茶犬(仮ファン)NFLのブログ

ブラウンズファン(仮)の広く浅いNFLについてのブログです ブラウンズについてだけではなく、全体的に書いてます。

12/14
今週 来週と日曜に試合があります。DAZNでは実況・解説付きで配信予定だそうです。

ファンタジーご参加の方、ツイートの時 #peca_nfl をつけてツイートしていただくと、俺が拾いやすくて俺が喜びます、もしよければお願いします。

残り4週となりました。もうシーズンも大詰めです。

  • カウボーイズ(6-6)vsジャイアンツ(2-10)
  • イーグルス(10-2)vsラムズ(9-3)
  • シーホークス(8-4)vsジャガーズ(8-4)
  • レイブンズ(7-5)vsスティーラーズ(10-2)
  • ペイトリオッツ(10-2)vsドルフィンズ(5-7)

  • 他注目試合として
    バイキングス(10-2)vsパンサーズ(8-4)
    レイダース(6-6)vsチーフス(6-6)

    などがあります。ジャガーズの試合久々の配信ですね。今週もなかなかのラインナップです。

      12月11日 サンデーゲームの展望

    week14-03

    一応まだ可能性が残ってるカウボーイズ HCが鋼鉄されたジャイアンツとの同地区対決


    カウボーイズは先週のレッドスキンズ戦は久々に攻撃が爆発しました。ただ時すでに遅しという感は否めません。RBエリオットが戻ってくる前にもう今シーズン終了とはならないように勝ち続けたいところですかね。
    怪我人情報
     WR ブルース・バトラー
     G ラエル・コリンズ
     T タイロン・スミス
     DL デイヴィッド・アーヴィング
     DL マリーク・コリンズ
     LB ジャスティン・デュラント
     CB オルランド・スキャンドリック がクエッショナブル
    ジャイアンツはマカドゥーHC更迭によりQBマニングが先発復帰となります。いったい先週の先発降格はなんだったのかと。
    怪我人情報
     G ジャスティン・ピュー が欠場
     RB オーリンズ・ダークワ
     WR スターリング・シェパード
     EDGE ジェイソン・ピエールポール
     CB イーライ・アップル がクエッショナブル

    week14-11
    (クリックしたら大きく表示されます)

    残念ながらそこまで語る試合ではないかなと。まだ望みがかすかにあるカウボーイズ勝利と予想します。





    week14-04
      

    2年目QBウエンツvsゴフ 大注目の若手QBナンバーワン決定戦

    今週のメインイベントでしょう。今季好調の昨年のドラフト1巡1位2位QBの対決。名勝負数え歌第1章となれるか期待がかかります。

    イーグルス
    は先週シーホークスに敗戦し連勝が止まりました。ただ運が悪かったタッチバックがなければ試合はどうなってたかわからなかったとは思います。好試合でしたので負けはしましたが、そんな反省点はなかったと思います。プレイオフでやり返せばいいということで。QBウエンツのパフォーマンスに期待したいです。
    怪我人情報
     TE ザック・アーツ がクエッショナブル
    ラムズはシーズン後半戦結構厳しいスケジュールになっていますが、好調を維持しフロックではないということを証明しています。QBゴフは、ルーキーシーズンはバストなのではと言われ2位指名だったウエンツに差をつけられましたが、今シーズンそれを払拭しここまできました。ドラフト1巡目1位の維持を見せつけ評価を逆転したいですね。
    怪我人情報
     WR ロバート・ウッズ
     EDGE コナー・バーウィン
     LB アレック・オグレツリー がクエッショナブル
    week14-12
    (クリックしたら大きく表示されます)

    開幕前こんなことになるとは思わなかったですね。レギュラーシーズン最大の勝負かもしれません。大げさかもしれませんが、ブレイディvsマニングに代わる年一行事みたいになってほしい対決ですね。
    予想難しいなぁ。どっちが勝ってもあと一歩という形になって欲しいです。ここはラムズが勝って、私はゴフにさらなる土下座をしようと思います!





    week14-05
      

    NFLナンバー1のパスラッシュ集団のジャガーズ それを交わせるのかシーホークス ウィルソン

    この試合が本当に楽しみです。ウィルソンがどうやってこの最強パスラッシュ集団を相手にするのか。わくわくします。
    シーホークスはここ最近日替わりでRBが活躍してるような、マキシックとかデービスとか今まで出てこなかった選手が活躍しています。ジャガーズ守備相手ではおそらくランが有効かなと思うので、この2人のRBには期待したいところです。もちろんQBウィルソンの攻撃も見ものです。ただジャガーズはパスラッシュ以外にもDB陣もシーホークスのLOB(愛称:レギオンオブブーム)に引けを取らない面々が揃っています。パスラッシュを交わした後でも油断はできません。ほんとここの勝負がどうなるか見どころです。
    怪我人情報
     G オーデイ・アブーシ
     DL ナゼル・ジョーンズ
     S カム・チャンセラー が欠場
     EDGE ディオン・ジョーダン がクエッショナブル
    ジャガーズはやはり上でも書いたようにQBウィルソンをどう止めるのかが注目です。
    現在のプロボウル投票の順位らしいですが、CBボウイエー ラムジーのコンビは開幕前の期待以上の活躍でしたね。昔のジャガーズCB マシス・コックスのコンビを有に越えました。
    失点14.8点
    パス喪失ヤード167.1y
    1試合喪失ヤード282.5y
    総サックス数 45
    全部NFL1位
    です。
    今シーズン最強の守備陣と言っていいでしょう。対ラッセル・ウィルソンでどういう守備をしてくれるか楽しみです。
    で攻撃ですが、正直言うとQBボートルズには何もしないようにしてほしいです。試合を壊さないことをお願いしたい。先週良かったんで、調子に乗らないようにお願いします。RBフォーネットのラン攻撃中心で頼みます。
    怪我人情報
     WR アレン・ハーンズ が欠場
     LB テルビン・スミス
     CB ジェイレン・ラムジー がクエッショナブル
    week14-13
    (クリックしたら大きく表示されます)

    この試合も注目の試合です。シーホークスはイーグルスの撃破した流れそのままに突っ走りたいところです。ジャガーズはウィルソンと鬼ごっこになる前になんとかしたいところ。シーホークス勝利かなぁ。やっぱりボートルズがなんかやっちゃいそうで・・・・試合壊さない程度ならいいんですがね。






    week14-06
      

    ここにきて調子を上げてきたレイブンズ ほぼ地区優勝決定のスティーラーズ
    同地区ライバル対決


    レイブンズは先週のライオンズ戦久々に攻撃がちゃんとしてた感じですね。しかしもう少しなんとかできなかったもんですかねぇ、高給取りのスーパーボウルQBフラッコさんは。たぶんプレイオフになると変わるんですよ。正直スーパー取った時もレギュラーシーズンの出来は悪かったですし、それでエリートとか言うから私から反感を買うんですよ。となぜか愚痴になりましたが、守備は強烈ですね。CBスミスがいなくなった穴が少々心配ではありますが、守備に頼らざるをえないので頑張っていただきたい。
    怪我人情報
     EDGE ザデリアス・スミス がダウトフル
     WR ジェレミー・マクリン
     LB C.J.モズリー がクエッショナブル
    スティーラーズは先週のベンガルズ戦はものすごい荒れた試合でした。誰もが思ったでしょうが嫌なタイプの試合でしたね。今週も同地区ライバル対決ですが、プレイは冷静にワザとあぶないタックルなどしないようにしてほしいです。同地区対決で熱くなるのはわかりますが、度を越えてはいけません。チームの状態は大体毎週書いてますし、なんだかんだ言って強いし結局勝つしという感じで。
    怪我人情報
     LB ライアン・シャージャー
     CB ジョー・ヘイデン が欠場
     S マイケル・ミッチェル がクエッショナブル
    week14-14
    (クリックしたら大きく表示されます)

    正直言うとどっち勝ってもそこまで影響ねぇんじゃねぇかなと思うんですよね。レイブンズの場合この試合負けても後の3戦に力残したほうが良さそうだし、スティーラーズも逆転される心配はないでしょうし。とりあえずスティーラーズ勝ちで。





      12月12日 マンデーナイトゲームの展望

    week14-07

    結局勝ちまくってるペイトリオッツ 一応可能性はあるドルフィンズの同地区対決

    ペイトリオッツは開幕直後の守備の不安とは一体何だったんだという感じです。昨年から比べると守備悪いことは悪いですが、現状は致命的な失点などは減らしてます。結局今年もブレイディの牙城を崩す若手は出てこなかったわけで。それに比べるとNFCは戦力均衡化が上手く行ってますよねぇ。なんでこうなってしまうのでしょうかねぇ。そろそろペイトリオッツの中身のことですが、TEグロンコウスキー出場停止です1試合だけですが。ちょっとここ2試合くらい攻撃はちぐはぐはしてるんですよね。でも負けまでには至るほどではなかったので、今回もそうかなぁと。
    怪我人情報
     T マルクス・キャノン
     LB カイル・バンノイ が欠場
     RB ディオン・ルイス
     WR クリス・ホーガン
     ST マシュー・スレイター
     DL デアトリッチ・ワイズ
     EDGE トレイ・フラワーズ
     CB スティーブン・ギルモア
     CB エリック・ロウ がクエッショナブル
    ドルフィンズは結局カトラーでもムーアでも攻撃は変わらずでした。タネヒルだったら・・・同じ気はするんですけどねぇそういう声もありますけど、個人的にはそこまで期待するべきQBかなぁと。でもキーナム復活とかいうできご事もありますし、って考えるとタネヒルが別のチームでやったらどうなるかは見てみたいかもしれません。得点17.4点の28位ですから、まずはここ改善してからじゃないと他に手を回しちゃいかんですよね。とシーズン総括みたくなってますが、一応まだ可能性はあるんですよね。目の前のペイトリオッツ倒さない限りチャンスはありませんが。
    怪我人情報
     QB マット・ムーア
     G ジャーモン・バシュロッド
     RB ダミアン・ウィリアムズ が欠場
     CB コーダリア・タンカースレイ がダウトフル
     DL デイボン・ゴドショー
     S マイケル・トーマス がクエッショナブル
    week14-15
    (クリックしたら大きく表示されます)

    うーん、ペイトリオッツ勝ちでいいかと。

    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
    なんとパッカーズvsブラウンズで3人もブラウンズ勝ちにあげています。
    確かにチャンスは十分ある試合かなと。フロント7は強いですし、QBハンドリーを慌てさせれば守備でワンチャンはありそう、攻撃もレシーバーが揃いました。問題はQBカイザーのパスが抑え効かないので1投1投油断ならないんですよねぇ・・・・とにかくがんばれと。でもやっぱりパッカーズ勝ちかなぁ・・・・Week16のベアーズ戦がラストチャンスかなと思ってます。

    シーホークスvsジャガーズは7-2でジャガーズですか。逆かなぁと思ったんですがね。ボートルズの存在という不安点が拭いきれないんですよねぇ。

    他も結構バラけているなぁという印象ですね、フルマークはベンガルスペイトリオッツのみですね。





    怪我人リストから
    20171209-1

    怪我人情報は
    http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/

    BAL ジミー・スミスがアキレス腱断裂でシーズンエンド。今シーズン好調だったので残念な怪我となってしまいました。ただドーピングも発覚しており、4試合出場停止も食らいました。ちょっと今年の出来はこれが要因だったのではというケチもついちゃいました。出場停止は今シーズン中に消化という形になりそうです。

    KC ディー・フォードは背中の怪我でWeek9以降出場できず、復帰を待っていたが回復出来ずリスト入り。昨シーズン10サックをあげた選手ですが、今シーズンは6試合で2サックと存在感を示すことができなかった。

    今週は残り試合も少なくなってきた為、無理して復帰させず今シーズンは休ませようという方針に切り替わった感じなんでしょうね。リスト入りが多かったです。


     出場停止・解除 

    20171209-2

    上記でもありましたが、BAL ジミー・スミスはドーピングにより4試合出場停止NO ディビット・パリーも怪我人リスト入りはしているが、シーズン前の飲酒運転による逮捕の件で4試合出場停止

    PIT ジュジュスミス・シュースター
    NE ロブ・グロンコウスキー
    CIN ジョージ・イロカ

    この3選手は危険な行為により、1試合出場停止となっています。
    この3選手のプレイはほんと見てて引きましたね。こういう残念な行為は本当に見たくありません。もう少し厳しくするべきではと思います。アメリカンスポーツのこの辺の処分は甘いなぁとかなり感じますね。

    KC マーカス・ピータースはチーム規約違反で1試合出場停止を科してます。
    イエローフラッグを客席に投げた後退場だと思って一旦ベンチから退いたが、裸足で戻ってきたとかでこういうことになったのかなと思いましたが、コーチとの口論も原因だったようです。

    チーフスCBピータースの出場停止処分はコーチとの口論も要因 | NFL JAPAN.COMチーフスCBピータースの出場停止処分はコーチとの口論も要因



     契約状況 
    20171209-3

    RB ラシャード・ジェニングスが引退

    個人的には、キャリア最初のジャガーズ時代。RBモーリス・ジョーンズドリューの2番手として、パスキャッチもなかなかの2番手RBとしての印象が強い選手でした。その後はレイダース そしてジャイアンツではエースRBとしてプレイしました、シーズン1000yには届きませんでしたが、ある程度計算のできるRBでしたね。
    キャリア通算
    ラン 3772y 23TD
    レシーブ 1469y 2TD


    おつかれさまでした。

    他目立つ所では、CLE ケニー・ブリットが解雇となりました。開幕前にテレル・プライヤーの代役として実績があったのである程度計算はできるレシーバーだと思ってましたが、ドロップの印象が悪くなかなか活躍できませんでした。今週ブラウンズはGM解雇され、それとともに解雇された形になりました。コールマンとゴードンが戻ってきたこともありますが、やはり獲得は失敗だったという印象を植え付けるような解雇となりました。

    ついでですが、ジャイアンツがHCベン・マカドゥーを更迭
    ジャイアンツがついにHCマカドゥーとGMリースを解任 | NFL JAPAN.COMジャイアンツがついにHCマカドゥーとGMリースを解任
    昨年のプレイオフ進出から一転残念なシーズンとなってしまいました。これによりまたQBイーライ・マニングが先発に戻すとも発表。連続先発出場記録を途切れさせた意味は・・・と言いたくなるgdgdですね。。。。。


     現時点の怪我人リスト入り一覧 

    これ毎週ずっと表示させておくべきだったかもしれません、今更ですが置いておきます。
    どこか間違っているところもあるかもしれませんが、間違いにお気づきになられた方はコメントなどでご指摘いただけるとありがたいです。
    20171209-4

    と載せたけど長いなwwwww 毎週はやめておこうwwwww


    チーム別のこれまでの契約

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
    ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

    http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

    HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

    チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
    主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
    参考にしてます。
    http://www.foxsports.com/nfl/transactions
    http://www.nfl.com/transactions





    もうWEEK14入ってますが、まとめやっと完成しました。
    という内容です。

      NFC上位対決の結果

    今週はNFC上位同士の対決が多かった週でした。
    バイキングス 10-2 14-9 ファルコンズ 7-5
    ファルコンズの攻撃を封殺した感じの試合でしたね。最後Kブライアントが外して終わったのは悲しい終わり方でした。11月月間MVPQBキーナム25/30 227y 2TDと堅実な攻撃を繰り出し10勝目となりました。



    イーグルス 10-2 10-24 シーホークス 8-4
    イーグルスの連勝が9でストップしました。やっぱりホームでのシーホークスは強かった。心配されていたDB陣ですが、それが目立たないようなQBへのプレッシャーが素晴らしかったです。今シーズンのシーホークスはラン攻撃が上手く行かなかったんですが、この試合先発だったRBデービスがいいラン攻撃をしていました。今後もラン攻撃出ればいいんですがね。しかしQBウィルソンはほんとすごいとしか言いようないですね。ここにきてシーズンMVPを推す人も増えてきました。



    パンサーズ 8-4 21-31 セインツ 9-3
    南地区同地区対決はセインツが勝ち首位をキープしました。今シーズンはシーズン中盤からRBイングラム・カマラの2人の活躍が目立つ試合が多かったですね。この試合もイングラムは85y 1TD カマラは60y 2TD 66yレシーブを記録しています。
    RBアルビン・カマラはここにきて、PFFのルーキー評価トップにたちました。ハントを逆転する選手が出て来るとは思ってませんでした。
    カマラ ラン 606y 7TD レシーブ 614y 4TD
     スクリメージヤード合計1220y 11TD
    ハント ラン 930y 4TD レシーブ 367y 2TD
     スクリメージヤード合計1297y 6TD

    TD数でのチームへの貢献度も考えれば逆転ですね。てかハントなんとか底脱しないとチームやばいですしね・・・・


    ラムズ 9-3 32-16 カーディナルス 5-7
    ウッズ欠場の不安はありましたが、同地区対決を完勝し首位をキープ。この試合は守備のプレッシャーがすごかったですね。計6サックをあげました。カーディナルスは先週QBギャバートで来年考えるとかいう記事がありましたが、こういうQBだということを思い知ったと思います。ジャガーズでも期待させておいて次週は・・・・ってのは何回も見てきましたから。思い直すことをお勧めします。



    ライオンズ 6-6 20-44 レイブンズ 7-5
    まだ望みはあったかもしれないライオンズはこの試合でほぼ望みは絶たれたと言っていいかと。ないわけではないけど、超他力すぎるので。QBスタッフォードは試合途中で利き手を踏まれ負傷。追い上げることなく、レイブンズに点を重ねられて終わった。今シーズンは上位チームに惜敗ばかりでした。もう一つ何かあればなぁという感じでしたね。

    ということでNFCの現在の順位表です
    チーム名
    バイキングス 10 2
    イーグルス 10 2
    ラムズ 9 3
    セインツ 9 3
    シーホークス 8 4
    パンサーズ 8 4
    ファルコンズ 7 5
    ライオンズ 6 6
    パッカーズ 6 6
    カウボーイズ 6 6

    第一シードがバイキングスに変わりました。バイキングスとイーグルスの2チームは地区優勝は間違いないので安泰です。他ファルコンズまでの5チームで1チーム脱落を賭けた対決という様相です。
    今後のスケジュールは下の項目で。



      さらに混沌極めるAFC西


    チーフス 6-6 31-38 ジェッツ 5-7

    今週も負けちゃったよ・・・今年のジェッツは攻撃いいんですよねぇ。ただ最後うっちゃられてる試合が多い印象ですが。この試合はいつもの逆でうっちゃって勝ちましたね。これで開幕5連勝後は1勝6敗で五分の星となってしまったチーフス。もう完全にわからなくなってしまいました。



    ブラウンズ 0-12 10-19 チャージャース 6-6

    WRジョシュ・ゴードンの約2年ぶりの公式戦復帰、昨年ブラウンズに唯一負けたチャージャースなので、今年ももしかするとはあるのかという期待はあったものの、そんなうまいことは行かなかったですね。ただゴードンは十分なパフォーマンスを見せました。マッチアップしたプロボウルCBのヘイワードに負けてなかったので不安はなくなりましたね。チャージャースは鬼門を抜け3連勝です。



    ジャイアンツ 2-10 17-24 レイダース 6-6
    イーライ先発降格でスミスがQBだったジャイアンツにもっと圧倒的な形で勝ってほしかったなぁと感じる一戦でした。まあWRクーパー・クラブツリー不在では仕方がないとも言えますが。昨季のレイダースと比べると今年は不満の多い出来と言っていいでしょう。チーフスの下降でチャンスが降りてきたので残り4戦気を引き締めてほしいですね。



    AFCの順位表です
    チーム名
    スティーラーズ 10 2
    ペイトリオッツ 10 2
    タイタンズ 8 4
    チーフス 6 6
    ジャガーズ 8 4
    レイブンズ 7 5
    チャージャーズ 6 6
    ビルズ 6 6
    レイダース 6 6
    ジェッツ 5 7
    ドルフィンズ 5 7
    ベンガルズ 5 7

    西地区と最後のワイルドカードの争いがまだわからない感じですね。レイブンズが一つ抜け出ましたが追いつく可能性は十分あるかんと思います。
    今後のスケジュールは次の項目で。



      今後のスケジュールまとめ

    ほぼ安泰のAFC スティーラーズ ペイトリオッツ NFC イーグルス バイキングスははぶいてます。まずはAFCから

     AFC西地区 

    チーフス
    (6-6)
    チャージャース
    (6-6)
    レイダース
    (6-6)
    14 レイダース レッドスキンズ @チーフス
    15 チャージャーズ @チーフス カウボーイズ
    16 ドルフィンズ @ジェッツ @イーグルス
    17 @ブロンコス レイダース @チャージャーズ

    チーフス今週来週が鍵。ここで連敗したらおそらく脱落となるでしょう。
    チャージャースレイダースとしてはまずチーフスを落とした上で、最終週の直接対決に挑みたいところです。直接対決以外でも勝ち負けが読めない対戦ばかりですね。レイダースがイーグルス戦を残してるのがちょっとつらいところです。ちなみにワイルドカード争いもレイブンズとは1ゲーム差なので地区優勝以外でもまだチャンスは残っています。


     AFC南地区とワイルドカード圏内 

    タイタンズ
    (8-4)
    ジャガーズ
    (8-4)
    レイブンズ
    (7-5)
    14 @カーディナルス シーホークス @スティーラーズ
    15 @49ers テキサンズ @ブラウンズ
    16 ラムズ @49ers コルツ
    17 ジャガーズ @タイタンズ ベンガルズ

    タイタンズジャガーズは対戦相手の力的には大体均衡しており、最終戦の直接対決で優勝決定戦となると面白い。最終決戦前に2勝しプレイオフは決めてから望みたいですね。
    レイブンズは来週のスティーラーズ戦は厳しいが、その後は緩いスケジュールとなっており逃げ切りムードになってきている。でもどこかで足元すくわれる可能性も今年のレイブンズなら十分ありえるとは思います。


     現時点でのAFCワイルドカード圏外チーム 

    ビルズ
    (6-6)
    ジェッツ
    (5-7)
    ドルフィンズ
    (5-7)
    ベンガルズ
    (5-7)
    14 コルツ @ブロンコス ペイトリオッツ ベアーズ
    15 ドルフィンズ @セインツ @ビルズ @バイキングス
    16 @ペイトリオッツ チャージャーズ @チーフス ライオンズ
    17 @ドルフィンズ @ペイトリオッツ ビルズ @レイブンズ

    AFC東の3チームはどのチームもペイトリオッツ戦を残している、ビルズドルフィンズ直接対決が2回残っていて、1勝1敗とかだとだめなので、どちらかというとビルズにチャンスがあるのでビルズに頑張っていほしい所ですかね。
    ベンガルズは最終戦レイブンズ戦ですが、勝って同星になってもレイブンズを抜かせない模様です。レイブンズが2敗 ベンガルズ全勝が必須となるようです。



    つづいてはNFC編です。

     NFC南地区  ※サースデイナイトの結果はまだわからない程で見てください

    セインツ
    (9-3)
    パンサーズ
    (8-4)
    ファルコンズ
    (7-5)
    14 @ファルコンズ バイキングス セインツ
    15 ジェッツ パッカーズ @バッカニアーズ
    16 ファルコンズ バッカニアーズ @セインツ
    17 @バッカニアーズ @ファルコンズ パンサーズ

    今週のサースデイナイトとWeek16の2回直接対決が残ってるセインツファルコンズ。勝ち星的にファルコンズは連勝して抜かしたいところです。セインツは1つでも勝てばおそらく安泰となります。パンサーズは来週のバイキングス戦 最終戦のファルコンズ戦が鍵です。とにかく地区2位までに入ればプレイオフ確定という状況ですので、1チームを蹴落とす戦いという感じになりそうです。


     NFC西地区 


    ラムズ
    (9-3)
    シーホークス
    (8-4)
    14 イーグルス @ジャガーズ
    15 @シーホークス ラムズ
    16 @タイタンズ @カウボーイズ
    17 49ers カーディナルス
    来週の上位チームとの対戦 Week15の対戦。ここで大勢が決まりそうな感じがします。ラムズはさらにタイタンズ戦もあり、スケジュール的にはシーホークスのほうがちょっと有利ではありますが、現在星はラムズが一つ上。直接対決がやはり一番注目な一戦となりそうですね。地区優勝を逃した場合のワイルドカード争いも、南地区2チームとの争いもありまだ油断ならない展開です。


     現時点でワイルドカード圏外チーム 

    ライオンズ
    (6-6)
    パッカーズ
    (6-6)
    カウボーイズ
    (6-6)
    14 @バッカニアーズ @ブラウンズ @ジャイアンツ
    15 ベアーズ @パンサーズ @レイダース
    16 @ベンガルズ バイキングス シーホークス
    17 パッカーズ @ライオンズ @イーグルス

    上の2地区から2チーム下がってこないとチャンスはない状態です。もちろん4連勝は確実にした上での話ですので、そうとう可能性は薄いです。直接対決が残ってるのはカウボーイズがWeek16のシーホークス戦のみ。他力で祈るしかありません。


    AFCは9勝7敗くらいがボーダーかな。10勝は確定でしょう。
    NFCは10勝6敗は必須で、それでも落ちる可能性は十分ありますね。




      今週の記録

    コルツ RB フランク・ゴア
    通算ランヤード 5位に浮上


    week13-21

    ※画像では6位ですが、今週の試合終了時点13697yで トムリンソンを抜きました。

    13年目34歳になるゴアですが、今シーズンも現在まで632y 3TDを記録しています。ルーキーRBマーロン・マックもなかなかの活躍をしてますが、やはり頼れるのはゴアさんなんですよね。


      今週の反則


    week13-24

    サースデイナイト レッドスキンズvsカウボーイズでの出来事
    交代ミスって12人(トゥエルブメン・イリーガルサブシュチュエーション)の反則とられるのはそれなりに見ますけど、13人は初めて見ましたね。しかも交代してる途中とかでなくて、みんなしっかり持ち場についてプレイしようとしてる点は芸術点高いです。

    チーフス CB ピータースが反則が出たことに不満を示し、イエローフラッグを客席に投げ入れるという行為を行ってしまいました。
    それを受け取った客は大喜びで、さぞかしインスタ映えしたことでしょうwwwwwwしかし判定に不満だからってフラッグどっかに投げるとか初めてみましたね。まあ暴力行為よりはマシですけど、どう考えても罰退加算される行為なのに抑え効かないんですなぁ。
    CBピータースに出場停止処分を科すチーフス | NFL JAPAN.COMCBピータースに出場停止処分を科すチーフス 
    チームから1試合出場停止を受けることになったようです。チームが今どん底状態ですがこの処分して大丈夫なんでしょうか?士気をあげるために律したとも考えられますが。




    ここまではお笑い反則ですが、次の2つは本当にやめてほしいものです。
    ペイトリオッツ TE グロンコウスキーの悪質なレイトヒット。ほんとこれは酷いですね。
    オフィシャルに怒り心頭のペイトリオッツTEグロンコウスキー | NFL JAPAN.COMオフィシャルに怒り心頭のペイトリオッツTEグロンコウスキー
    本当に残念な行為です。被害を受けたビルズ CB ホワイトは脳震盪を追いました。被害者が怪我を負ったという最悪の展開となりました。結果1試合出場停止となりましたが、正直甘いですよね。初犯だから1試合という安易なものではなく、個別に裁定する事案だと思うんですが。

    スティーラーズ WR シュースター
    の見えないところからの頭部へのハードブロック。アンネセサリーラフネスを取られました。その後にこの相手のベンガルズ LB バーフィクトにまたがって挑発。トーンティングも取られました。バーフィクトはこの後カートで運ばれました。この試合は同地区対決ということで、選手が気合入っていたのもあるんですが、ものすごい荒れた試合で、雨のせいなどもあり怪我人が大量に出てしまいました。
    報復でベンガルズ S イロカがアントニオ・ブラウンへ頭部を狙ったヒットを行いこれもアンネセ。
    この報復の文化やめないですかねもう。時代に合ってないよ。
    結果シュースターとイロカが1試合出場停止になりました。


    AFCのトップ2チームがこのような行為を行うのは本当に残念で仕方ありません。そして今回の罰則は相当緩いと思います。こういう行為は2度と見たくないので、もっと厳しい罰則を課してほしかったです。ただでさえ怪我の多いスポーツです、やらなくていい行為で怪我人を増やすのは絶対許されないということを示すべきです。



      今週のMVP

    AFC
     攻撃  NYJ QB ジョシュ・マッカウン
     守備  BAL S エリック・ウェドル
     SP 
     PIT K クリス・ボスウェル
    NFC
     攻撃  SEA QB ラッセル・ウィルソン
     守備  GB DL ディーン・ロウリー
     SP
      SF K ロビー・ゴールド

    Josh McCown, Wilson among Players of the Week - NFL.comJosh McCown, Wilson among Players of the Week

    ジョシュ・マッカウン331y 1TDでチーフス相手にシーソーゲームを制し受賞
    エリック・ウェドル1サック 1FF 1INTリターンTDを記録し受賞
    ラッセル・ウィルソン227y 3TDでイーグルスを撃破し受賞
    ディーン・ロウリーファンブルリカバーTDを記録し受賞
    クリス・ボスウェルロビー・ゴールドどちらもサヨナラFGを決め勝利に貢献し受賞しました。







    残り5試合と架橋をむかえたWeek13です。

  • テキサンズ(4-7)vsタイタンズ(7-4)
  • バイキングス(9-2)vsファルコンズ(7-4)
  • ラムズ(8-3)vsカーディナルス(5-6)
  • イーグルス(10-1)vsシーホークス(7-4)
  • スティーラーズ(9-2)vsベンガルズ(5-6)

  • 他の注目試合としては
    パンサーズ(8-3)vsセインツ(8-3)
    があります。NFC南地区の直接対決。今週のNFC南のチームはどこも正念場という感じの試合ですね。

      12月4日 サンデーゲームの展望

    week13-03

    首位に返り咲いたタイタンズ テキサンズとの同地区対決

    テキサンズはQBサページが少し良くなったかなと思ったら、最終的にあぁ・・・という試合になっているような。。。発表はされてはいないけどファンとしては戻ってきたイエーツが見たいという声も聞こえてきています。守備はLBクッシングが戻ってきました。正直クラウニー以外現状頼る所がない状態なので、クッシングにどっしり構えてもらって、ブリッツをかけていくのがいいんですかね。
    怪我人情報
     WR ウィル・フラー
     EDGE ブレナン・スカーレット が欠場
    タイタンズは先週ジャガーズが敗れたため首位に返り咲きました。7勝4敗といい成績ではありますが、開幕前に想像していた攻撃はできてないなぁと厳し目な評価ですね。QBマリオタの現在の成績は9TD 12INT レーティング79.1ですからねぇ。もっと圧倒的な攻撃を期待してたんですがね。まあ勝ってるからいいっちゃいいんですけどね。今年は守備がビックプレイでなんとかしてる感じはします、Sバイヤードが6INTとリーグトップのINTを記録しています。失点は多いですが接戦で強い守備という感じがしますね。
    怪我人情報
     WR リチャード・マシューズ がクエッショナブル

    week13-11
    (クリックしたら大きく表示されます)

    チームのモチベーションの差は明らかですし、テキサンズの攻撃に問題ありな状況。タイタンズ勝利でしょう。





    week13-04
      

    北地区首位を走るバイキングス 南地区首位と1ゲーム差に縮めて来たファルコンズ
    NFCプレイオフを争う2チームの対決


    バイキングスは現在ライオンズと2ゲーム パッカーズと3ゲームとセーフティリードを保っているように感じるが、残り5週なかなか濃い対戦が残っている。プレイオフでも対戦するかもしれないチームですし、しっかりと勝利を収めたい。QBキーナムが11月の月間MVPを獲得しました。ほんとこんなことになるとは誰も予想できなかったでしょうね。ロングパスの精度だけは前から良かったけど、それ以外はという評価がこんな覆るとはなぁ。RBマレーも調子が上がってきており、ラン・パス共にバランスの取れた攻撃をしている。守備はもう何も言うことがない。先週CBローズが狙われるという今年あまり見ない光景を見ましたが、最後の最後でやり返したのは流石でしたね。
    怪我人情報
     T マイク・レマーズ が欠場
     LB エリック・ケンドリックス がクエッショナブル
    ファルコンズはやっと攻撃が戻ってきたなぁとWRジョーンズのスーパーキャッチも増えてきて、らしさがでてきました。RBフリーマンが今週から戻ってきます。RBコールマンとのコンビ復活で、最後のピースが埋まった感じですね。バイキングス守備との対決は純粋に楽しみですね。守備はシーズン序盤はあまり良くないなというイメージでしたが、シーズン終盤につれて良くなってきています。去年もそんな感じだったんですよね。昨年のサック王EDGEビーズリーがまだ4サックと元気がないので、復活を期待したいところです。CBトゥルーファントの欠場が結構痛いところですね。
    怪我人情報
     CB デズモンド・トゥルーファント が欠場
     LB ショーン・ウェザースプーン がクエッショナブル

    week13-12
    (クリックしたら大きく表示されます)

    この試合の予想はなんとも難しいですね。好勝負が期待できる対戦です。いやぁどうしよう。どっちも勝ちのイメージなんだよなぁwwwwwどっちも勝ちにしたいわwwww
    うーん、バイキングスで






    week13-05
      

    攻守噛み合う地区首位のラムズ 同地区のカーディナルスとの対戦

    ラムズは先週セインツを8連勝で止めた。やはり今年のラムズは本物だなという印象を植え付ける内容と結果でした。ほんとラムズがこんな化けるとは思ってなかったなぁ。やはり新HCマクベイの手腕がすばらしいというしかないでしょう。今週WRウッズが欠場なのがどう響くかですね。まあRBガーリーがいますしなんとでもなる感じがしちゃいます。守備はDLドナルドとブロッカーズの真正面からのプレッシャーがほんとすごいです。これで完全にプレイ崩れますからね。怖いです。
    怪我人情報
     WR ロバート・ウッズ
     EDGE コナー・バーウィン が欠場
     RB ランス・ダンバー がクエッショナブル
    カーディナルスは先週ジャガーズを破りました。QBギャバートは古巣に恩返しをした形になりました。この勝利で来年はギャバートで行こうかとかいう記事があったんですが、それはやめておいたほうが。。。。ジャガーズ時代からいい状態が1試合で終わるのをよく見てましたし。。。好調が続かないんですよこのQB。ということは今週は・・・・と正直思ってます。このチームはベテラン再生工場的な感じなので、まじめにイーライ取るのも考えてもいいんじゃと思います。なんか来年の話になってしまっていますが、まだ優勝の目がなくなったわけではないんですよね。でも厳しいよなぁ。
    怪我人情報
     DL コーリー・ピータース
     WR ジョン・ブラウン
     LB ディオン・ブキャノン が欠場
     RB エイドリアン・ピーターソン
     TE トロイ・ニクラス
     DL ジョッシュ・マウロ がクエッショナブル

    week13-13
    (クリックしたら大きく表示されます)

    カーディナルスのOLではドナルド ブロッカーズを止めるのは無理でしょう。ただRBピーターソンがそこさえ抜けることができれば勝機はないとは言えません。でもラムズ勝利でしょうね






    week13-06
      

    ほぼ優勝が決定しているイーグルス プレイオフ圏内に戻りたいシーホークス
    プレイオフを占うNFC上位同士の対戦


    イーグルスの地区優勝は揺るぎない形になりました。現状今年のシーズンMVPはウエンツとブレイディの2択かなぁと感じますね。今週WRジェフリーと4年契約を結びました。正直ここまでジェフリーを使いこなせると思ってなかったんだよなぁ。RBアジャイもトレード獲得して正解ですしね。何もかも上手く行ってる感じですね。TDとターンオーバーのセレブレーションもそろそろネタ尽きるんじゃないかというほど毎週何個も見ますね。
    怪我人情報
     リスト内はなし
    シーホークスはほんとQBウィルソンがすごすぎますね。OLが酷すぎるけど、それでも逃げ回ってパス通しちゃうんだから、こんな芸当ウィルソンにしかできません。怪我だけはしないようにしてほしい。ウィルソン以外だったらほんと危ないと思いますあれは。最近RBマキシックとかいうのが出てきて、結構いいランを見せています。守備はやはりシャーマンとチャンセラーの穴が大きくパス守備に不安を抱えています。ちょっと守備には頼れないというのが現状です。
    怪我人情報
     G オーデイ・アブーシ
     S カム・チャンセラー が欠場
     DL ナゼル・ジョーンズ
     EDGE ディオン・ジョーダン がダウトフル
     TE ジミー・グレアム
     T デュアン・ブラウン
     LB ボビー・ワグナー
     S アール・トーマス がクエッショナブル
    week13-14
    (クリックしたら大きく表示されます)

    シーホークスのDB陣の不安がある程度解消できればいいのですが、まだ厳しいかなと。ウィルソンがすごいとは言え大量得点取れる攻撃ではないですからね。イーグルス勝利かなぁ。いい試合を期待したいです。




      12月5日 マンデーナイトゲームの展望

    week13-07

    ほぼ優勝が決まっているスティーラーズに 厳しいシーズンだったベンガルズとの同地区対決

    スティーラーズは現在第1シードなんですよね。結局今年もAFCはペイトリオッツとスティーラーズなのかという感じになってしまいましたね。中盤からQBロスリスバーガー RBベル WRブラウンのトリプレッツが復調しだしてきて、安定して勝ちを拾っていった印象ですね。守備は誰か一人すごいのがいるという感じではなく全体でまとまってる感じですね。ルーキーEDGEワットが当たりだったのが大きいですが。毎回言ってしまいますが、相手の良いところを完全に潰すという感じの守備ですよね。
    怪我人情報
     TE バンス・マクドナルド
     CB ジョー・ヘイデン が欠場
     S マイケル・ミッチェル がダウトフル
     WR アントニオ・ブラウン がクエッショナブル
    ベンガルズは2年連続でなんとも言えないシーズンになってしまいました。今年は特にOLの弱体化で攻撃がうまくいかなかったですね。最近の試合ではルーキーRBミクソンが元気ではあります。ただ今年はラン攻撃もうまくいかなかったですねぇ。RBバーナード ヒルが絶不調でしたね。QBダルトンは・・・とにかくOLなんとかしないといけないなと。守備はごめんなさい悪くはないみたいなんですが、チームの状況もあってあまり印象がありませんwwwスタッツ見る限り悪くはないみたいですけどね。ルーキーEDGEローソンが7.5サックあげてますし。
    怪我人情報
     LB ヴィンセント・レイ
     LB ニック・ビジル
     S ショーン・ウィリアムス が欠場
     EDGE マイケル・ジョンソン がクエッショナブル

    week13-15
    (クリックしたら大きく表示されます)

    まあベンガルズが勝つ想像があまりできませんねぇ。どうすれば勝てるかなぁ。。。ということで普通にスティーラーズ勝利と思います。


    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
    今週のジャガーズはコルツとの同地区対決。さすがにここを落とすようだとチーフスのように混沌に巻き込まれることになります。さすがに勝ってほしいですね。

    気になるのはパンサーズvsセインツがセインツフルマークなこと。パンサーズ波に乗ってる感じするんですがね。何人かは迷ってセインツなんでしょうが、個人的にはパンサーズかなと思ってます。でもパンサーズはわからんからなぁ・・・・

    スティーラーズvsベンガルズ
    でベンガルズに唯一あげたゴードン・マグネスさん。ベンガルズ勝ちをどう想定したのかお聞きしてみたいです。個人的にはまったく思い浮かばないんですよね。

    個人的に大注目のブラウンズvsチャージャースですが、そらチャージャースフルマークになりますわなぁ。一応ねこのブログの名前通りファンですから。今シーズンDAZNで1試合しか放送されてないのでREDZONEとハイライトだけで見てる、そうとう緩いファンですので強くブラウンズについて語れないんですが、ゴードン復帰戦めちゃ期待してます!
    (今更ブログの名前変えるのもなぁと・・・ブラウンズのファンであることは間違いではないですしね・・・)

    今週は結構フルマークが多い印象ですね。





    まずはじめに。
    先月あたりから怪我人リストからアクティブロースターへ復帰してる選手が数名いますが。使用しているTransactionでは表示されておらず、完全に追えていませんでした。どこかそのリスト乗っている所知りませんか?ご存知の方いましたらコメントください。
    ということで現時点で追えた怪我人リストから復帰したリストです。

     怪我人リスト⇒ロースター復帰 
    20171202-4

    ということで怪我人リストからの復帰者については追えた物だけを載せています


    では改めて怪我人リストから
    20171202-1
    NE ベネットは結局肩の怪我でリスト入り。シーズンオフ、有力チームのオファーがなかったら引退しそうな気がしますね。ペイトリオッツからオファーがあったから頑張ってみたという感じでしたからね。
    GB モンゴメリーは手首の怪我でシーズンエンド。WRからRB転向で出番を増やしたのでレシーバーには困ってないパッカーズとしては来年もRBとして使うんでしょうね。


    怪我人情報は
    http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/


    続いては出場停止関連
    20171202-2

    OAK クラブツリーDEN タリブ例の乱闘での殴り合いにより1試合出場停止です。
    CBタリブ、WRクラブツリーの出場停止処分は1試合に軽減 | NFL JAPAN.COMCBタリブ、WRクラブツリーの出場停止処分は1試合に軽減 
    CAR ジョンソンドーピング(PED)で4試合出場停止となっています。今シーズン先発出場はしているもののサックをあげられていません。その焦りだったんですかね?2年契約ですが年齢もありカットもありえるかもしれませんね。


    CLE ゴードン2014年Week16以来の復帰となります。
    ブラウンズ、WRゴードンがチャージャーズ戦に先発 | NFL JAPAN.COMブラウンズ、WRゴードンがチャージャーズ戦に先発
    長かったですねぇ。このまま引退だろうなぁと思いましたが、復帰までなんとかこぎつけましたね。
    幼少時代からマリファナを使用していたとか色々やばい告白などもありましたが、おそらく復帰が認められたということはもう薬は克服したということを信じたいところです。残り5週、未だ勝利のないブラウンズにとって救世主となって欲しい選手です。今週のチャージャース戦は注目の試合です。

    HOU クッシングはドーピングによる10試合の出場停止が今週解けました。




     契約状況 
    20171202-3

    今週は動きは少なかったですね。

    DAL マクファデン引退を表明
    元カウボーイズRBマクファデンが10年のキャリアに幕 | NFL JAPAN.COM元カウボーイズRBマクファデンが10年のキャリアに幕 

    DAL ヌーゲットは ベイリー復帰により解雇になりました。



    チーム別のこれまでの契約

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
    ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

    http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

    HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

    チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
    主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
    参考にしてます。
    http://www.foxsports.com/nfl/transactions
    http://www.nfl.com/transactions





    なんか結構色々ニュースあったので リンクと個人的なコメントを

    ジャイアンツQBマニング時代の終了か、次戦はスミスが先発へ | NFL JAPAN.COMジャイアンツQBマニング時代の終了か、次戦はスミスが先発へ 

    今シーズンの成績は2411y 62.5% 14TD 7INT レーティング84.1と良くはないけどめちゃくちゃ悪いというわけでもないが、レシーバー不足であったことは間違いない。チームが未だ2勝ということもあり交代となりました。交代したのがジーノ・スミスというのがなぁ、それなら交代しなくてもとも思うのですが。
    正直ドラフトルール無視の入団経緯がきっかけで嫌いな選手です、もう十数年前のことではありますが私はこいうの根深い人間ですので、嫌いとは言えなんか寂しさを感じます。来季どうなるんでしょうかね。
    連続先発記録も歴代2位となっていましたが、この交代で途切れることになります。



    元カウボーイズRBマクファデンが10年のキャリアに幕 | NFL JAPAN.COM元カウボーイズRBマクファデンが10年のキャリアに幕
    レイダース時代が長かったので印象としてはレイダースでの印象が強いですね。1000y越えは2度だけだったんですね。もう少し走ってるような気がしてましたが。

    通算 5421y 28TD おつかれさまでした。


    49ers、ベアーズ戦でついにQBガロポロを先発起用へ | NFL JAPAN.COM49ers、ベアーズ戦でついにQBガロポロを先発起用へ  
    ルーキーQBピアードが負傷し、ラストドライブで登場し見事にTDまで導きました。すでに勝負はついていた試合ではあったので、来週のベアーズ戦は少々楽しみですね。なんかやりそうな雰囲気は出てましたね。落ち着いたプレイが出来ていました。


    ブロンコス、QBリンチが負傷でシーミアンが登場 | NFL JAPAN.COMブロンコス、QBリンチが負傷でシーミアンが登場
    期待されとうとう先発出場したリンチでしたが、内容も残念な結果で怪我して退くことに、ベンチで悔し涙を見せていました。代わりにシーミアンが出場し、2TDドライブを演出、あと一歩のところまで追い込みました。一時期の不調は脱したかもしれません。来週先発に復帰するようです。


    ペイトリオッツQBブレイディがアキレス腱の痛みで練習回避 | NFL JAPAN.COMペイトリオッツQBブレイディがアキレス腱の痛みで練習回避 
    一応来週の試合には問題ないということですが、この年齢でアキレス腱切ったらキャリア終了になってしまうので、本当に慎重にお願いしたいところですね。今週はビルズ戦です。


    いよいよ再始動を開始するブラウンズWRゴードン | NFL JAPAN.COMいよいよ再始動を開始するブラウンズWRゴードン 
    先週から練習に復帰し、とうとう来週のチャージャース戦復帰を果たします。公式戦は2014年 Week16以来となります。ちなみに去年はプレシーズンで2試合に出ており、その時はリーディングレシーバーを取った時と遜色はないプレイを見せていました。正直今シーズン初勝利はゴードンにかかっていると言っていいでしょう。期待してます。
    でも本当に試合に出るまで油断はしないでほしいところです。



    あとMIA カトラー TB ウィンストン 復帰もあったんですが、まあそこまでコメント書くことないしいいかなと。






    という内容です。

      混沌と化したAFC西

    ビルズ 6-5 16-10 チーフス 6-5
    今週も攻撃が沈黙。シーズン前半QBアレックス・スミスはシーズンMVP候補と言われていたのは一体何だったのかと言われても仕方がない状態です。開幕5連勝後は1勝5敗となってしまいました。果たして立て直すことができるんでしょうか・・・・


    チャージャース 5-6 28-6 カウボーイズ 5-6
    追いかけるチャージャースはカウボーイズ相手に圧勝。本来はもっと点数入ってるはずなんですが、Kノバクが怪我をし、キッカー不在でFG2本 エクストラポイント2本ほど機会を失ってこの結果です。来週の結果次第で首位が逆転しかねない状態になりました。

    ブロンコス 3-8 14-21 レイダース 5-6
    同じく追いかける2チームの直接対決。ブロンコスは2年目QBリンチが今季初先発でしたが、低調な出来な上試合途中に足を負傷し交代。QBシーミアンが久々に登場し2TDをあげ追い上げるも届かず。レイダースはDCが交代した最初の試合なかなかよい守備でした。今シーズン初INTも記録しましたし。てか今までINTなかったんかよと。まだ昨シーズンの調子に戻ってはいませんが、チャンスをもらった形ですのでなんとかものにしたいところです。


    ということで1ゲーム差でまだチーフスが首位ですが、チャージャース レイダースの三つ巴となっていきそうです。

    3チームの今後の日程です。

    チーフス チャージャース レイダース
    13 @ジェッツ ブラウンズ ジャイアンツ
    14 レイダース レッドスキンズ @チーフス
    15 チャージャーズ @チーフス カウボーイズ
    16 ドルフィンズ @ジェッツ @イーグルス
    17 @ブロンコス レイダース @チャージャーズ

    もう残り5試合です。直接対決は1試合づつ残っています。
    WEEK14 レイダースvsチーフス
    WEEK15 チャージャースvsチーフス
    WEEK17 レイダースvsチャージャース


    日程的には直接対決2試合どちらもホームのチーフスが有利に感じますが、現状が悪すぎるのがなぁ。今年のジェッツは油断できない相手ですしねぇ。
    チャージャースもジェッツ戦残してますのでここが以外と鍵になるかなと。
    レイダースが日程的には厳しいですね。まだイーグルス戦を残していて、直接対決2試合ともアウェイ。直接対決連勝は必須ですね。

    ということでAFC西地区はほぼ降り出しに戻りました

    week12終了時点のAFCの順位です
    チーム名
    スティーラーズ 9 2
    ペイトリオッツ 9 2
    タイタンズ 7 4
    チーフス 6 5
    ジャガーズ 7 4
    レイブンズ 6 5
    ビルズ 6 5
    ベンガルズ 5 6
    レイダース 5 6
    チャージャーズ 5 6
    ジェッツ 4 7
    ドルフィンズ 4 7
    テキサンズ 4 7

    南地区とワイルドカード争いも結構混戦ですね。


      混戦のNFC南

    セインツ 8-3 20-26 ラムズ 8-3
    セインツの連勝が8でストップしました。この試合はラムズ守備のプレッシャーが素晴らしかったですね。さすがのブリーズも厳しい試合でした。あとルーキーCBラティモアの欠場が痛かったですね。そうだとしてもラムズQBゴフは本物だなと感じる試合でしたね。

    パンサーズ 8-3 35-27 ジェッツ 4-7
    第3Qまで接戦の試合でしたが、試合を決めたのは守備でした。EDGEホートンのファンブルフォースからLBキークリーがボールを拾いそのままPICK6。なかなかニュートンが波に乗れない試合でしたが、そういう時は守備でなんんとかする強いパンサーズの試合でした。これでセインツに勝敗が並びました。


    バッカニアーズ 4-7 20-34 ファルコンズ 7-4
    RBフリーマンがまだ戻ってこれない中RBコールマン一人で大奮闘している。この試合も97y 2TDを記録。そしてWRジョーンズが252y 2TDと記録的な活躍をみせた。昨年のファルコンズっぽい試合が出来てきましたね。これで3連勝で首位と1ゲーム差となりました。


    3チームの今後の日程です。


    セインツ パンサーズ ファルコンズ
    13 パンサーズ @セインツ バイキングス
    14 @ファルコンズ バイキングス セインツ
    15 ジェッツ パッカーズ @バッカニアーズ
    16 ファルコンズ バッカニアーズ @セインツ
    17 @バッカニアーズ @ファルコンズ パンサーズ

    直接対決は
    WEEK13 パンサーズvsセインツ
    WEEK14 セインツvsファルコンズ
    WEEK16 ファルコンズvsセインツ
    WEEK17 パンサーズvsファルコンズ


    まだファルコンズとセインツは2試合残っている状況です。セインツとファルコンズは5戦中4戦が同地区対決となっています。
    WEEK13 バイキングスvsファルコンズ
    WEEK14 バイキングスvsパンサーズ


    このバイキングス戦が残ってる2チームは厄介ですね。楽しみな一戦ではありますが。
    最後まで続きそうな高レベルの戦いですね。ワイルドカード2つとる可能性も十分あります。


    Week12終了時点のNFCの順位表です
    チーム名
    イーグルス 10 1
    バイキングス 9 2
    セインツ 8 3
    ラムズ 8 3
    パンサーズ 8 3
    シーホークス 7 4
    ファルコンズ 7 4
    ライオンズ 6 5
    カウボーイズ 5 6
    パッカーズ 5 6
    カーディナルス 5 6
    レッドスキンズ 5 6

    ワイルドカード争いは10勝はしないと厳しいかなと思われます。今負け越しているチームはもう負けたら終わりでしょう。しかしワイルドカード3チームにしてほしい感じがしますね。。。。AFCから1個枠譲ってあげてもいいんじゃねぇかなwwwwwwww




      代理キッカー 今シーズン一覧


    チャージャース K ノバクが怪我でP ドリュー・カサーがキックの練習を行っている様子ですが、ネットはずすのは初めてみました。本番でも、エクストラポイント3回中2回はずしてました。
    はじめて成功した時のこの喜びようwwww単純にパンターが代役すりゃいいじゃんと思ってましたが、考えを改める代理キッカーでしたね・・・・てか2ポイント狙えばいいんじゃとも・・・・


    今年はキッカーの怪我が異様に多く、代理キッカーが出まくっています。
    今年の一覧を表にしました。

    まず怪我による交代です。
    week13-22
    右の選手は試合中の怪我によって代理キッカーとなった選手です。
    DALのベイリーは今週怪我から復帰して先発に戻っています。LACのノバクの怪我の状況は現状不明で来週どうなるかはわかっていません。

    続いては不調による交代です。
    week13-23
    前任よりはましにはなったかレベルですかね。

    怪我で6チーム 不調で4チームの交代と、約1/3が交代となっており例年がどうだかまではわかってませんが、ここまで交代することはなかったとは思いますね。

    抜擢した新人キッカーの成績です

    KC ハリソン・バトカー
     23/24 96% 50y以上 2/2 エクストラポイント 14/14
    PHI ジェイク・エリオット
     18/22 82% 50y以上 5/6 エクストラポイント 29/32
    OAK ジョルジオ・タベッキオ
     12/15 80% 50y以上 3/4 エクストラポイント 25/26
    WAS ニック・ローズ
     10/11 91% 50y以上 1/1 エクストラポイント 15/16


    バトカーが素晴らしい成績ですね。ここまではずしたのが1本のみ。今シーズンはFG外すシーンを結構見かける中でこの成績は立派です。エリオットも50y以上が5/6 その中でもweek3に決めた61yサヨナラFGは今年一番のキックだったと思います。

    他の2選手もなかなかの成績だと思います。
    あんまりオチ的に使いたくなかったんですが、実は新人キッカーはもうひとりいまして、彼は実力で開幕キッカーをものにしたのでここには載せていなかったのですが。。。

    CLE ゼイン・ゴンザレス
     11/16 69% 50y以上 1/2 エクストラポイント 17/18

    キック力もあって、エクストラポイントはまだ1本しか外していません。ただねぇもう少し普通のFGの精度がほしいです。。。



      バトルロイヤル  

    OAK WRマイケル・クラブツリー と DEN CBアキブ・タリブとのマッチアップが見どころの一つではありましたが試合開始3分ちょっとでやってしまいました。もちろん両者退場。さらに追加でOAK G ゲイブ・ジャクソンも審判に接触したことで退場となってしまいました。
    ブロンコス対レイダース戦、CBタリブとWRクラブツリーが乱闘で退場 | NFL JAPAN.COMブロンコス対レイダース戦、CBタリブとWRクラブツリーが乱闘で退場 | NFL JAPAN.COM 

    今年はすでにWeek9でもグリーンvsラムジーがありまして WRvsCBの殴り合いは2件目ですね。
    2017 week9 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017 week9 まとめ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 

    今回の裁定は最初両者2試合だったのが1試合出場停止となったようです。
    CBタリブ、WRクラブツリーの出場停止処分は1試合に軽減 | NFL JAPAN.COMCBタリブ、WRクラブツリーの出場停止処分は1試合に軽減 | NFL JAPAN.COM 


    どちらかというと、まだプレイオフ争っているレイダースにとっては厳しいものになったかなぁと思います。同地区の対決は熱いものがありますが、手を出してはあかんです。




      今週のスペシャルプレイ

    ATL WR モハメド・サヌー

    ワイルドキャット体系から WRフリオ・ジョーンズへのTDパスを決めました。試合も圧勝。
    week12-21
    これでパスは6回目の成功 レーティングは満点とのことです。



    BAL P サム・コック
    今シーズン2回目のフェイクパントパスを成功させました。
    キャリア12年 レイブンズ一筋のパンターですが、あまりこういうプレイする記憶なかったんですが、キャリア通算でも4回目のパスだったようです。正直言って今年のフラッコよりもいいパス投げてるのではと。。。この試合でもフラッコのパスは微妙でしたし。このプレイがなければボロ負けだった可能性も十分ありました。いいプレイでした。



      今週のMVP

    AFC
     攻撃  LAC QB フィリップ・リバース
     守備  PIT DL キャメロン・ヘイワード
     SP  BAL P サム・コック

    NFC
     攻撃  ATL WR フリオ・ジョーンズ
     守備  CAR LB ルーク・キークリー
     SP 
     ARI K フィル・ドーソン

    リバースは434y 3TD レーティング149.1をあげ受賞
    ヘイワードは2サック 今季通算9サック目をあげ受賞
    ドーソンは57yのサヨナラFG含め4本のFGを成功し受賞


      ついでなんで、サースデイナイトの展望

    week13-02

    地区優勝はもう可能性がなくなった
    NFC東の同地区対決


    なかなかモチベーションが上がりにくそうな同地区対決になってしまいました。
    レッドスキンズ今シーズンスケジュール厳しくなかったですかね。5勝中ラムズ・シーホークスに勝利 6敗の内訳はカウボーイズ以外全チーム首位。(イーグルス2・セインツ・チーフス・バイキングス)以外とここからワイルドカードに食い込むということもあり得るかもしれない。5連勝してもおかしくない残り試合となっている。パス攻撃は問題ないので、10勝6敗を目指したい。十分可能性あると思います
    怪我人情報
     TE ジョーダン・リード
     DL テレル・マクレイン
     S モンタエ・ニコルソン が欠場
     G ブランドン・シャーフ
     T モーガン・モーゼス
     T トレント・ウィリアムス
     LB ザック・ブラウン
     LB マートレル・スペイト がクエッショナブル
    カウボーイズRBエリオットが欠場後とにかく点が取れない。先週久々にTDをとりましたが、試合は完敗し3連敗。QBプレスコットがもうちょっと出来ると思われていたので、この結果に評価がだだ下がり状態です。エリオットが居たときの落ち着いたプレイはどこにいってしまったんでしょうか・・・・相手の守備はラン攻撃を無視してQBにプレッシャーかけまくってるからというのもありますが、それが効いてしまってるので今週も厳しいプレッシャーをかけられることでしょう。打開しない限りプレッシャーが続くのは必至です。
    怪我人情報
     LB ショーン・リー
     LB ジャスティン・デュラント が欠場
     G ザック・マーティン
     G ラエル・コリンズ
     T タイロン・スミス
     DL マリーク・コリンズ
     LB アンソニー・ヒッチンズ がクエッショナブル

    week13-08
    (クリックしたら大きく表示されます)

    レッドスキンズの9サックを決めているEDGEケリガンをどう止めるか、ケリガン以外のプレッシャーもかけれるかが鍵でしょう。ただカウボーイズは守備も崩壊してるんですよね。LBリーが復帰できるかどうかだが無理させるでしょうか? レッドスキンズ勝利と予想します。



    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    バイウィークが終了 感謝祭も終わったweek12です

  • ドルフィンズ(4-6)vsペイトリオッツ(8-2)
  • バッカニアーズ(4-6)vsファルコンズ(6-4)
  • ブロンコス(3-7)vsレイダース(4-6)
  • パッカーズ(5-5)vsスティーラーズ(8-2)
  • テキサンズ(4-6)vsレイブンズ(5-5)

  • 他の注目試合では
    セインツ(8-2)vsラムズ(7-3)
    ビルズ(5-5)vsチーフス(6-4)
    ジャガーズ(7-3)vsカーディナルス(4-6)

    があります。セインツの試合をなかなか放送してくれませんねぇ。ラムズとの上位同士の対決は楽しみです。

    今週はデータなしの印象のみの浅い展望です。

      11月27日 サンデーゲームの展望

    week12-06

    結局ペイトリオッツ飛び抜けちゃってるじゃんって感じの同地区対決

    ドルフィンズQBカトラーが脳震盪で欠場。結局QBタネヒルじゃないと厳しかったんだなぁと感じるシーズンとなってしまった。でもタネヒルが無事でもそこまで変わったかなとも思うところも。でもAFCは4-6でも望みあるんですよね。まだ頑張りがいはあるかと
    怪我人情報
     QB ジェイ・カトラー
     G ジャーモン・バシュロッド
     EDGE ウィリアム・ヘイズ が欠場
     T レアミー・タンシル
     LB スティーブン・アンソニー がクエッショナブル

    ペイトリオッツはシーズン序盤の不安はなんだったのかという状態。結局地区優勝へ突き抜けた。パス守備事態はそこまで改善されてないけど、失点は改善されました。QBブレイディは今年もINTまだ2。まったく衰え知らずですねぇ。

    怪我人情報
     WR クリス・ホーガン
     T マルクス・キャノン
     C デイビット・アンドリューズ が欠場
     TE マーテラス・ベネット がダウトフル
     WR ダニー・アメンドーラ
     ST マシュー・スレイター
     DL マルコム・ブラウン
     CB エリック・ロウ
     S パトリック・チャン がクエッショナブル
    week12-14
    (クリックしたら大きく表示されます)

    正直この勝敗で地区内で響くことはないだろうが、ドルフィンズとしてはまだワイルドカード争いがある。ただ勝つのはペイトリオッツでしょうねぇ






    week12-07
      

    地区3位ではあるがワイルドカード争いに加わってるファルコンズ
    最下位のバッカニアーズ
    NFC南地区同地区対決


    バッカニアーズQBフィッツパトリックが先発となる状況になるとは。。。ただフィッツパトリックになってから2連勝中少し攻撃改善してるような気がします。プレイオフは絶望的ではありますが、同地区に簡単にやられるわけにはいかない感じでしょうね。
    怪我人情報
     QB ジェーミス・ウィンストン
     C エバン・デイトリッチ・スミス
     EDGE ロバート・エイヤーズ
     CB ヴァーノン・ハーグリーブス が欠場
     EDGE ウィリアム・ゴルストン がクエッショナブル
    ファルコンズはやっと調子があがってきた。守備が徐々に理想通りになってきましたね。攻撃はRBフリーマンが欠場していますが、RBコールマン1人でなんとかカバーできています。地区首位のセインツとの直接対決はまだなく2戦残っています。逆転優勝も十分あります。
    怪我人情報
     RB デボンタ・フリーマン
     G タイ・サムブライロ が欠場
    week12-15
    (クリックしたら大きく表示されます)

    モチベーションの差はあるだろうけど、相手は空気を読まないQBフィッツパトリック。決して油断ならない相手ではあります。でもファルコンズ勝ちでしょう。でもちょっと怖いですけどね。





    week12-08
      

    チーフスが崩れてきた今。もしかするとまだ望みがありそうな2チーム
    AFC西地区同地区対決


    ブロンコス
    はとうとうQBリンチが登場するようです。同じ2年目ドラフト1巡目指名のウエンツ・ゴフが大活躍している今、焦りを感じていることでしょう。OLが上手く行っていないブロンコスにとっては、おそらく今いるQBの中では機動力があるリンチのプレイには期待してることでしょう。印象残したいですね。
    怪我人情報
     WR エマニュエル・サンダース
     TE ジェフ・ヒューマン
     DL ドマタ・ペコ
     DL アダム・ゴッシス
     EDGE シェイン・レイ がクエッショナブル
    レイダースは昨年自慢だった攻撃が残念な状態。QBカーが怪我以来あまりいい感じじゃないですねぇ。負け越してるけど一応プレイオフはまだ見える状況ではあるので、もうラストチャンスだと思ってブーストしたいところです。現状今年も守備に頼れないので攻撃が復活しないと厳しいです。
    怪我人情報
     CB デビッド・アマーソン が欠場
     WR コーダレル・パターソン
     G ゲイブ・ジャクソン
     LB コーリー・ジェームス がクエッショナブル
    week12-16
    (クリックしたら大きく表示されます)

    リンチ次第であるとは思います。そういえばここ数試合ブロンコスはスペシャルチームに試合を左右されてる気がします。先週はいい方に向いたんですが今週はどうでしょうね。勝敗予想はむずかしいなぁ。どっちにも勝ってほしい感じがするんですよねぇ。リンチに期待ということで、ブロンコス勝利にしておきます。






    week12-09
      

    やっぱりロジャースがいないとなぁというパッカーズ
    盤石のスティーラーズに挑む

    パッカーズは先週完封をくらいました。レイブンズ守備が強かったとは言え何もできなかったのは印象が悪いですね。まだ五分ではありますがここでスティーラーズ戦は厳しいスケジュールですね。今シーズンはロジャースが帰ってくる前に終わりそうな気配を感じます。QBハンドレイはプレッシャーから逃げる時だけはロジャースっぽい動きするんですよね。
    怪我人情報
     RB アーロン・ジョーンズ が欠場
     RB タイ・モンゴメリー
     DL ケニー・クラーク がダウトフル
     C コーリー・リンスリー
     EDGE クレイ・マシューズ
     CB ケビン・キング
     S モーガン・バーネット がクエッショナブル
    スティーラーズは不安だった攻撃も結構改善されてきました。ただその象徴的選手WRシュースターは欠場のようです。まあABいればなんとかなるでしょう。守備は毎試合相手のいいところを封殺してる感じがします。相手の攻撃の良さを消すため、そこで流れをスティーラーズペースにもっていくんですよね。
    怪我人情報
     WR ジュジュスミス・シュースター
     TE バンス・マクドナルド
     CB ジョー・ヘイデン が欠場
     S マイケル・ミッチェル がクエッショナブル
    week12-17
    (クリックしたら大きく表示されます)

    力の差は歴然でしょう。スティーラーズ圧勝と予想します。




      11月28日 マンデーナイトゲームの展望

    week12-10

    地区優勝はないが、ワイルドカード争いをしている2チームの対決

    テキサンズサページが段々良くなってきているように感じる。ただ今週のレイブンズは守備だけで勝ってるチーム。攻撃はかなり厳しいかもしれない。RBフォーマンが怪我人リスト入りしたのはかなり痛い。守備のがんばりに期待したい。
    怪我人情報
     WR ウィル・フラー
     C グレッグ・マンチュ が欠場
    レイブンズは守備だけで勝っている印象。CBスミスがここまで成長するとは思わなかったですね。今シーズンナンバーワンCBかもしれません。五分の星ではあるが現状ワイルドカード最後の枠に収まっている状況。攻撃が復調する可能性は低そうではあるので、守備のがんばり次第ですね。
    怪我人情報
     RB テランス・ウェスト
     T ロニー・スタンリー
     T ジェームス・ハースト
     EDGE テレル・サッグス
     LB C.J.モズリー
     CB ジミー・スミス がクエッショナブル
    week12-18
    (クリックしたら大きく表示されます)

    テキサンズがターンオーバーするか否かが重要な試合でしょう。ちょっとサページがレイブンズ守備を攻略する想像ができないんですよねぇ。。。レイブンズ勝利と予想します。

    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
    今週のジャガーズはカーディナルスと対戦です。
    カーディナルスのQBは先週と代わらなければギャバート、まさかのジャガーズ先発QB先輩後輩対決となる。こう聞くとどっちに転んでもおかしくないなと思っちゃいますね。そういえばDLカイラス・キャンベルは古巣との対戦ですね。手の内はわかっていてもどうにもならないでしょうね。それだけすごい能力の持ち主です。まあモチベーションの違いがあるので、ジャガーズ5連勝かなと。

    ブラウンズは同地区ベンガルズと対戦。
    今シーズンのベンガルズならと思うんですが、前回は7-31と完敗。今週も厳しいかなやっぱ・・・
    来週のチャージャース戦でWRゴードンが戻ってくる予定です。練習にはすでに参加しているので今週より来週が楽しみですかね。

    そういえば
    2chのスレでこんな記事がありました。6勝でもプレイオフの確率ってあるんですねぇ・・・ただ感謝祭でチャージャースが勝ったので、たぶんプレイオフの可能性なくなったんじゃないかなぁ






    今週はやっつけな感じで手抜きします。

    20171125-1
    T ギルバートは4試合出場停止となっています。


    怪我人情報は
    http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/

    20171125-2
    CB コリンズは開幕からの出場停止が解けましたが、解除後ATLから解雇されています。


     契約状況 
    20171125-3

    TE タメが引退を表明 コルツ ブロンコス ファルコンズで先発TEとして活躍しました。

    EDGE フリーニーはSEA解雇後DETに拾われました。SEAでは3サックをあげる活躍をしてたので解雇理由はいまいち不明です。

    CB リービスがKCと契約。ここに来てやっと契約されました。ちょっと調子の落ちているKCですが、リービスがどれくらい復調してるのかは気になりますね。ちょっと衰えが見えていた感じだったんで、復活を期待したいところです。




    チーム別のこれまでの契約(今週更新してません)

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
    ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

    http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

    HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

    チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
    主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
    参考にしてます。
    http://www.foxsports.com/nfl/transactions
    http://www.nfl.com/transactions





    という内容です。 感謝祭ゲームの浅い展望は3試合あるんで別の記事でやります。

      大波乱チーフス、
      今季1勝のジャイアンツに敗れる

    チーフス 6-4 9-12(OT) ジャイアンツ 2-8

    まさかのアップセットでしたね。
    アレックス・スミスは2INT 
    トラビス・ケルシーのスペシャルプレイも不発
    流れを変えたかったんでしょうが、失敗したことで悪い流れを引きずる結果になってしまいました。
    なんとかオーバータイムまで持ち込みましたが
    最後はジャイアンツが4thダウンギャンブルでWRルイスのスーパーキャッチが飛び出し、ジャイアンツの勝利となった。

    バイウィーク明けで1勝のジャイアンツ相手だったので、完勝してまたシーズン序盤の勢いを取り戻したいところでしたが、本当にまさかの敗戦でした。この敗戦で今後のチーフスがどうなってしまうか気になるところです。

    今後のチーフスのスケジュールです。
    12 11月27日(月) ビルズ
    13 12月04日(月) @ジェッツ
    14 12月11日(月) レイダース
    15 12月17日(日) チャージャーズ
    16 12月25日(月) ドルフィンズ
    17 01月01日(月) @ブロンコス
    同地区と東地区との対戦となっています。先週までなら余裕な日程だなと思いそうですが、ジャイアンツに敗れてしまった今はもう、どれがどうなってもわからない感じがしますね。怖いものです。

    AFC西地区の今週の結果は
    ビルズ 5-5 24-54 チャージャース 4-6
    ペイトリオッツ 8-2 33-8 レイダース 4-6
    ベンガルズ 4-6 20-17 ブロンコス 3-7

    順位表
    チーフス 6-4
    チャージャーズ 4-6
    レイダース 4-6
    ブロンコス 3-7
    チーフス今週負けたけど、全体的に停滞してる感じなんでそこまで変わらないかな・・・・




      今週のNFC上位の状況

    ラムズ 7-3 7-24 バイキングス 8-2
    バイキングスが得点力1位で勢いに乗るラムズを7点で押さえ込みました。見事な試合運びでしたね。RBガーリーが37yに抑え込まれ、なかなか攻撃がうまく行かなかったですね。

    レッドスキンズ 4-6 31-34(OT) セインツ 8-2
    セインツは試合時間残り5分ほどで15点差をつけられて、敗戦ムードが漂っていましたが、残り1分で同点に追いつきオーバータイムへ イングラムのロングゲインで試合を決めました。これで8連勝です。正直負けでしょと思っていたので、この追い上げはすごかったです。

    イーグルス 9-1 37-9 カウボーイズ 5-5
    この試合は前半までは互角だったんですよね。後半入って、Kエリオットが脳震盪で退いて。代わりにLBグルジルヒルがキックオフを務めることになってからなんか急にラン攻撃が出だすようになり、FGはどうやら蹴らせない方針で2ptでいくことにして、それも全部決まってしまうし、TDは止まらないし前半はなんだったんだという試合になりました。これが勢いの差なんだなとしか言いようない試合でした。

    ファルコンズ 6-4 34-31 シーホークス 6-4
    最後まで手に汗握る好勝負でした。シーホークスはCBシャーマンとSチャンセラーがいなくなった影響がもろに出てしまいましたね。逆にこれで影響しなかったらおかしい話ですが。今の2人がいればなぁというプレイがいくつも見られた感じでしたね。それでもここまで接戦をし最後FG入れれば同点のところまで持っていったのは流石だなと。ファルコンズも先週の守備8サックの勢いは健在しており、いい守備でした。攻撃も復調しつつあるかなと思います。


    現在のNFCカンファレンスの勝敗表です。

    イーグルス 9-1
    セインツ 8-2
    バイキングス 8-2
    ラムズ 7-3
    パンサーズ 7-3
    ライオンズ 6-4
    シーホークス 6-4
    ファルコンズ 6-4
    カウボーイズ 5-5
    パッカーズ 5-5

    ワイルドカードが6-4まで下がってきました。まだ5-5勢も十分にチャンスありそうですね。ここからの上位の潰し合いが注目される一戦となるでしょう。



      一応AFC上位も

    ペイトリオッツ 8-2 33-8 レイダース 4-6
    メキシコゲームでしたが、完勝でしたね。もう前半で圧倒しちゃって後半はよく見てませんwww

    タイタンズ 6-4 17-40 スティーラーズ 8-2

    サースデイナイトでの首位同士の戦いでしたが、4Qで完全に引き離され圧勝という内容でした。パス攻撃が爆発してましたねぇ。

    ジャガーズ 7-3 19-7 ブラウンズ 0-10
    ブラウンズは守備がんばりましたよ。でもジャガーズの守備が更に強い。最後まで一応わからない状態ではありましたが、まあ最後は予想通りな感じでしたね。最後の最後でPICK6を与えて終わるというこの結果。とりあえずWRコールマンおかえり!WRゴードンももう少し我慢すれば戻ってくるよ!というポジでいきましょう。



    AFCカンファレンスの勝敗表です。
    スティーラーズ 8-2
    ペイトリオッツ 8-2
    ジャガーズ 7-3
    チーフス 6-4
    タイタンズ 6-4
    レイブンズ 5-5
    ビルズ 5-5
    ドルフィンズ 4-6
    チャージャーズ 4-6
    ジェッツ 4-6
    レイダース 4-6
    ベンガルズ 4-6
    テキサンズ 4-6
    正直ワイルドカード争いは8-8でも間に合いそうにも思えますね。なんて言えばいいんでしょうか、ワイルドカード争い本当にしてるのか?って思えるような試合が多い気が・・・・ジャガーズは面白い存在なんですが、やっぱり今年もペイトリオッツとスティーラーズなんじゃという雰囲気が。
    序盤のペイトリオッツやべえんじゃねぇ?ってのは一体なんだったんだろうか。



      標高が高いと良く飛ぶ

    今回のメキシコゲーム エスタディオ・アステカは標高2200mとマイルハイより高い位置にあるスタジアムでした。標高が高くなると空気密度が小さくなる=空気抵抗が少なくなるということなんですが、それにしてもペイトリオッツ K スタッペン・ゴストコウスキーの62yのFGなのに、このまだ余裕があるキック。ここまで違うもんなんですねぇ。

    こちらはマンデーナイトのシーホークス K ブレア・ウォルシュの52yのFG キック力は十分あるキッカーですが、気温が低くなる=空気密度が大きくなる=空気抵抗が大きくなるというのがよく表れています。この日のワシントン州シアトルの気温は5℃前後だったようです。

    キッカーにとっては標高もですが、気温も重要なポイントです。




      今週の記録

    カーディナルス WR ラリー・フィッツジェラルド
    キャリア通算レシーブヤード単独5位に

    week11-31
    トニー・ゴンザレスを抜いて単独5位の記録となりました。3位のランディ・モスまで160y 2位のテレル・オーエンスまで800yほど。先日1年の契約延長を発表したので、今年中に3位、来年には2位になりそうな感じですね。まあ1位のジェリー・ライスの記録は、、、これ私生きてるうちに抜かす選手現れるんですかね?wwww 1000yなら22年 1500yなら15年 ほんととてつもない記録です。

    試合は残念ながら
    カーディナルス 4-6 21-31 テキサンズ 4-6
    惜敗でした。



    ビルズ QB ネイサン・ピーターマン
    キャリア初先発時のINT数記録 1位タイ

    week11-32
    1991年以前はどうなのかわからないみたいですが、とりあえずここ25年くらいでの記録みたいです。こんな記録すぐひっぱってこれるのは流石ですね。しかし、キース・ヌルとかいたなぁ。この記録がなかったら絶対思い出せなかったQBですわwwwww正直ヌルという選手が居たということを皆様に思い出していただく為に載せたようなものです。

    で、ネイサン・ピーターマンはこのINT前半だけで打ち立てちゃったんですよね。後半どうなるんだと思われましたが、タイロッド・テイラーに交代してしまいました。ビルズとしては嫌な流れをルーキーQBが先発して払拭することに賭けたんですが、最悪な結果となってしまいました。ちょっと大冒険すぎましたね。

    Tyrod Taylor to start for Buffalo Bills against Chiefs - NFL.comTyrod Taylor to start for Buffalo Bills against Chiefs - NFL.com 
    次週のチーフス戦はテイラーを先発に戻すことを発表しました。早くも反省した形になりました。

    もちろんですが、試合結果は
    ビルズ 5-5 24-54 チャージャース 4-6
    完敗でした。


      今週のMVP

    AFC
     攻撃  PIT WR アントニオ・ブラウン
     守備  BAL EDGE マット・ジュドン
     SP  NE K スティーブン・ゴストコウスキー

    NFC
     攻撃  NO RB マーク・イングラム
     守備  NYG S ランドン・コリンズ
     SP 
     SEA WR(PR) ライラー・ロケット

    NFL.com - Page Not FoundNFL.com - Antonio Brown, Mark Ingram among Players of Week  

    スティーラーズ WR アントニオ・ブラウンは 144yレシーブ 3TDを記録
    レイブンズ EDGE マット・ジュドンは 2サック 1ファンブルフォースを記録
    セインツ RB マーク・イングラムは 134yラン 1TDを記録
    ジャイアンツ S ランドン・コリンズは 14タックル 1INTを記録









    今週は感謝祭ゲームがあります。DAZNでは3試合とも実況・解説ありで放送されるようです。

  • バイキングス(8-2)vsライオンズ(6-4)
  • チャージャース(4-6)vsカウボーイズ(5-5)
  • レッドスキンズ(4-6)vsジャイアンツ(2-8)

  • の3試合です。

      11月24日 サンクスギビングデーゲームの展望

    week12-03

    一歩抜け出ているバイキングス それを追うライオンズ
    NFC北地区首位攻防戦第2ラウンド


    バイキングスは今週のラムズ戦守り勝ち2敗をキープした。ブリッジウォーターが戻ってきたが、好調のQBキーナムが先発を続けている。昔からロングパスの精度には定評はあったが、それ以外がからっきしだったのだが、バイキングスのレシーバーはロングターゲットWRディグスとシーレンを揃えておりぴったりはまった。今年のバイキングスはパスプロテクションがよくなっており、どうやらルーキーCエルフリンの存在が大きいようです。守備に関しては今年もラン・パスともに安定してます。前にも書きましたが、CBローズ側があまり狙われないので、CBウェインズがとても目立ちます。
    怪我人情報
     T マイク・レマーズ
     EDGE ブライアン・ロビソン
     S アンドリュー・シンデホー がクエッショナブル
    ライオンズは現在3連勝中で地区2位をキープしています。今年もパス重視でランはあまり出てないですね。とはいえ得点力は高く平均得点27.1点の5位となっています。ただREDZONEでの決定力があまりいいとは言えず、REDZNEでのTD率は50%の22位となっています。ここを改善できれば勝てたゲームもあったのでもったいないところです。Kプレイターの調子が良く、しっかりFGを取れているところはいいところですね。守備はSTATSとしてはあまり良くはみえないのですが、ターンオーバーが多いのが特徴ですね。今年PICK6を3つとっているので、この試合でもターンオーバーを奪えるかが注目ポイントでしょう。
    怪我人情報
     RB ドゥエイン・ワシントン が欠場
     EDGE ジギー・アンサー がクエッショナブル


    week12-11
    (クリックしたら大きく表示されます)

    前回のweek4では14-7でライオンズが勝利している。ライオンズとしては連勝すれば逆転地区優勝も見えてくる。バイキングスが勝てば地区優勝がかなり近づく。
    できればライオンズが勝って、もう少し後半まで盛り上げってほしいなと思いますが、現状まあまあの差があるように感じる、バイキングス勝利と予想します。








    week12-04
      

    チーフスに追いつく目は出てきたチャージャース
    イーグルスに絶望の1敗を喫したカウボーイズ


    チャージャース
    は4勝6敗なんですが負けの内容があと一歩でなんかおかしなことになって負けてるんですよねぇ。バッサリ言うと力はあるんですが、試合運びが下手クソなんですよね。とにかく普通のプレイをすることを心がけてほしい。スタッツで気になる所はラン守備が138.9yで最下位であることですが。プレッシャーはかけられてますし、失点も9位ですからいいほうですので、気にすることはないかなと。
    怪我人情報
     WR トラビス・ベンジャミン
     WR マイク・ウィリアムス
     T ラッセル・オクング
     T ジョー・バークスデール
     DL コーリー・リューゲット
     LB ヘイズ・プラード がクエッショナブル
    カウボーイズは今週の1敗は大きすぎた。まだ6試合残ってるが全勝しないと厳しいだろう。RBエリオットはweek16まで戻ってこないことが確定し、Tスミスも2試合欠場し、チームの攻撃は大停滞中。プレッシャーを受けたQBプレスコットがまともにプレイできなくなってしまっている。まずはプレスコットが落ち着いてプレイすることができないと厳しいだろう。守備は最初はなんとか耐えてるんですが、徐々に攻略されている感じですね。守備のモチベーションも低下してるんでしょうねぇ。

    怪我人情報
     LB ショーン・リー が欠場
     K ダン・ベイリー
     G ラエル・コリンズ
     T タイロン・スミス
     DL マリーク・コリンズ
     LB アンソニー・ヒッチンズ がクエッショナブル
    week12-12
    (クリックしたら大きく表示されます)

    正直モチベーションの差が出そうな気がします。まだ望みがありそうなチャージャースの方が勢いがありそうです。チャージャースの勝ちと予想します。変なことしなければ十分強いと思うんですよねぇ。






    week12-05
      

    チーフスから意地の一勝をあげたジャイアンツ いい試合はするけど負けるレッドスキンズ
    NFC東同地区対決


    ジャイアンツは今週のチーフス戦熱い試合でしたね。やろうと思えばできるんですよねやっぱり。ただ攻撃は今年はやっぱり厳しいですね。QBマニングのパス攻撃は苦しいですね。レシーバー不足とは言え、衰えが見えてきてるように感じます。でラン攻撃も頼れない。正直守備に頼って、たまにあるミラクルにかけるしかないでしょうね。チーフス戦のようなロースコアに持ち込むのが一番でしょう。その肝心の守備ですが、今週は良かったですね。チーフスの狙いをことごとく防いでいました。今回も同じ出来を期待したいところです。
    怪我人情報
     G ジャスティン・ピュー
     T D.J.・フルーカー
     LB BJ・グッドソン が欠場
     LB カルバン・マンソン がダウトフル
     WR スターリング・シェパード
     DL デーモン・ハリソン
     EDGE オリビエ・ヴァーノン
     LB ジョナサン・カシージャス
     LB ケルビン・シェパード がクエッショナブル
    レッドスキンズは負け越しているんですが、決して弱いわけではないんですよね。シーホークス ラムズに勝ってますし、他の上位チームとも接戦を繰り広げています。あともう一つの差が縮まらないという感じなんですよね。攻撃は特に言うことはないんですが、守備がもう少し耐えてくれていればというところがありますね、スタッツ見ても失点が26.6点で31位です。1つ分の得点ドライブを止めてくれれば勝敗が変わりそうな試合が何個もあったのは事実です。力はあるぶんもったいないシーズンだったなと言えますね。
    あと今週Cロング Gラヴァオ Tクレミングスが立て続けにIRリスト入りしました。OLは厳しい状況かもしれません。
    怪我人情報
     TE ジョーダン・リード
     DL テレル・マクレイン
     S モンタエ・ニコルソン が欠場
     RB サマジェ・ピーライン
     WR ライアン・グラント
     G ブランドン・シャーフ
     T モーガン・モーゼス
     T トレント・ウィリアムス
     DL マット・イオアニディス
     LB ザック・ブラウン
     LB マートレル・スペイト がクエッショナブル
    week12-13
    (クリックしたら大きく表示されます)

    正直言うと、この試合の勝敗はプレイオフには響かなそうです。来年に向けてどうするかという試合でしょう。力の差は結構あるとおもうので、レッドスキンズ勝ちでしょうね。


    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    week11お休みチームは ジェッツ コルツ パンサーズ 49ersの6チームです。今週でバイウィークが終了しいよいよ佳境に突入という感じですね。早いものです。

    今週のDAZNの放送試合は

  • チーフス(6-3)vsジャイアンツ(1-8)
  • カーディナルス(4-5)vsテキサンズ(3-6)
  • ベンガルズ(3-6)vsブロンコス(3-6)
  • イーグルス(8-1)vsカウボーイズ(5-4)
  • ファルコンズ(5-4)vsシーホークス(6-3)

  • の5試合です。
    アーリーゲームとレイトゲームは、ちょっとプレイオフ厳しそうなチームが多いですね。
    他の注目試合は、
    ラムズ(7-2)vsバイキングス(7-2)
    レッドスキンズ(4-5)vsセインツ(7-2)
    ペイトリオッツ(7-2)vsレイダース(4-5)


    正直なところこの3試合を見たかったですね。開幕当初に放送試合決めてる契約だったんでしょうかね?ちなみにペイトリオッツvsレイダースはメキシコでのゲームです。昨年レーザーポインターが選手に当てられるという残念な出来事がありました。今年はそういうことがないことを祈りたいです。


      11月20日 サンデーゲームの展望

    week11-03

    1勝3敗後バイウィーク明けのチーフス
    まだ1勝のジャイアンツ


    チーフスは少々失速後にバイウィークを迎えた。ルーキーRBハントがリフレッシュされているかどうかだろう。止められるとチームの成績に直結してるだけに、ハントのラン攻撃がどうなるか注目が集まるところだろう。QBスミスは現時点でMVP候補である。レーティング113.9 18TD 1INTと高度安定している。後半戦もこの調子を保ちたい。相手の攻撃を考えると守備は特に心配はないだろう。
    怪我人情報
     WR アルバート・ウィルソン
     DL アレン・ベイリー
     EDGE ディー・フォード
     EDGE タンバ・ハリ が欠場
    ジャイアンツは未だ1勝に留まっている。レシーバーの怪我もあるし、OLの崩壊もあるし、QBマニングは打開できないし、ラン攻撃はでないし、現状いいところを見つけるのが難しい攻撃となっている。昨年素晴らしかった守備もチームの成績でモチベーションが低下してるせいもあるだろうが、ぬるぬるやられている。パスもランも30位ともう少し奮起してほしい。
    怪我人情報
     G ジャスティン・ピュー が欠場
     LB ケルビン・シェパード がダウトフル
     DL デーモン・ハリソン
     LB デヴォン・ケナード がクエッショナブル
    week11-11
    (クリックしたら大きく表示されます)

    チーフスは復調するのにもってこいの相手を迎えたと思う。ジャイアンツ相手に苦戦したら今後が心配になるレベルです。チーフス勝利でしょう。圧勝したいところですね。






    week11-04
      

    プレイオフは相当厳しい状況になった2チーム

    カーディナルス
    はQBスタントンがもう少し攻撃まとめてくれるといいのだが、微妙な出来が続いている。今週はギャバートが先発QBとなるようです。パス攻撃改善にバークリーも補強し、とりあえず合うやつを探す感じなんでしょうね。チームとして朗報なのはWRフィッツジェラルドが契約1年延長したことだ。来年も現役が決まったことは喜ばしいことです。守備面はパス守備がうまく行ってない印象。ピーターソンの反対側がやられているなぁという印象ですね。
    怪我人情報
     DL コーリー・ピータース が欠場
     QB ドリュー・スタントン
     WR ジョン・ブラウン
     C A. Q・シップリー
     T ジョン・ウェズゼル がクエッショナブル
    テキサンズやっぱりサページがなぁと。現状のOLではある程度足のあるタイプでないと厳しいかもしれない。正直かなