まった
CIN TE タイラー・アイファート
 
背中の怪我で手術をすることに、シーズン全休が決まった
TB K ニック・フォーク
 軽症の分類とのこと、チームはK パトリック・マレーを獲得している。
HOU DL J.J.・ワット
 
脛骨プラトー骨折の手術を行い、シーズン全休が決まった
DET DL ハロディ・ナタ
 
上腕二頭筋の負傷で手術をすることに、シーズン全休が決まった
DAL DL スティーブン・パエア
 
現在情報なし
HOU EDGE ホイットニー・マーシラス
 
胸の裂傷。シーズン全休が決まった。
CHI EDGE ウィリー・ヤング
 
三頭筋断裂のためシーズン全休が決まった

rotoworldのリストを参考に書きました。
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/


2017 week5 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017 week5 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 
’(KC WR クリス・コンリーは、Transaction的にはまだ怪我人リスト入りしてないので、今回外してます。)

すでにまとめのほうでも触れていましたが、今週はNFLを代表する選手の大怪我が多かったです。
これだけまとめて今シーズン見れなくなるのは寂しいですね。

問題のジャイアンツのレシーバー状況ですが、
 ターバリアス・キング (FA)
 トラビス・ルドルフ(PSから昇格)
 エド・イーガン(PSから昇格)

がロースターに。正直初めて名前を聞くレシーバー陣です。
唯一の先発で残ったスターリング・シェパードも足の捻挫で今週の出場はクエッショナブルらしい。
大変な状況です。


あとサースデイナイトで、パンサーズのLBルーク・キークリーが脳震盪を起こしました。
どうやら現状症状は浅いらしいという情報があったが、過去3年で3回目の脳震盪であるため慎重な処置となったようです。でも後遺症問題などもありますし、無理させることは出来ないかもしれません。
今シーズンキークリーは脳震盪対策に効果があるかもしれないという、ネックカラーを使用していました。
今回は残念ながら効き目がなかったようですが、こういう科学の進歩に現状頼るしかないと思いますので、言い方は悪いですが、実験的にでも色々な物を試して、効果調べることも今後の為に大事だと思います。
もしかすると、今回軽症で済んだのもこのネックカラーのおかげかもしれませんしね。



 出場停止の状況 

20171014-2

RB エゼキール・エリオット が6試合の出場停止処分

カウボーイズRBエリオットの出場停止処分が再び施行可能に | NFL JAPAN.COMカウボーイズRBエリオットの出場停止処分が再び施行可能に | NFL JAPAN.COM 
裁判所が差し止め命令を棄却したため、出場停止が再開となってしまったようです。
今週カウボーイズはBye weekのため次週から適用となるようです。
このBye weekの間に再度差し止めを求める申請を行うようです。
ここでエリオットが居なくなったら、首位独走しているイーグルスに追いつくのは難しくなるかもしれませんね。とりあえずByeの間に、行方が決定することでしょう。


CB ドミニク・ロジャース・クロマティ がチームから出場停止処分
ジャイアンツ、CBロジャース・クロマティーに出場停止処分を科す | NFL JAPAN.COMジャイアンツ、CBロジャース・クロマティーに出場停止処分を科す | NFL JAPAN.COM 

ただでさえチームが悪い状況なのに、何してはるんですかねこのベテラン。
HCマカドゥーと口論(おそらく出場機会への不満)でチームを自ら離れることになったようです。
ドルフィンズのLBティモンズといい、いい歳なんですから大人になって欲しいと思います。
で処分の状況もティモンズの時と同じで、チームからの出場停止処分の有効期限は4週です。
なんとなく出場機会だけじゃなく、チーム状況と年齢も考えると、移籍の要求とかもあったんじゃねぇかな?とも個人的に推測しちゃいます。



 契約状況 

20171014-3

RB エイドリアン・ピーターソン トレードでセインツからカーディナルスに移籍

びっくりしましたね。今シーズンオフに補強したばかりですので、1年は使うものだと思ったのですが。正直セインツはピーターソンの使い方を迷っている節がありましたからねぇ。
RBイングラム・カマラをできれば使い続けたいが、ピーターソンにも出場機会を与えないとという感じの起用方法に見えましたからね。
トレード内容はドラフト6巡との交換。
カーディナルスはRBデビッド・ジョンソンの怪我人リスト入りから、RBクリス・ジョンソン ケイワン・ウィリアムス アンドレ・エリントンを起用しているが、なかなかラン攻撃がうまくいかず、1試合平均51.8yと断トツの最下位である。
出場機会を欲しているピーターソンとカーディナルスの事情がマッチしたいいトレードだと思います。
NFC西が混沌としているうちに、立て直せるか注目です。
背番号はCBジャスティン・ベッテルが28番の為、23番の背番号をつけることになったようです。

ただこの移籍によりRBクリス・ジョンソンが放出されてしまった。過去に2000yを記録したRB2人起用という夢は現実とはならなかった。



LB ナバーロ・ボウマン が解雇

どうやら、トレードを模索していたが、成立がしなかった為放出となったようです。
昨年のアキレス腱の怪我から復帰し、5試合先発出場。38タックルを決めており、状態は問題なさそう。
サラリー状況も詳しくはわからないけど、49ersはボウマンに残りのサラリー675万ドル払うことと、来年に残るデッドマネー470万ドルを背負う形になるようです。これなら今シーズン使ってからでいいんじゃね?と素人目では思うんですが、ボウマンにチーム選択させる自由を与えたということなんですかね?
これなら美談に感じますが、私は天邪鬼な性格なので本気で来年のドラフト1位狙いに来てるんだなと邪推します。



今週は主力の怪我が多かったため、その穴埋め補強が多かった。
セインツは毎週守備の選手を入れ替えている気がするが、、、まあちょっとづつ改善傾向にあるので
悪いことではないか。



チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions





以上の内容です。

  チーフス全勝をキープ
  地区首位チーム達の今週

チーフス 5-0 42-34 テキサンズ 2-3

チーフスは安定した強さでしたね。
QBアレックス・スミスは今、全盛期なんじゃないんですかね??
例年はタイミングパス多様、正直あまり楽しくはない攻撃でしたが
今年はバリエーションが豊富です。
特に今年は、ショベルパスを多様してますね。ロングパスも結構使っています。
それでいてパス精度は変わらないというよりキャリアハイというか、NFL記録になるレベルの76.6%のパス成功率です。
今年はドラフト1巡でQBマホームズを取ったので、スミスとは今年で最後かと言われていましたが、無理でしょうねwwwwwwチーフス本当に負ける感じしませんね。

ただテキサンズもルーキーQBワトソンの好調さをアピールしてました。
5TDパスをあげ、1ポゼ差まで追いついたのはガベージタイムだったとはいえ評価できます。
試合を経てレシーバーとのコンビネーションが良くなっていってるのがわかります。今後も楽しみなQBです。


他の主な地区首位チームの結果は↓

カーディナルス 2-3 7-34 イーグルス 4-1
パンサーズ 4-1 27-24 ライオンズ 3-2
パッカーズ 4-1 35-31 カウボーイズ 2-3
ジャガーズ 3-2 30-9 スティーラーズ 3-2
シーホークス 3-2 16-10 ラムズ 3-2

イーグルスは QBウェンツの4TDパスで快勝
WRアゴラーとの相性抜群ですね。今季のウェンツはロングパスの精度も良く、ラン攻撃もRBブラントが力強いランを決めており、攻撃が好調です。



パンサーズは、QBニュートンが355y 3TDと爆発、最後ライオンズが猛追したが逃げ切った。
今週は女性記者軽視事件などもあり
女性軽視の発言で総批判を浴びるパンサーズQBニュートン | NFL JAPAN.COM女性軽視の発言で総批判を浴びるパンサーズQBニュートン | NFL JAPAN.COM 
おそらく気分乗ってないだろうなと思いましたが、それとプレイは別だと言わんばかりの活躍でした。今シーズン一番の出来でしたね。ポケットパサーニュートンには未だ違和感がありますが、開幕ダッシュに成功ですね。



パッカーズは、シーソーゲームを試合時間残り11秒 逆転TDで劇的勝利
最後に先週イリーガルヒットを受けて1週で戻ってきたWRアダムスが決めたのが印象的でしたね。
RBモンゴメリーが欠場で、ルーキーRB アーロン・ジョーンズが先発でしたが、素晴らしい活躍でしたね。
カウボーイズも2週連続で接戦で負けましたが、状態は悪くありません。どちらも勝っておかしくない内容でした。負け越していますが、そこまで気にしなくても大丈夫だと思います。普通に強かったし。



ジャガーズが相手QBロスリスバーガーから5INT奪取圧倒的守備力で圧勝
今年のジャガーズの勝ち方はすごいですね。でもその次の週は先週のはなんだったんだを繰り返していますがwwwww
で、QBボートルズなんですが、8/14 95y 1INTという内容でした。これで30点入るとかおかしいんですがねwwwww
ただ
week5-24
これには敵いませんがね。(2011年 week10)さすが神の子ですよ。
スティーラーズファンのこの一言はうまかったです。



NFC西首位攻防はシーホークスが接戦を逃げ切りました。
QBウィルソンは相変わらずのプレッシャーを受けながらも、なんとか交わしながらパスを投げています。ウィルソンじゃなかったら、だいたい潰れてるんじゃないかと・・・ほんとよく頑張ってます。
ラムズのゴフはそこまで悪くなかったんですが、今回はシーホークス守備が上回ったなと。



  今週の記録

ARI WR ラリー・フィッツジェラルド
200試合連続レシーブ達成

試合には負けてしまいましたが、大記録ですね。
コルブやらスケルトンやらリンドリーやら、あの酷いQB達からでもしっかりパスを受け取れてたということになります。
これを考えると本当にすごいレシーバーです。未だエースレシーバーとして健在してる状況ですので、更に記録が伸びるでしょう。



IND K アダム・ヴィナティエリ
フィールドゴール成功数、歴代単独2位に

week5-21

むしろまだ2位なんだと。1位の方申し訳ないんですが、古い選手に疎くてわかりませんが。ヴィナティエリより上なんですから、ものすごい選手ですよね。
現在現役最年長の44歳。今年の開幕戦でFG外したときは、とうとう衰えてしまったか???と思われましたが、その後は失敗なくこの記録を達成しました。
この記録はオーバータイムで51yサヨナラFGで決めました
ほんと44歳なんですよね???すごいとしか言えません。


  今週のルーキー


HOU QB デショーン・ワトソン

 パス 16/31 261y 5TD レーティング119.8
 ラン 31y
JAC RB レオナード・フォーネット
 ラン 181y 2TD 
GB RB アーロン・ジョーンズ
 ラン 125y 1TD
KC RB カリーム・ハント
 ラン 107y

IND RB マーロン・マック
 ラン 91y 1TD
CLE TE デビッド・ヌジョクー
 レシーブ 3回 48y 1TD
CLE EDGE マイルズ・ギャレット
 2サック
NYJ S マーカス・メイ
 1INT


今週はフォーネットですね。最後の90yTDはおまけみたいなものですが、じわじわといたぶるランを続けていました。パスに頼ると自滅しかねないので、このじわじわ進むランが大事なんですよね。
今回28回のボールキャリーでした、もう少し負担を減らしてあげたいところです。

ハントは前半テキサンズ守備に封殺というか、ハントだけはキャリーさせないという布陣で望んでいたので、厳しかったですが、それでも最終的に100y突破してるのは本当にすごいことです。

試合結果でも触れた、ワトソン ジョーンズなどもすばらしい活躍でした。

ブラウンズのドラフト1巡目1位EDGEマイルズ・ギャレットは初出場初スナップでサックを記録シました。いきなりのビッグプレイで力を見せつけましたが、チームは泥沼の5連敗。
レシーバー不足でPSから昇格しまくっている現状で、デショーン・カイザーはWeek2の偏頭痛事件があって以来、どうも別人になってしまったように感じます。フェイバリットレシーバーのコールマンの怪我人リスト入りが響いているとは言え、低調すぎる成績で、今週は後半からホーガンに交代。そのホーガンが結果を出した今、少々ベンチから勉強するのがいいかなと思います。

ベアーズのドラフト1巡目2位QBミッチ・トルビスキーも初先発でしたが、試合は負け。1TDを記録するも、まだまだ成長過程であるという印象でしたね。とりあえず見守っていきましょう。


PFFのweek5のルーキーの評価は↓
DALのCBジョーダン・ルイスは確かにいい守備してたなぁと思いました。
ワトソンが初めてランクインしましたね。



  怪我人多発!

試合中の怪我が今週多かったです。
確認できてる一覧です
チーム ポジション 名前 評価 負傷箇所
BAL RB テランス・ウェスト A- ふくらはぎ
DET DL ハロディ・ナタ A-
MIA WR デバンテ・パーカー B+ 足首
GB CB ケビン・キング R 脳震盪
PHI T レーン・ジョンソン
脳震盪





CIN CB ドリ・カークパトリック B
CIN WR タイラー・ボイド B-





HOU DL J.J.・ワット SS
HOU EDGE ホイットニー・マーシラス A+ 胸椎





KC WR アルバート・ウィルソン C+ 足首
KC WR クリス・コンリー B- アキレス腱
KC TE トラビス・ケルシー SS 脳震盪





NYG RB オーリンズ・ダークワ C ふくらはぎ
NYG WR オデル・ベッカムJr. SS 足首
NYG WR ブランドン・マーシャル A+ 足首
NYG WR スターリング・シェパード B 足首
NYG WR ドゥエイン・ハリス C+ 足首
色付きは怪我人リスト入りです。

何と言ってもジャイアンツのレシーバーがほぼ全滅してしまったことですね。
ベッカム マーシャル リターナーとしても出場してるハリスが怪我人リスト入りとなってしまいました。
今週の試合終盤はWR一人しか残っていなかったという惨状だったらしいです。
緊急補強をしなければならない状況です。チームも開幕5連敗。散々な状況ですね・・・・


そしてテキサンズですね。
ワット左脛骨プラトー骨折とかいうイマイチ聞いたこと無いところを骨折、とにかく膝のところです。
マーシラスが胸椎裂傷のため、二人共怪我人リスト入りになってしまいました。
ワットはこれで2年連続長期休養となってしまった。強力なパスラッシャーを2枚失ったのは痛いところです。


チーフスも、コンリーがアキレス腱断裂で怪我人リスト入り。今シーズンは先発レシーバーとして活躍してただけあって、本人にとって悔しい怪我となってしまいました。



あと今週先発QBの怪我で
OAK QB デレク・カー A+ QB EJ・マニュエル C
TEN QB マーカス・マリオタ B+ QB マット・キャッセル C
と先発が変わった2チームですが、低調で残念な結果となってしまいました。
カー マリオタ 早く戻ってきてくれ!と言いたくなる出来でしたね・・・・・
共に来週はクエッショナブル登録になるようです。試合に出る可能性は有るようです。


  今週のMVP

AFC
 攻撃  LAC RB メルビン・ゴードン
 守備  JAC LB テルビン・スミス
 SP  IND K アダム・ヴィナティエリ

NFC
 攻撃  GB QB アーロン・ロジャース
 守備  SEA S アール・トーマス
 SP  PHI RB(PR) ケニオン・バーナー


Aaron Rodgers, Earl Thomas among Players of Week - NFL.comAaron Rodgers, Earl Thomas among Players of Week - NFL.com 

NFCの攻撃はウェンツかなと思ったんですがね。次点でニュートンかなと。ラスト1分で逆転ドライブを成功させた印象も強かったんでしょうね。

PHIのパントリターナー バーナーはパントリターンで76yのビッグゲインを上げ受賞しました。


  ついでなんで、サースデイナイトの展望

week6-02

1敗地区首位同士の対決

イーグルスは、1試合平均得点27.4の6位と好調。パスとランのバランスが良い。QBウェンツのパス、RBブラントのランどちらも対応するのは難しい。レシーバーも豊富で、ロングターゲットタイプの補強を個人的に疑問視していたが、上手く使いこなしている。ごめんなさい。
守備はパス守備に少々不安を抱えるが、平均失点19.8の13位と無難な成績ラン守備が62.8の2位と好成績である。
怪我人情報
 T レーン・ジョンソン
 CB ロナルド・ダービー
 
が欠場
 RB ウェンデル・スモールウッド
 DL フレッチャー・コックス
 DL ボウ・アレン
 DL デスティニー・ヴァエオ
 EDGE クリス・ロング
 S ジェイレン・ワトキンス がクエッショナブル
パンサーズは、開幕当初は攻撃大丈夫かなと思っていましたが、ここ2試合で33点・27点と得点力が上がってきた。QBニュートンのラン攻撃をたま~~には出しているけど、ほぼなくなってポケットバサーに転身してるが、まだなんか見慣れない姿だなぁと感じますね。
守備は相変わらず安定。今年はDB陣が安定しパス守備は問題なくなった。昨年はシーズン序盤パス守備ボロボロでしたからね。守備のチームが帰ってきたと言っていいでしょう。平均失点は18.8の9位です。
怪我人情報
 C ライアン・カリル
 S カート・コールマン
 が欠場

week6-03
(クリックしたら大きく表示されます)

イーグルスの攻撃vsパンサーズの守備が注目の試合。好勝負を期待したい。安定感のイーグルス 上向きのパンサーズ。難しいですねぇ。個人的にはイーグルスを推したいです。



怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries




今週からバイウィークが始まりました。とは言ってもweek1にバイウィークが来てしまったチームもあるわけですが。
今週のお休みはブロンコス レッドスキンズ ファルコンズ セインツです。
(チーム押したら展望に飛ぶようにしてみました)
以上5試合の放送があります。
休みなので頑張って午前2時に起きて生で見たいですね。

  10月9日 サンデーゲームの展望

week5-04

調子が上がってきたスティーラーズに 何を起こすかわからないジャガーズが挑む

ジャガーズは、先週ジェッツにOTの末敗れた。ボートルズが15/35じゃ流石に自滅と言ってもいい内容だったかなと。正直ボートルズへの対策は素人的に見ても、パスの低さにあると思う。どれだけディフレクトされまくってるんだと。明らかに狙われてますよねこれ。正直ボートルズ以外は何の問題はないというより、すごくいいので、ほんとボートルズ次第です。
怪我人情報
 WR マーキス・リー
 WR ジェイレン・ストロング
 C ブランドン・リンダー 
がクエッショナブル
スティーラーズは、やっとRBベルが爆発した。同地区レイブンズに完勝し、本調子に近づいている。相手のジャガーズのCBラムジー・ボウイエーが強いので、この試合はラン中心で行きたいだろう。
守備は先週のMVP DLヘイワードを中心に相手のルーキーRBフォーネットを封殺したい。1試合平均失点14.8点でNFL2位ではあるが、今まで当たったチームの攻撃力があまりいいチームとはいえなかったので、油断は禁物。
怪我人情報
 T マーカス・ギルバート がダウトフル
 WR マータビス・ブライアント がクエッショナブル
week5-11
(クリックしたら大きく表示されます)

ボートルズさえ無難にやれば、面白い勝負になると思う。とはいえ本調子に近づきつつあるスティーラーズ相手だしなぁ。でも今週も波乱が見たいのでジャガーズ勝利と予想します。






week5-05

怪我人だらけのレイブンズ カーが怪我したレイダース

レイブンズは、怪我人だらけとは言え、攻撃が上手く行かなすぎである。現在1試合平均得点15.0で30位。パスもランも悪い。やはりQBフラッコは誰か精神的支柱がいないと何もできないQBだなぁと、厳しい評価をせざるを得ません。守備は比較的頑張っているなぁと思います、特にパス守備はパスラッシュもできるし、CBジミー・スミスが安定したカバーをしています。
怪我人情報
 TE マックス・ウィリアムズ
 DL ブランドン・ウィリアムス
 
が欠場
 WR ジェレミー・マクリン
 TE ベンジャミン・ワトソン
 CB ジミー・スミス
 S ラーダリウス・ウェブ がクエッショナブル
レイダースは、カー負傷で、EJ・マニュエルが先発します。クエッショナブル登録になってるけど、2~6週は休むはずだよね?
Small chance Derek Carr plays for Raiders on Sunday - NFL.comSmall chance Derek Carr plays for Raiders on Sunday - NFL.com 
本家でもクレイジーって言われてますよwwwwここで無理させてどうするんだよと。出ないと思います。
マニュエルは見た目はモバイルかなと思われますが、ポケットパサーで、パス精度は残念なQBという印象です。先週途中出場しましたが、やはり印象はさほど変わりませんでしたね。カーが戻ってくるまでに耐えられるかが心配になります。カーのパス攻撃を重視した攻撃を今からリンチ頼りに変えるなどの対策を考えたい。あとWRパターソンのエンドアラウンドなんてのもいいかもしれないですね。
怪我人情報
 QB デレク・カー
 RB デアントレ・ワシントン
 G ゲイブ・ジャクソン
 CB デビッド・アマーソン
 CB ガレオン・コンリー がクエッショナブル
week5-12
(クリックしたら大きく表示されます)

なんかマイナス要素ばかり出てきてしまう2チームの対戦ですが、このレイダースにもレイブンズは勝てないような気がします。レイダース勝利と予想します。






week5-06

昨年のディビジョナルプレイオフの再戦

パッカーズは、ベアーズ相手に完勝。ただ試合中RBモンゴメリーの怪我があり、いまいちわからない下位指名ルーキーRBを使う状態である。まあパス攻撃だけで十分なんとかできる。というかRBモンゴメリーをエースにするという時点でランにそこまで期待はしてなかっただろうけどwwwww
先週イリーガルヒットを食らって運ばれたWRアダムスは、脳震盪でしたが、検査をクリアしクエッショナブルとなっています。とりあえずほっとしましたね。あの当たりは怖かったです。
守備はパス守備が5位となっている。DB陣がというより、パスラッシュが良いイメージがある。
怪我人情報
 LB ジョー・トーマス が欠場
 RB タイ・モンゴメリー がダウトフル
 WR ダバンテ・アダムス
 T ブライアン・ブラガ
 T デビット・バクティアリ
 DL マイク・ダニエルス 
 EDGE アーマード・ブルックス
 CB クインティン・ロリンズ
 CB デボン・ハウス  がクエッショナブル
カウボーイズは、ラムズに殴り合いで負けてしまった。いい試合でしたので、そこまで悲観する内容ではなかったと思います。ブロンコス戦の攻撃を封殺されたところからまだ脱せれてないなぁとも感じますが。QBプレスコットがプレッシャーを受けることが多くなりましたね。昨年の落ち着いたプレイが減った気がします。昨年のOLよりもやはり弱くなったんだなぁと、昨年のOL硬すぎでしたからね。
守備に関しては1試合平均失点24.2の25位ですが、開幕前の印象から比べると意外といいんじゃないかなと思います。EDGEデマーカス・ローレンスが9月の月間MVPを取りましたしね。パスラッシュが意外と強烈です。
怪我人情報
 G ラエル・コリンズ
 T タイロン・スミス
 DL スティーブン・パエア
 LB ショーン・リー
 CB ノーラン・キャロル
 CB アンソニー・ブラウン
 がクエッショナブル

week5-13
(クリックしたら大きく表示されます)

現状としてはパッカーズ有利だろうと思いますが、ここで昨シーズンの雪辱を晴らしてほしいです、そしてモヤモヤした状態を脱却してほしいという願いも込めて、カウボーイズ勝利と予想します。






week5-07

全勝のチーフスに、先週大爆発したテキサンズが挑む

チーフスは、現在唯一の負け無しチームです。今年は攻撃が調子良く、1試合平均得点30.5の2位。乗りに乗ってますね。QBスミスはいつもの自滅だけはしない上に、ショベルパスを多様しいろんな攻撃を見せています。こんなに起用な選手だったんだなと、ベテランなのに年々成長してる気がします。もちろんランはRBハントの大活躍、レシーバーはWRヒル TEケルシーも安定しています。
守備はSベリーという支柱を失ったものの、タレントは揃っており安定しています。ここ数試合EDGEフォードの欠場は気になりますが、十分穴は埋められています。
怪我人情報
 C ミッチ・モース
 G ローレント・デュバネイターディフ
 EDGE ディー・フォード
 が欠場
テキサンズは、先週のタイタンズ戦で54得点を取るという大爆発ルーキーQBワトソンが1試合づつ成長して行ってます。先週の流れのまま突き進みたいですね。ランが139.8の5位です。ミラーのランもありますが、ワトソンのスクランブルがよく効いています。現在2TDランを上げています。
守備は、パスラッシュは悪くないんですが、他が少々物足りないですね。正直数字としては悪くないんですが、昨年の出来と比べちゃうともっと出来ないかなぁと欲が出てしまいます。
怪我人情報
 LB ベン・ヒーニー
 CB ケヴィン・ジョンソン
 が欠場
 C グレッグ・マンチュ がクエッショナブル

week5-14
(クリックしたら大きく表示されます)

テキサンズには勢いのまま全勝チームをぶっ潰してほしいとは思いますが、やはり今年のチーフスの安定感は本物です。チーフス勝利と予想します。




  10月10日 マンデーナイトゲームの展望

week5-08

同地区対決 QBの怪我で悩むバイキングス 注目のルーキーQB初戦のベアーズ

バイキングスは、まずブラッドフォードが出るかまだ決まっていません。
Sam Bradford (knee) questionable to play vs. Bears - NFL.comSam Bradford (knee) questionable to play vs. Bears - NFL.com 
キーナムも波が激しいですが、意外とレシーバーと合ってる気がするので無理させないかなとも。
RBクックのシーズンエンドが本当に痛いです。先発はマッキノンになるようですが、マレーどうしたんですかね?もっと使われると思ってたんですがね。
守備は相変わらずパスラッシュが強力です、ラン守備も71.2yで3位。攻撃の自滅を避けて守備ゲームにしたいですね。CBローズ側はまったく投げてこないので、ウェインズが毎試合目立っています。なにやってんだ!というやらかしをした後に、ビッグプレイをして帳消しにする選手で楽しいです。ある意味注目の選手です、ミネソタの26番。
怪我人情報
 QB サム・ブラッドフォード がクエッショナブル
ベアーズは、とうとう来ました、今年の1巡目2位指名QB ミッチ・トルビスキーが先発です。
ベアーズ、新人QBトゥルビスキーがいよいよ先発出場へ | NFL JAPAN.COMベアーズ、新人QBトゥルビスキーがいよいよ先発出場へ | NFL JAPAN.COM 
プレシーズンの成績は4試合で 36/53 67.9% 3TD レーティング106.2でした。
ただセカンドチームでの出場が多く、一度先発しましたが、その試合ではまだまだかなという印象で開幕先発となりませんでした。しかしQBグレノンが攻撃を牽引出来ているとは言えず、ここで交代となりました。マンデーナイトということで全米放送でのデビュー、ここで活躍し一気に注目度を上げたいところですね。楽しみです。
グレノンは不調でしたが、ラン攻撃は好調で、RBハワード、ルーキーのコーエンのコンビで強敵スティーラーズに勝利をあげています。ここだけは止めなければいけません。
守備は。。。ごめんなさいあんまり印象残ってません。1試合平均失点は26.0の27位ですが。喪失ヤードは306.2の9位ということで、攻撃が悪い位置でパントしてるとかなんですかね?まあいいとは言えないですが。
怪我人情報
 EDGE ウィリー・ヤング
 LB ニック・クウィアットコスキー
 がダウトフル
 C フロニス・グラス がクエッショナブル

week5-15
(クリックしたら大きく表示されます)

難しい試合ですね、どう転んでも納得できそうな感じです。
個人的にはキーナムに頑張って欲しいかなと思うんですよね。でもトルビスキーも頑張って欲しいし。今年のベアーズは戦力の割に本当に頑張っていい試合してますし。
よし、引き分けにしようじゃないか。絶対当たらないなwwwwてか予想で引き分けは見た覚えがない気がするwwwwwwwww



怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries



最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
なんか毎週ジャガーズの予想に難癖をつけて、それが当たってるような気がします。
今週はすでに予想していますが、PFFの予想は9-0でスティーラーズらしいです。逆ですねwwww
まあこの予想見て決めたんですがねwwwジャガーズに関しては逆張りしたほうが当たってますし。

今週はチャージャースvsジャイアンツの全敗対決もありますね。どっち勝つか微妙なラインの試合ですね。
ブラウンズは死闘の4連戦3戦目のジェッツです。ジェッツは現在2連勝です。どう考えても相手が調子良いですし、こちらは攻撃がボロボロ。正直ブラウンズ勝ちにあげてる人は何の要素で上げてるのか不思議に思います。ジェッツが自滅しまくるしか勝利が見えないんですが。。。
ちなみに1巡目1位 EDGE マイルズ・ギャレッドがとうとう出場するらしいです。現状攻撃で打開が見えないので、守備でなんとかしてほしいです。




怪我人 出場停止から

20171007-1


怪我人リストの詳細

MIN RB デビン・クック
 ACL断裂の為、シーズン全休が決まった。
SEA RB クリス・ケイソン
 
足首の骨折 プレイオフ前に戻れる可能性
ARI G マイク・アイウパティ
 
肘の手術で全休が決定、サラリーキャップ的に放出の可能性も。
NO T ザック・ストリフ
 右膝の負傷 おそらく全休と思われます。
ARI EDGE マークス・ゴールデン
 ACL断裂の為、シーズン全休が決まった。
ATL EDGE ジャック・クローフォード
 
上腕二頭筋断裂の為、シーズン全休が決まった。
CAR EDGE デショーン・ホール
 膝の負傷 おそらく全休となる模様
NO LB アレックス・アンザローネ
 
肩の負傷 2度手術を行った古傷の模様 全休となるようです。
BUF S コルト・アンダーソン
 負傷箇所不明

rotoworldのリストを参考に書きました。
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/

TBのRBマーティンはすでにサースデイナイトで復活を遂げています。
WASのEDGEマーフィーは出場停止は解けましたが怪我人リストに入っています。

CHI LB ダニー・トレバサン 危険なタックルにより1試合出場停止

先週のサースデイナイト パッカーズvsベアーズ戦で、相手WRデバンテ・アダムスに対する危険なタックルにより処分を受けました。
最初は2試合でしたが、1試合に軽減されました。
プレイが止まってないからといっても、あの角度で頭から当たりに行ってるのは危険です。フラストレーションが溜まってやってしまったと解釈されて当然なプレイですね。

相手のデバンテ・アダムスですが、どうやら大事はいたらず、今週は脳震盪でクエッショナブルとなっています。本当にこれだけはよかったですね。


契約状況

20171007-2

LAC ルーキーKク・ヨンホを解雇し、ノバクを補強
1試合猶予をもらいましたが、起死回生のチャンスは来ず、韓国人キッカーの挑戦はここで終わりのようです。獲得したのは2014年まで所属していたノバクを補強。昨年まではテキサンズでキッカーを務めていましたが、今年は所属なしの状態でした。古巣に戻ったベテランが再起をかけることになります。


CAR S ジャイラス・バードを補強
コールマンが怪我人リスト入りしたための補充で獲得した。
過去3回のプロボウルの実績があってもなかなか契約が決まらなかった。おそらくラストチャンスになるだろう。
存在感を出せるか、現在地区首位のチームに貢献できるか注目ですね。
といって、すぐ解雇なんてことにならないことを祈ります。




チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions





10/6更新分 ↓ 

たまにここのページ検索から来る人がいるので、現状の正確な情報を載せておきます。
dazn2017-08
こう載っていますが
  • サースデイナイトゲーム(金曜朝)実況・解説あり
  • サンデーアーリーゲーム・レイトゲーム(月曜深夜~早朝)から3試合
  • REDZONE(同時間帯ゲームのザッピング放送)(月曜深夜~早朝)※見逃しなし
  • サンデーナイトゲーム(月曜朝)実況・解説あり
  • マンデーナイトゲーム(火曜朝)実況・解説あり
週6試合放送です。その中で実況・解説ありは3試合となっています。
昨年は全試合実況・解説ありでしたが、今年からはこういう形態になったようです。

現在WEEK4まで終わりましたが、実況もだいたいローテーションが決まっているようです。
サースデイナイト 実況:上野智広 
サンデーナイト 実況:原大悟 
マンデーナイト 実況:有馬隼人
となっています。原さんが昨年から急成長を遂げ、今シーズンは現状実況は満足できる状態です。

解説は現在登場してるのは4名
井上友綱 
生沢浩 
大出洋之
波木健太郎
昨年のメンバーに波木さんが増えた。解説も問題ないメンバーです。とても聞きやすいです。

見逃し配信は昨年と同様3日間
REDZONEはライブ配信のみです


あと
dazn000

というその週の振り返り番組(1時間)がありました。全編英語で翻訳もなしですが
まあ英語わからなくてもなんとなくこんなことで盛り上がってるんやろなってのはわかります。
ちなみに、解説はディオン・サンダースとラディニアン・トムリンソンです。

あと、何故かweek2の2試合がGAMEPASSのプレイのみの動画(コンデンス)と同じ物が配信されたままの状態です。
dazn001
なんでこの状態のままで残ってるのかは謎です。
通常ではプレイのみの動画(コンデンス)はありません。
これ全配信試合でやってくれたら、いいんだけどGAMEPASSの価値下がるのでないでしょうねぇ。

個人的にはコスパ的には満足ですね。昨年のようなずっと読み込みとかはなくなりましたしね。




8/25更新分 ↓ 

やっとこさ今年NFL配信の予定が発表されていました。

dazn2017-08

https://my.dazn.com/help/JP-ja/about-the-video-of-dazn

ということでおそらく昨年と変わらない模様ですね。
サースデイナイトゲーム サンデーゲーム3試合 マンデーナイトゲーム
基本的に時間帯が被らない試合を1試合づつお届けする感じだと思われます。

昨年はロンドンゲームやら、感謝祭ゲームも全試合放送されており、その週は5試合以上になることもありました。あったらラッキー的な感じで待っておきましょう。
ただし昨年のWeek17は時間帯のかぶららない3試合のみの放送になっていました。注意しておきましょう。

昨年は見逃し配信が3日間で、レッドゾーンはライブ配信のみという状態でした。
これについて今年はどうなの?と昨日カスタマーに質問してみましたが。

お問合せの件でございますが、NFlに関しましては配信に関する詳細はシーズン開幕に向けて明らかになります。 
恐れ入りますが、シーズン開幕までお待ちください。 
とりあえず開幕まで待てやという回答でした。
カスタマーの回答返ってくるのは早いけど、なんか本部とカスタマーがつながってない感は昨年と一緒な感じはしますね。なんか結局開けてみるまでわからないのは昨年と一緒のようです。

ちなみにプレシーズンの見逃しは3日間でした。変わらないのかなぁ・・・

 昨年の実況解説

実況
・良かった
上野智広 
中山正敏 
・概ね良かった
坂信一郎 
柴崎啓志 
・。。。。。
染谷恵二
原大悟 
市川勝也 
・1回だけ登場で判断できない
熊谷龍一 
矢野吉彦 
中田浩光 

解説
・良かった
井上友綱 
村田斉潔
生沢浩 
大出洋之
・声張ってほしいけど悪くない
鈴木栄一 
・うーん・・・
永塚和志 
木下典明

基準は個人的判断なのでご参考程度に

で今年は
今年から有馬さんも実況に加わるのは楽しみですね。
正直NFLの実況陣は経験不足な人もいるので、これはありがたいですね。


正直実況ないほうがいいなと思う部分もあるかと思われますが
実況・解説が無いと基本新規で見に来る人はあまり居ない。せっかくの新規ファンが増えるチャンスでもあるので、そのへんは我慢ですね。

 基本PCで鑑賞する方へ

ブラウザはEDGEをお勧めします
というかそれ意外のブラウザでは見逃しのときにちょっと飛ばすなどすると、読み込みが長くなることがおおいです。
EDGEだとそれが少なく、スムーズに見れます。たまたまうちの環境がそうなだけかもしれませんが
なんかおかしいと思ったらまずブラウザを変えて見てみることをお勧めします。

fireTVは使ったこと無いのでわかりません。


貧乏人なので今年もDAZNでお世話になろうと思います。
NFL関係ないですが、日曜のメイウェザーvsマクレガーは楽しみですね。凡戦の可能性もかなり高そうですが。。。




という内容です。

  強いビルズとラムズ
  全勝はチーフスのみ

ビルズ 3-1 23-17 ファルコンズ 3-1
ラムズ 3-1 35-30 カウボーイズ 2-2
レッドスキンズ 2-2 20-29 チーフス 4-0

チーフスは調子の良かったレッドスキンズ相手に、序盤苦戦しながらも最終的に勝ち越し勝利。
Kカイロ・サントスがIR入りし、パンサーズの練習生ルーキー ハリソン・バトカーを緊急補強
46yのFGを外したが、試合終了8秒前に43yのFGを入れた。
今季代替K OAKのタベッキオ PHIのエリオットなどなぜか最後に試合の決まるFGの場面がきますね。それをしっかり決め名前を売っています。今回のバトカーも2選手に続けるか注目ですね。
今回のではまだまだでしょう。



ビルズは、ファルコンズ相手に守り勝った。フリオ・ジョーンズとサヌーを試合中の怪我で居なくなったのも大きかったとも言えるが、まだ4試合ではあるが、1試合平均失点13.5はNFL1位である
やはりルーキーCBトレデビオス・ホワイトの活躍が目覚ましいですね
この試合でもカバーしていたレシーバーを18yしか進ませませんでした。ファンブルリカバーTDもあげています。新人賞は攻撃はハントですが、守備はホワイトが独走状態ですね。
あと、やっぱりSマイカ・ハイドが良いですよ。いいところにいつも居る。もっと評価されていい選手だと試合を見て再認識しました。
この試合で2INT、ほんとナイスキャッチでしたね。

攻撃に関しては、自滅が今のところないですし、QBタイロッド・テイラーが、いままで居たウッズやワトキンスが居なくなり、そこに通さないといけないという呪縛が解けた感じはします。
新しく補強したWRとの連携はまだまだですが、TEクレイとのホットラインは維持できてますので、今後も守備に期待し、攻撃は無理しないようにできればいいのではと思います。

あと補強したKスティーブン・ハウシュカ復活が大きいですね。ここ2試合で50yのFGを4本決めています。去年のブロックされまくったキックは消え、素晴らしい活躍を見せています。攻撃が決め手を欠く中このキックは本当に勝利を呼び込みました。

開幕前は今年は捨てた。と言ってしまいまして申し訳ございませんでした
2017開幕前 ビルズ戦力分析 : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017開幕前 ビルズ戦力分析 : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 




ラムズは、カウボーイズとの打ち合いを制した。今年4試合の平均得点が35.5とNFL1位である。
昨年とまったく違う攻撃力となっている。

上記のビルズが放出した、WRサミー・ワトキンス ロバート・ウッズを獲得
ドラフトで、クーパー・カップ TEジェラルド・エバレットを獲得し、レシーバーが充実したのが大きい。

そして一番はQBジャレッド・ゴフの成長である。
week4-24

week4-25
これは先週のサースデイナイトでの放送での去年のゴフとの比較ですが
スローのスピードが格段に上がった、それはスムーズなスローフォームになったからであるという。
ほんとわかりすく成長したなぁと。
現在 パス成功率66.7% 1072y 7TD 1INT レーティング112.2 と素晴らしい成績です。
ゴフがこんな成長するとはおもわなかったなぁ。。。。

あとT アンドリュー・ウィットワースの補強が大きかったですね。現在サックが4つに留まっています。去年まで居たベンガルズのプロテクションがボロボロというのが、大きさを物語っていますね。

守備ですが、DCウェイド・フィリップスのパスラッシュ重視がちょっと裏目に出ている感はありますね。現在失点26.2点でNFL28位 ランディフェンスが151.5yで30位となっています。
DT2人の今週の成績ですが、やはり強いですね。パスラッシュは好調です。

開幕前は、勝てるチーム探してみたけど、あるかなぁ。なんて言ってほんとうにすいませんでした。
2017開幕前 ラムズ戦力分析 : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017開幕前 ラムズ戦力分析 : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 

このビルズとラムズは新HCであることが共通点ですね。
開幕前の評価が一変させたこの2人のHC ビルズ:マクダーモット ラムズ:マクベイは今後も注目ですね。
2017新ヘッドコーチ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017新ヘッドコーチ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 


ついでですが、Week4の現在の地区首位はこちら
開幕前にこれを予想出来た人はいないでしょうね。シーズン序盤が波乱で楽しいですね。



  大爆発ワトソン 今週のルーキー

HOU QB デショーン・ワトソン
 283y 25/34 パス成功率73.5% 4TD 1INT レーティング125.0
 ラン 4回 24y 1TD


すごかったですね。なんか1週ごとに成長していっている感じがしますね。最初登場した時は大丈夫なのかな?ランはすごいけどという印象だったのが、今は落ち着いてパスを放おっています。

プレイヤーハイライトを見た感じ、タイタンズの守備は必ず一人QBワトソンのスクランブル対策(コンテイン)をしていたため、パスラッシュとパスカバーが一人分ゆるくなってしまったというのも今回の好成績に繋がったのではないかなと。
ほんとこの数週間でここまで変わる選手も珍しいかなと、先週のペイトリオッツ戦で自信がついたんでしょうかね?今後も期待できそうです。


KC RB カリーム・ハント
 ラン 101y
 レシーブ 4回 20y

NYJ RB イライジャ・マグワイア
 ラン 93y 1TD
 レシーブ 2回 38y
ドラフト6巡 188位指名選手です。

JAC RB レオナード・フォーネット
 ラン 86y
 レシーブ 4回 59y 1TD
NO RB アルビン・カマラ
 ラン 25y
 レシーブ 10回 71y 1TD
TB TE OJ・ハワード
 レシーブ 2回 63y 1TD
NYG TE エバン・エングラム
 レシーブ 6回 62y

今週もハントは100yラン達成してますね、ほんと怪我なく行ってほしいですね。


PFFのweek3のルーキーの評価は↓
ハントとホワイトが毎週トップ争いですね。



  痛いOAKカー TENマリオタ 負傷
  他負傷情報

OAK QB デレク・カー 横突起骨折
このプレイで骨折したとのことで、2~6週間欠場となった。
代役はEJ・マニュエルとなる模様です。カー不在をどう乗り切るかは本当に重要です。
チーフスが開幕ダッシュ、ブロンコスも好調の現在、ここで立ち止まっては引き離される一方になってしまいます。カーじゃないと成り立たない攻撃な気がするので心配ですね。

TEN QB マーカス・マリオタ ハムストリング負傷

このプレイでハムストリングを痛めてしまった。現状今週出られるかどうかというレベルらしいが
試合に出るとしてもランプレイは制限されることだろう。
代役はマット・キャッセルだが、先日ブランドン・ウィーデンも補強した。
タイタンズのファンブログですが

TITANS SACK MANIA 2017 Week4 VS HOU レビューTITANS SACK MANIA 2017 Week4 VS HOU レビュー 
キャッセルに対する気持ちはよくわかります。知り合いのバイキングスファンも同じようなこと言ってました。
無理はしてほしくないですが、キャッセルで我慢しなければいけないのかというジレンマも。
でもですね3~4試合に1回爆発することがありますので、それにかけましょう。


MIN RB デビン・クック ACL断裂
ここまで素晴らしい活躍を見せていたルーキーRBですが、悲しい結果になってしまいました。
今シーズンは全休です。
力強いランが持ち味で、開幕からバイキングスの攻撃を牽引していましたが、残念です。
個人的にもファンタジーで使っていたので、これからどうしようと・・・・
しかし、補強したラータビス・マレーが使われないのはなんでなんですかね?今こそ出てこないと行けない選手ではないでしょうかね?


SEA RB クリス・ケイソン 足首骨折
映像はちょっと痛々しすぎたので、載せるのやめておきます。
こちらもルーキーとして3試合先発出場をしていたRBでした。
ドラフト外から頑張っていた選手だったので、残念な怪我となってしまいました。
怪我人リスト入りしたが、プレイオフくらいに戻ってこれる可能性もあるらしい。
プレイオフに出られればということでもありますが・・・



  週間MVP

AFC
 攻撃 HOU QB デショーン・ワトソン
 守備 PIT DL キャメロン・ヘイワード
 SP BUF K スティーブン・ハウシュカ

NFC
 攻撃 LAR RB トッド・ガーリー
 守備 CAR EDGE ジュリアス・ペパーズ
 SP LAR K グレッグ・ズーライン
 
Deshaun Watson, Todd Gurley among Players of Week - NFL.comDeshaun Watson, Todd Gurley among Players of Week - NFL.com 

ペパーズは37歳ですが、ペイトリオッツ戦で2.0サックを決め受賞しました。
通算でも4.0サックをあげています。好調パンサーズディフェンスの中でも元気です。

ハウシュカは上記でも書きましたが、今週も50y以上のFGを2本決め、2週連続受賞となりました。


  ついでなんで、明日のサースデイナイトを浅く展望

week5-02

ペイトリオッツは、まさかの2勝2敗というスタートとなっています。守備がとにかく崩壊していますね。1試合平均失点が32.0で31位のブービー パス守備が324yで最下位です。補強したCBギルモアの不調、EDGEニンコビッチの引退の穴が思いの外大きすぎたということが原因ですかね。攻撃に関しては負傷してたレシーバーが復帰してきたので大丈夫でしょう。
怪我人情報
 RB レックス・バークヘッド
 CB エリック・ロウ が欠場
 ST マシュー・スレイター
 TE ロブ・グロンコウスキー
 T マーカス・キャノン
 LB ドンタ・ハイタワー
 LB エランドン・ロバーツ
 CB スティーブン・ギルモア がクエッショナブル
バッカニアーズは、現在2勝1敗。攻撃は少々ラン攻撃に不安を抱えるが、今週から出場停止が解けたRBマーティンが復帰する予定だ。パス・ランのバランスのいい攻撃を期待したい。
守備はパス守備が315.7yで31位となっており、不安があるがCBグライムスが練習復帰しており、今週は出場できそうだ。
怪我人情報
 LB クォン・アレキサンダー が欠場
 LB ラボンテ・デビット
 S TJ・ウォード
 S キース・タンディ がクエッショナブル
week5-03
(クリックしたら大きく表示されます)

パス守備ブービーvs最下位の対決ということで、殴り合いが期待される。
殴り合いとなるとやはりペイトリオッツに分があるだろう。


怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries



このスタイル最後まで続ける自信はありませんが
とりあえず続けれるところまでやろうとは思います。
  • スティーラーズ(2-1)vsレイブンズ(2-1)
  • ビルズ(2-1)vsファルコンズ(3-0)
  • ジャイアンツ(0-3)vsバッカニアーズ(1-1)
  • コルツ(1-2)vsシーホークス(1-2)
  • レッドスキンズ(2-1)vsチーフス(3-0)
今週もロンドンゲームは放送なしになりました。
week4-02-2
こんなのあったようなきがするんですけどねぇ。いつのまにか消えていました。
g+で生放送があるようです。BSでも録画での放送される試合のようです。

 10月2日 サンデーゲームの展望

week4-03

同地区対決 ライバル対決
どちらも2勝1敗だが、調子がいいとは言いづらいチーム状況だ。

スティーラーズは、先週全敗だったベアーズに延長の末負けた。ラン攻撃に対応出来なかったのと、攻撃がまだ本調子ではないことが敗因だろう。WRブラウンだけはすごいんですが、QBロリ RBベルがなんとも煮え切らない感じです。そろそろ打破したいところです。
怪我人情報
 G ラモン・フォスター
 T マーカス・ギルバート
 LB ジェームス・ハリソン
 S マイケル・ミッチェル
 S ショーン・デヴィス がクエッショナブル
レイブンズは、先週ジャガーズに完敗。なにも出来なかったと言っていいだろう。なかなか自分のチームカラーを出すことが出来てないなぁと感じますね。守備に関しては昨年よりもいいかなと思えますが。GヤンダがIR入りしさらにOL弱体化したのが問題。QBフラッコが打開できる映像が見えない。
怪我人情報
 TE マックス・ウィリアムズ
 DL ブランドン・ウィリアムス が欠場
 TE ベンジャミン・ワトソン がクエッショナブル
week4-12
(クリックしたら大きく表示されます)

勝手な妄想だが、スティーラーズはおそらくブリッツ重視で来るだろう。その対策ができない限りレイブンズの勝ち目はないだろう。スティーラーズ優勢と見ます。




week4-04

開幕好調同士の対決

ビルズは、思いの外攻撃も守備もいい。QBテイラーのポケットワークが今年はレベルが一つあがったような気がする。とにかく自滅はしてないことが大事ですね。守備は全体的に良く、心配されていたCB陣はルーキーホワイトが大当たりで Sハイドも好調。しっかりとまとまっている。
怪我人情報
 T コーディ・グレン が欠場
 EDGE シャック・ローソン がクエッショナブル
ファルコンズは、好調をキープ、攻撃陣は昨年と変わりなくパス・ランバランスがいい。守備は期待したほどではないが、まだ未完成という感じですかね。試合を重ねるごとに成長を期待したい感じですね。EDGEビーズリー Sアレンが欠場ということで、結構不安ではありますね。
怪我人情報
 T ライアン・シュレーダー
 DL コートニー・アップショー
 EDGE ヴィッグ・ビーズリー
 S リカルド・アレン が欠場
week4-13
(クリックしたら大きく表示されます)

やはり攻撃力で圧倒するファルコンズ有利という感じですが、ビルズの守備が勝る可能性もないとは言えない。ここはビルズが勝つと予想してみます。10点台に抑えれば十分あると思います。





week4-05

未だに全敗ジャイアンツがいつ復活するか?バッカニアーズに挑む

ジャイアンツは、イーライがとにかく上がらない。いつもなら一回悪くなってもすぐ調子戻る感じでしたが、今年はまったく戻る気配を感じない。とうとう衰えかな?と感じざるを得ない。
昨年同様ラン攻撃は出ず、攻撃に関してはイーライが上がらない限り打開できないだろう。
守備はラン守備が上手く行ってない。まあ攻撃が単調なために守備の機会が増えてるのも影響しているが、1試合153yは流石に走られすぎではある。
怪我人情報
 EDGE オリビエ・バーノン
 LB ジョナサン・カシージャス がクエッショナブル
バッカニアーズは、1勝1敗。いい面と悪い面がはっきり出た両極端な試合だった。先週はパス守備が崩壊。CBグライムスがいないとこうなるんだなという試合だった。今週もグライムスはクエッショナブル。守備陣の怪我人の多いところが気になるところですね。守備に不安があることは明らかです。
怪我人情報
 LB クォン・アレキサンダー が欠場
 LB ラボンテ・デヴィット
 S TJ・ウォード がダウトフル
 DL ジェラルド・マッコイ
 EDGE ロバート・エイヤーズ
 EDGE ノア・スペンス
 CB ブレント・グライムズ がクエッショナブル

week4-14
(クリックしたら大きく表示されます)

先週の試合WRベッカムにはパス通ったんですよね。バッカニアーズの守備の不安もあるので、ここはジャイアンツ勝利と予想シておきます。





week4-06

一応底は抜けたコルツ 低空飛行のシーホークス
OLが不安すぎる2チームの対決

コルツは、ブラウンズ相手に全敗を回避した。ラックはWeek6に戻ってくるという話がでてきた。それまではブリセットが先発である。とりあえずポケットから逃げる能力は高い。先週2TDランを記録した。今回の相手シーホークスで同じプレイができれば本物だが、厳しいだろうと見る。
怪我人情報
 QB アンドリュー・ラック
 WR チェスター・ロジャース
 C ライアン・ケリー
 CB クインシー・ウィルソン
 が欠場
シーホークスは、こちらもOLの脆弱さでウィルソンがポケットから逃げながらなんとかしようとしてるが、なんともならない状況が続いている。ウィルソンが可哀想になってくるが本当によく頑張ってるなぁと、怪我しなければいいなと思います。守備は相変わらず凶悪なので、守備で打開したい。
怪我人情報
 RB CJ・プロサイス がダウトフル
 WR ダグ・ボールドウィン がクエッショナブル 
week4-15
(クリックしたら大きく表示されます)

どちらのQBも厳しい展開になるだろうが、より厳しくなりそうなのはコルツのほうかなと、ということでシーホークス勝利と予想します。



 10月3日 マンデーナイトゲームの展望

week4-07

強敵レイダースを完封したレッドスキンズ 全勝のチーフスに挑む

レッドスキンズは、サンデーナイトでレイダースに完勝。レイダースのあの攻撃を128yに抑えた。守備に不安があるチームだと思われていただけあって、驚きの結果であった。DB陣の集まりが良かったなと感じました。ノーマンだけじゃないという感じになってきましたね。攻撃もカズンズの調子が上がってきてます。RBトンプソンの活躍目覚ましいですね。
怪我人情報
 RB ロバート・ケリー
 WR ジェイミソン・クラウダー
 TE ジョーダン・リード
 LB メイソン・フォスター
 S DJ・スウェリンガー がクエッショナブル
チーフスは、安定した攻撃と守備で、一番安泰なチームと言っていいだろう。なんといってもRBハントの活躍。月刊MVPにも輝いた
チーフス新人RBカリーム・ハントが月間MVP受賞 | NFL JAPAN.COMチーフス新人RBカリーム・ハントが月間MVP受賞 | NFL JAPAN.COM 
QBスミスも好調で、らしくないロングパスもバンバン通している。連発してるショベルパスが狙い目かもしれないが、そう思わせる撒き餌なのかもしれない。
怪我人情報
 C ミッチ・モース
 EDGE ディー・フォード
 が欠場
 T エリック・フィッシャー がクエッショナブル
week4-16

(クリックしたら大きく表示されます)

レッドスキンズも十分戦えるのだが、今のチーフスには敵わないだろう。チーフス優勢です。




最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
今週はジャガーズ全員勝利と、また手のひら返ししてます。相手はジェッツですが、ジャガーズをそこまで信用していいのか?信用してないから先週みんなレイブンズにあげたんじゃとwwww
他ファルコンズ ペイトリオッツ カウボーイズ タイタンズがみんな勝ちにあげてますね。
でも相手は結構クセのあるチームなので、ひとつくらいは負ける可能性はあるかなと思います。

ブラウンズ死闘の4連戦の2戦目ベンガルズ戦ですが、アナリストは7-2でベンガルズにあげてます。
私も徐々に本調子になりつつあるベンガルズ有利だろうなと思います・・・

怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries



20170930-1

PHI RB ダレン・スプロールズ
 ACL断裂により全休が決まった。年齢もあり引退もあるのではという話も
NO FB ジョン・クーン
 上腕二頭筋の怪我があるようだが、詳細はわからない。
KC K カイロ・サントス
 鼠径部の負傷。シーズンの後半に戻ってくる可能性もあるとのこと。
NO DL デイビット・パリー
 足首の負傷。復帰は不明。
BAL DL ブレント・アーバーン
 足の甲の負傷で手術が必要な模様。おそらく全休である。
NYG LB JT・トーマス
 膝の怪我の回復が思わしくなく全休になる模様です。
SF EDGE コーネリアス・キャラダイン
 足首の捻挫。6週間後に練習を再開できるとのこと。
LAC CB ジェイソン・ベレット
 膝の手術を受けることが決まり全休
CHI S クィンティン・デンプス
 左腕の骨折。復帰時期はまだわかっていない。

スプロールズは34歳ですからねぇ、長年ランアフターキャッチで計算ができるRBとして重宝されていました。好きな選手ですが、RBで34歳は長寿ですからね。しょうがないかなぁと。

MIA LB ローレンス・ティモンズのチームからの出場停止処分が解除されました。今週ドルフィンズはロンドンでの試合で復帰するようです。さすがにこれでロンドンに表れなかったとかいうことにはならないですよね??
ちなみに、無断欠席の理由は公表されていません。憶測は飛んでますけど、公表するんですかねぇ?

rotoworldのリストを参考に書きました。
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/


20170930-2


WR ジャコビー・ジョーンズ がレイブンズと1日契約し引退
リターナーとして長年活躍、キックオフリターンTD5回 パントリターンTD4回を記録しています。
2012年のレイブンズのスーパーボウル制覇にも大貢献しており
スーパーボウルでは記録となる109yキックオフリターンTDと56yレシービングTDを決めています。
記憶に残る選手でしたね。おつかれさまでした。



チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions




という内容です。

 番狂わせのWeek3

セインツ 1-2 34-13 パンサーズ 2-1
スティーラーズ 2-1 17-23(OT) ベアーズ 1-2
ドルフィンズ 1-1 20-6 ジェッツ 1-2
ブロンコス 2-1 16-26 ビルズ 2-1
レイダース 2-1 10-27 レッドスキンズ 2-1

上3つは、全勝チームが全敗チームに敗れる波乱。
下2つは好調のAFC西2チームが勝つだろうと思われた試合でした。
まさかの試合が多かったですね。

惜しくも番狂わせできなかった試合もありました。
テキサンズ 1-2 33-36 ペイトリオッツ 2-1
ベンガルズ 0-3 24-27(OT) パッカーズ 2-1
ジャイアンツ 0-3 24-27 イーグルス 2-1
3試合とも終盤に追いつかれた、逆転された試合でした。
どの試合も手に汗握る試合でしたね。

全勝対決は
ライオンズ 2-1 26-30 ファルコンズ 3-0
この試合も最後の最後までわからない試合でした。
最後の幕切れが劇的でありましたね。今週の判定のほうで詳しく書いています。

全体的に面白い試合が多い週でしたね。
これで全勝チームは、ファルコンズとチーフスのみとなりました。

そんな中
ブラウンズ 0-3 28-31 コルツ 1-2
点差が縮まったのはガベージタイムで縮めただけで、内容は完敗だったようで。。。
通常運転ですね。試合全体は見れていないんですが、QBブリセットのスクランブルにやられまくりだったようで。
次週も、全敗対決となるベンガルズ戦です。ただベンガルズは上記の通りパッカーズと接戦をし復調しそうなところに、LBバーフィクトが出場停止空け。相手のほうがそろそろ本調子に戻ってきそうな感じで嫌ですねぇ。。。今週が一番勝ち目あると思っていたので、この負けは堪えますね。。。

全敗チームはブラウンズ ベンガルズ チャージャース ジャイアンツ 49ers の5チームとなりました。


 今週の判定

なんか難しい判定が2つあったので、それについてまとめます。

スティーラーズvsベアーズ
前半最後のFGブロックリカバータッチダウン寸前にファンブル
こぼれたボールをエンドゾーン奥に弾いて外にだした。

セーフティでベアーズに2点でフリーキック蹴ってリターンまでやって前半終わりなのかなと思いましたが
最初の判定はタッチバックで0点で前半終了。
しかし、協議の結果、エンドゾーン手前1yでファンブル でそのボールをスティーラーズの選手が弾いて外に出したのがイリーガルバックイリーガルバットという反則になり、エンドゾーン手前0.5yから1プレイ ベアーズに与えられました

2ミニッツ以降のファンブルは、自分のチームの選手がファンブルした位置より前でリカバーしても、ファンブルした位置に戻されるとかいうのの派生バージョンという感じなのかなぁ
と勝手に解釈してますが、間違ってたらご指摘ください。

のいさんのコメントより
・イリーガルバット
エンドゾーン内のフリーボールに対して、自陣側の選手がボールを確保しにいこうとせずに意図的にボールをアウトオブバウンズへ出してセーフティを狙うプレイに対する反則です。
その後はベアーズがプレイする前にフォルススタートをして5y下げられて、FGを入れて3点取って前半終了となりました。
こうなったのもすべてCBマーカス・クーパーの怠慢プレイのせいなんですがねwwww
最終的にチームが勝ったから良かったものの、負けてたら危険なレベルで非難されていたことでしょうね。


ファルコンズvsライオンズ
逆転TDがレビューの結果覆され、そのまま試合終了

4点差残り8秒でWRゴールデン・テイトがTDレシーブと判定
レビューされた結果、エンドゾーンにインチ届かずダウンバイコンタクトとなり、2ミニッツ後の判定が覆った場合10秒消費されるルールがあり、それによって試合終了となってしまった。

これ、最初の判定がダウン判定であればまだ1プレイできたんですよねぇきっと。
レビュー結果がチェンジとなってしまったので、こうなってしまいました。リプレイ見てもどっちと言ってもいいような微妙さでした、
入ってそうには見えるんですがね。ライオンズファンは残念な結果ではあったでしょうけど、期待通りの好勝負でしたね。

 また今週もハント

すごいとしかいえませんねここまで来ると
KC RB カリーム・ハント
 17回 172y 1TD
 1レシーブ 11y
通算
 47回 401y アベレージ 8.5y 4TD
 9レシーブ 137y 2TD

3試合ですでに538スクリメージヤード稼いでいます。攻撃新人MVPまっしぐらです。
月刊MVPも取れそうかなぁ。ちょっとQBブレイディが結構な数字稼いでるのでいい勝負かもしれません。

他のWeek3 ルーキーの好成績一覧
MIN RB デビン・クック
 27回 97y 1TD
 5レシーブ 72y
CHI RB タリク・コーエン
 12回 78y
 4レシーブ 24y

CIN RB ジョー・ミクソン
 18回 59y 1TD
 3レシーブ 39y

JAC RB レオナード・フォーネット
 17回 59y 1TD
 3レシーブ 21y

CAR RB クリスチャン・マカフィー

 9レシーブ 101y

HOU QB デショーン・ワトソン
 22/33 301y 2TD 2INT  
 ラン 8回 41y

QBとRBは活躍が目立っていますね。

PFFのweek3のルーキーの評価は↓
2位につけたバッカニアーズのLB ケンデル・ベックウィズ
ドラフト3巡目107位指名の選手です。今週は6タックル決めています。


 今週のアンスポ

なんでか今週はアンスポが吹き荒れたのでまとめます。

PHI RB ルギャレット・ブラント

TDラン後、相手のSランドン・コリンズへボールを転がしたことが挑発行為ということでアンスポを取られました。相手に対する行為はやはり厳しく取りますね。

NYG WR オデル・ベッカムJr
TD後に犬動きまではまだ大丈夫だっただろうが、小便ポーズをしてアンスポをとられていました。さすがに下品すぎましたね。

DEN EDGE ボン・ミラー
倒れていた相手QBタイロッド・テイラーに手を差し伸べ、それを空かしたことが挑発行為としてアンスポをとられました。軽いジョークっぽい感じではあったので厳しいかなとは思いますが、いい行為でもないし、真似して増えてほしくないですから、厳しくとって前例作っておくのも納得ではあります。

SEA CB リチャード・シャーマン 
ディフェンスパスインターフェアをした後、味方がINTしたので、その相手をそのままホールディングをして、掴んだまま浴びせ倒し審判に抗議し、アンスポまで取られた写真です。
なかなか1つのプレイで一人で3つも反則もらえる選手なんてなかなかいません。まったく褒められるプレイではないんですがねwwwwwww

KC CB マーカス・ピータース 怒られる
審判に文句を言って、アンスポ取られた後、まだ不満を言っていたっぽく、EDGEジャスティン・ヒューストンに頭突きされ怒られている様子です。良い兄貴分という感じでしょうかね。



 週間MVP

AFC
 攻撃 NE QB トム・ブレイディ
 守備 NYJ S テランス・ブルック
 SP BUF K スティーブン・ハウシュカ

NFC
 攻撃 WAS QB カーク・カズンズ
 守備 DAL EDGE デマーカス・ローレンス
 SP PHI K ジェイク・エリオット
 
Tom Brady, Kirk Cousins among Players of the Week - NFL.comTom Brady, Kirk Cousins among Players of the Week - NFL.com 

PHI K ジェイク・エリオット 61yサヨナラFGを決める

week1に前任のKカレブ・スタージスが股関節負傷により急遽補強した選手です。
今年のドラフトでベンガルズから5巡目153位で指名されましたが、ランディ・ブロックとの先発争いに負け、PSへ。そこからイーグルスに拾われました。
このサヨナラFGで一躍名前を売ることができました。素晴らしいキックでした。

ただ苦言を言うなら、先週・今週一本FG外してるんですよね。現在成功率66.7% 安定感ももう少し欲しいところですが、それをふっとばすレベルのキックではありましたね。

レイダースのKタベッキオといい代替キッカーの活躍が著しいですね。

ちなみに、本家公式ツイッターの帯といえばいいのでしょうか
week3-23
となってました。今週の顔ですね。

 ついでなんで、明日のサースデイナイトを浅く展望

week4-01

同地区対決、スティーラーズに勝って勢いに乗るベアーズがパッカーズに挑む

ベアーズは、今週初勝利をあげたが、負けた試合でも内容が良く、開幕前の不安は一掃された感じはある。やはりルーキーRBタリク・コーエンの活躍がめざましく、チームを牽引していると言っていいだろう。どうしても攻撃に目が行ってしまうが、守備も悪くはない。ラン守備は現在8位である。
怪我人情報
S クインティン・デンプス が欠場
LB ニック・クウィアットコスキー がダウトフル
C フロニス・グラス
G ジョシュ・シットン
 がクエッショナブル

パッカーズは、ベンガルズに苦戦するも勝利。QBアーロン・ロジャースは3試合連続300yパスを決めている。やはりここをなんとかしない限り勝ち目はなさそう。ラン守備21位と少々不安をかかえる。ベアーズはラン攻撃が得意なため、ここが鍵となりそうだ。
怪我人情報
現在なし たぶん明日発表っぽい
パッカーズ有利だろうけど、意外といい勝負するんじゃないかなぁ。ベアーズ調子いいですからね。

week4-11
(クリックしたら大きく表示されます)

怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries



このスタイル最後まで続ける自信はありませんが
とりあえず続けれるところまでやろうとは思います。
  • セインツvsパンサーズ
  • テキサンズvsペイトリオッツ
  • ベンガルズvsパッカーズ
  • レイダースvsレッドスキンズ
  • カウボーイズvsカーディナルス
今週一番注目度の高い、ファルコンズvsライオンズ
ある意味注目度の高い、ブラウンズvsコルツ の放送はありません、残念です。
今週ロンドンゲームがあるんですが放送ないんですねぇ、去年は全部放送あったのになぁ。
と思ってたら

もしかしたら見れるかもしれません。2年前にもyahooでストリーミング放送やってたんですよね。
https://nflstream.yahoo.com/  9/24 22:30からです

 9月24日 ロンドンゲームを一応展望

レイブンズは、2連勝ですが相手の自滅が目立った試合でした。まあ自滅するようにしっかりプレッシャー・カバーができてるということでもありますが。守備面好調と言っていいでしょう。EDGEサッグスも目立ってますしね。ただDLウィリアムスの欠場が気になる点ですね。攻撃はQBフラッコとWRマクリンのホットラインが形成されています。なかなか相性が良い感じです、悪くありません。
怪我人情報
TE マックス・ウィリアムズ
DL ブランドン・ウィリアムス が欠場
LB ザデリアス・スミス
RB テレンス・ウェスト がクエッショナブル
ジャガーズは、先週の試合一番懸念していたQBボートルズの自滅が出てしまい完敗。守備は本当に良いので、ボートルズはもう完全に空いているレシーバーだけに投げて、他は投げ捨てでもいいんじゃないかと。その方がいい勝負する気がします。
怪我人情報
WR ジェイレン・ストロング が欠場
QB チャド・ヘニー
T キャム・ロビンソン
CB ジェレン・ラムジー がクエッショナブル
week3-12
(クリックしたら大きく表示されます)

ジャガーズは2013からロンドン主催ゲームを5年連続で開催しており、ロンドンでの勝敗は2将2敗
ここ数年の成績を考えると五分は相性がいいと考えていいだろう。
正直戦力的に五分と思っているので、ジャガーズ有利としておきます。


 9月25日 サンデーゲームの展望

week3-03

同地区対決 攻撃特化vs守備特化

セインツは、とにかく守備がぬるいですね。攻撃も得点は入れてるものの、先行されて追いつけるほどではなく、守備がもう少しなんとかしないと勝ちが見えない状態ですね。RBピーターソンと1試合心中してみてほしいと個人的には思うんですがね。
怪我人情報
CB スターリング・ムーア
CB マーション・ラティモア
 が欠場
EDGE トレイ・ヘンドリクソン がクエッショナブル
パンサーズは、守備がえげつない。まだTDを取られておらず2試合合計で6失点。前回の試合では地元に戻ったEDGEペパーズもサックをあげていました。問題は攻撃だが、何か決め手に欠くものがある。
今までニュートンのモバイルを見てきたせいか、ポケットパサーのニュートンに物足りなさを感じる。
スチュワート マカフィーのラン攻撃をもう少し比重を重くしてもいいかもなぁと、素人考えですが。
怪我人情報
C ライアン・カリル が欠場
QB キャム・ニュートン がクエッショナブル

week3-13
(クリックしたら大きく表示されます)

セインツの攻撃とパンサーズの守備が見どころ、パンサーズ守備が勝ちそうな気がするので、パンサーズ有利と見ます。



week3-04

AFCの今後を占うはずだった対決

テキサンズは、先週勝ったとは言え、まだまだ攻撃に不安。QBワトソンはまだプレイの判断が遅い感じがする。スクランブルに関してはすごいんですがね。OLが持たなすぎなのが一番の原因なんですがね。守備面はCBジョセフの怪我の具合が気になる。DB陣の層結構薄いのでパス守備に不安を感じる。
パスラッシュでどれだけカバーできるかが鍵ですね。
怪我人情報
G ジェフ・アレン
CB ケビン・ジョンソン
 が欠場
RB アルフレッド・ブルー がクエッショナブル
ペイトリオッツは、レシーバー不足が心配。開幕前はエデルマンだけなら大丈夫と思っていたが、ミッチェル アメンドーラ グロンコスキーがいなくなると流石に不安すぎますね。アメンドーラ グロンコウスキーは軽症だったため、戻ってこれそうですが、RB勢がレシーブうまいタイプが揃っているのが救いですね。
守備はDLヴァレンタインがIR入りしたのが痛いですね。不安視されていたパスラッシュは思ったよりも出来てますが、パス守備が想像ほど良いとは言えない感じです。
怪我人情報
RB マイケル・バークヘッド が欠場
WR ダニー・アメンドーラ
WR クリス・ホーガン
WR フィリップ・ドーセット
WR マシュー・スレイター
TE ロブ・グロンコウスキー
T マーカス・キャノン
LB ティム・ハイタワー
LB エランドン・ロバーツ
CB スティーブン・ギルモア
CB エリック・ロウ がクエッショナブル
week3-14
(クリックしたら大きく表示されます)


ペイトリオッツ優勢
だとは思いますが、テキサンズの攻撃は前の2戦よりは出るかなと思います。
ワトソン次第ではありますけどね。


week3-05

不調vs好調チーム対決となってしまった。

ベンガルズは、とにかくOLがどうにかならない限り打開策がみつからない。QBダルトンのパス精度も悪くなっており、ラン攻撃も出ない。何か救世主的な選手が出てこいやと。。。。
守備は元気ではあるんですがね、守備で点数取らないとどうにもならないかなこうなると。
怪我人情報
WR ジョン・ロス
TE タイラー・アイファート が欠場
EDGE マイケル・ジョンソン
CB キーバレイ・ラッセル がクエッショナブル
パッカーズは、先週WRネルソンが怪我しましたが、今週出られるかは五分五分。WRコブも欠場しそう、レシーバー陣に不安はあるが、QBロジャースだし、なんとかしそう。
守備は思ったよりもDB陣が上手く行ってる感はある。悪くない。
怪我人情報
WR ランドール・コブ
T デビット・バクティアリ
DL マイク・ダニエルス
EDGE ニック・ペリー
LB ジェイク・ライアン
CB デボン・ハウス がダウトフル
WR ジョーディ・ネルソン
T ブライアン・ブラガ がクエッショナブル
ダウトフルは欠場可能性75%です。おそらくシーズン序盤ですし無理させないでしょう。
week3-15
(クリックしたら大きく表示されます)

現状ではパッカーズがベンガルズに負ける姿が想像できない。ベンガルズはどこで底を脱出するか
できれば来週ブラウンズ戦なので、底に居てほしいです。



week3-06

攻撃特化対決

レイダース
は、開幕前の想定通りの攻撃力で開幕ダッシュを決めた。RBリンチのパワーランがチームの思惑通りいい結果となっている。守備もおもったよりは頑張っている印象。マックだけでもやっぱりすごいよなとwww
怪我人情報
CB ショーン・スミス がクエッショナブル
レッドスキンズは、QBカズンズがいつもどおりのスロースタートな感じ。まだ本調子とは言い難い。
先週はランが出たので、バランス良く攻めたいところ。守備はうーん、、、まあ昨年と特に変わらないですかね。
怪我人情報
RB ロバート・ケリー
TE ジョーダン・リード
LB メイソン・フォスター
S ジョシュ・ノーマン がクエッショナブル
week3-16
(クリックしたら大きく表示されます)


現状の調子から言ってレイダース優勢でしょうね。殴り合いのバカ試合を期待したい試合です。

 9月26日 マンデーナイトゲームの展望

week3-07

攻撃vs守備な試合

カウボーイズは、先週ブロンコスに攻撃を封殺された。RBエリオットは8回9yと今までにない成績。QBプレスコットもプレッシャーを受け、パス精度に欠いた。まさかのボロ負けでしたね。開幕戦ではイーライの不調のおかげで、特に何もなかった守備も、ブロンコス戦ではランについていけない場面が多かったですね。弱点が露呈した先週から立て直せるか。
怪我人情報
CB ノーラン・キャロル
CB チドビー・アウジー が欠場
WR テレンス・ウィリアムス
WR ブルース・バトラー
DL スティーブン・パエア がクエッショナブル
カーディナルスは、QBパーマーがあまり調子が良くない。今年もOLが弱いせいもありますが。RBジョンソンがIR入りし、ラン攻撃も微妙な状況。危うく絶不調のコルツに負けかけた。
守備は悪くはないんですが、カーディナルスならもう少しできるだろという感じです。前回のブロンコスのやった攻撃封殺をできるチームだと思います。
詳しい方法は↓のブログで書かれていました。
K猫のDENファン日記 : どうやってDALのランを止めたのかK猫のDENファン日記 : どうやってDALのランを止めたのか 
怪我人情報
WR ジョン・ブラウン
T DJ・ハンフリーズ が欠場
WR JJ・ネルソン
TE ジャーメイン・グレッシャム
G マイク・アイウパティ
LB ディオン・ブッキャナン がクエッショナブル
week3-17
(クリックしたら大きく表示されます)

カーディナルスの攻撃面は正直不安が多いのですが、問題はカウボーイズの攻撃vsカーディナルスの守備。ここが注目ポイントなので、攻撃で余計なことしないことを心がけてほしいところですね。
若干カウボーイズ有利という感じですが、カーディナルスも封殺しちゃうかもとも思ってます。





最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
先週3人居たはずのジャガーズ推しが、全員反省して今週はジャガーズ勝ちが居なくなってしまいました。個人的にはレイブンズ相手ならいい勝負かなと思うんですがね。

死闘の4連戦 1戦目ブラウンズvsコルツはブラウンズが6-3でリード。コルツを叩けるとしたら今しかないと私も思います。


怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries



シーズンが始まりまして、怪我人による補強が増えてきました。
ということで先に怪我人リストから始めることにします。
怪我人リスト入りしていない選手の怪我情報は、追えたものだけ載せます。

20170923-1

CLE WR コリー・コールマン
 右手首骨折で手術を行った。6~8週後復帰の可能性あり
CAR TE グレッグ・オルセン
 足の骨折手術を行った。6~8週後復帰の可能性あり
BAL G マーシャル・ヤンダ
 足首の骨折で全休が決まった。
GB G ジェイソン・スプリングス
 ハムストリングの負傷でIR入り。復活候補にはなっている
LAC T クリス・ヘアーストン
 病気 血栓があるということで全休の模様です。
NE DL ヴィンセント・バレンタイン
 膝の負傷によりIR入りした。復帰は未定
JAC S カルビン・プライヤー
 足首の怪我、おそらくカットされるだろうと報道されている。

MIA LB ローレンス・ティモンズ

今週の試合無断欠席をし、チームから無期限の出場停止処分を受けた。
欠席の理由は定かではないが、チームには説明した模様で、その結果無断欠席するまでの理由ではなかったため出場停止処分となったようです。
ただコミッショナーから通達の出場停止処分じゃないため、有効なのは4試合までらしい。
4週間でチームはティモンズの処分を決めることになるだろう。

ドルフィンズ、第1週欠席のLBティモンズを“無期限”出場停止 | NFL JAPAN.COMドルフィンズ、第1週欠席のLBティモンズを“無期限”出場停止 | NFL JAPAN.COM 



rotoworldのリストを参考に書きました。
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/


20170923-2
大体負傷者の代役補強、負傷者の回復によりカットなどが行われた感じでした。

RB CJ・スピラー が解雇
Chiefs RB C.J. Spiller Cut 9月2日
Chiefs RB C.J. Spiller Signed 9月4日
Chiefs RB C.J. Spiller Cut 9月7日
Chiefs RB C.J. Spiller Signed 9月9日
Chiefs RB C.J. Spiller Cut 9月16日

という感じで、最終ロースターカットから再契約とカットを繰り返されています。
なんか都合のいい選手という感じですね。。。。実績はある選手なので、使ってみてほしいけど
チーフスはなんといっても、ルーキーRBハントがいますからねぇ。ハントがシーズン通して使えると判断したから、こういう契約状況繰り返すことになったんでしょうけどね。


チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions




という内容です。

  AFC西 NFC南 出だし好調(1チーム除いて)

AFC西

ブロンコス 2 0 66 38
チーフス 2 0 69 47
レイダース 2 0 71 36
チャージャース 0 2 38 43

ブロンコス チーフス レイダースが、2試合とも快勝と言っていい内容で連勝しています。
どのチームも見事な攻撃を見せています。2試合で70点近く取ってるわけですから、そりゃうまく行ってますよね。

直接対決は
WEEK4 レイダースvsブロンコス
WEEK7 チーフスvsレイダース
WEEK8 ブロンコスvsチーフス

となっています、注目の対戦になることでしょう。

で、チャージャースですが、正直内容は悪くないんです。ただ最後の最後でスペシャルチームに泣かされる展開になるんですよね。相手チームも狙っているんですかね??
昨年も同じような展開で負けることが数回あり、今年も変わらなかったんだなぁと

韓国出身のルーキーキッカー ク・ヨンホはもう厳しい局面に来ています。
アジア人プレーヤーとして期待されていただけに、残念な結果です。
現在まだカットはされていないので、チャンスをまだもらった状態です、なんとか挽回しましょう。

NFC南

ファルコンズ 2 0 57 40
パンサーズ 2 0 32 6
バッカニアーズ 1 0 29 7
セインツ 0 2 39 65

ファルコンズは初戦ベアーズに苦戦したものの、新ホームスタジアムでのパッカーズ戦を快勝で連勝
パンサーズは攻撃は決して好調とは言いにくいものの、2試合でFG2本のみに抑える圧倒的守備力で連勝
バッカニアーズはweek1が順延し、今週開幕戦でした。ベアーズ相手に力の差を見せつけ文句のない試合でした。

直接対決はシーズン後半に固まっており
WEEK9 ファルコンズvsパンサーズ

までありません。そこまでどのチームも好調を維持できるか注目です。

で、セインツなんですが、相変わらずの守備崩壊です。WRスニードの3試合出場停止も効いて、攻撃面もいまいちな印象。RBピーターソン イングラム カマラの3人の使い方が定まってない。特にピーターソンは動きがいいんですが、すぐ交代してしまうので見てる方としてはやきもきしますね。


 今週の記録

LAC TE アントニオ・ゲイツ TEのTDレシーブ記録更新
week2-22

トニー・ゴンザレスの111TDを抜き TEでは1位となった。
WRを入れても歴代6位につけている。今年は2年目のヘンリーの出番が増えるものだと思っていましたが、37歳になってもまだまだできるというのを見せつけていますね。
とにかくすごい記録です、おめでとうございます。


CLE T ジョー・トーマス 10000スナップ連続出場
1年にだいたい1000~1100スナップくらいですので、9~10年ずっとLTとして出場してるわけです。
QBならまだわかるんですが、その他のポジションでこれだけ休まず出るのは至難の業です。
怪我をしないことが一流言われますが、プレイもそうですがトーマスは超一流です。

一回くらいはプレイオフ行ってほしい。。。。

 今週もハント

 ラン81y 2TD
 レシーブ28y

カリーム・ハント今週も大活躍です。今後相手チームは一番の要注意選手として考えることでしょう。
昨年のWRタイリーク・ヒルといい、チーフスの攻撃陣が整ってきていますね。
今一番波に乗っている選手でしょう。


PFFのweek2までのルーキーの評価は↓
2位のトレデビオス・ホワイトですが
ビルズは今週パンサーズに負けましたが、3-9というロースコアでTDを許さなかった。

プレイを見てないので語れないのが残念ですが、相当評価高いというのはわかりました。
week4のファルコンズ戦がDAZNの放送があるので注目してみたいですね。
フリオ・ジョーンズとのマッチアップになるってことですかね?


 今週のプレイとダンス

ピンボールキャッチ
なかなか類を見ない部類のピンボールキャッチでした。
前半終了間際取ってくれパスを思いっきり投げ、チーフスCBテレンス・ミッチェルがINTミスし、弾いたボールがイーグルスTEザック・アーツにすっぽり、ピタゴラスイッチ的なキャッチでした。
残り2秒でエンドゾーン手前へ。
FGを外して前半終了というオチまでつけたプレイでした。


モンスターダイブ
同じ試合ですが、ショベルパスからのチーフスTEトラビス・ケルシーのとんでもなく力強いダイブ
タックルにきた相手ごとエンドゾーンへ。今年のハイライトで使われそうなプレイです。


パントフェイク
決めたのはラムズPジョニー・ヘッカー 毎年恒例のプレイです。
week2-23
通算8回決めているようですね。
プロボウル3回選ばれてる実力派のパンターでもあり、この二面性が人気なんですよね。


ビーストダンス
チームが圧勝、サイドラインでダンスを踊るレイダースRBマショーン・リンチ
引退から復帰し、開幕前は不安はありましたが、現役バリバリの力強いランは健在でした。
レイダースも2連勝で、乗りに乗ってます。


 週間MVP

AFC
 攻撃 NE QB トム・ブレイディ
 守備 KC DL クリス・ジョーンズ
 SP MIA K コーディー・パーキー

NFC
 攻撃 ARI WR JJ・ネルソン
 守備 ATL CB デズモンド・トゥルーファント
 SP DET PR(CB)ジャマル・アグニュー


Tom Brady, J.J. Nelson among Players of the Week - NFL.comTom Brady, J.J. Nelson among Players of the Week - NFL.com 

個人的にブロンコスの選手で埋め尽くされても良かったんじゃとも思いましたが
ペイトリオッツもチーフスも快勝でしたからね。

DETのルーキーリターナー ジャマル・アグニューは88yのパントリターンTDを決め受賞しました。
ドラフト5巡目165位の本業はCBです。


 ついでなんで、明日のサースデイナイトを浅く展望

week3-01

NFC西地区の同地区対決です。

ラムズは、先週最後の最後でQBゴフがやらかしてしまいましたが、今年は成長を見せており、攻撃も十分見所あります。開幕前は散々ゴフ成長しないと煽ってしまったので、素直に謝ります、すいませんでした。他、RBガーリー ルーキーWRカップが注目選手です。
守備は特に言うこと無く、素晴らしいパスラッシャーが揃っています。DBもCBジョンソンを核として悪くありません。開幕前の評価ががらっと変わったチームと言えます。
怪我人情報
CB ケイボン・ウェブスター がクエッショナブル
49ersは、QBホイヤーが苦戦してますね。OLが保たないのもありますね。まだ2試合ではありますが、サードダウンコンバージョンが4/23 17.4%では攻撃になりません。新HCカイル・シャナハンを信じすぎた感は否めません。即急に改善が求められます。
守備は攻撃の酷さであまりわかってないが、そこまで酷い感じでもないんかなと。
攻撃の改善が求められるが、立て直すには相手が厳しい気がする。
怪我人情報
LB ルーベン・フォスター
S エリック・リード
 が欠場
LB イーライ・ハロルド
S ジミー・ウォード
S ジャキスキー・タート がクエッショナブル
現状ではラムズ優勢でしょう。49ersは立て直すには時間がかかりそう。
week3-11

(クリックしたら大きく表示されます)

怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries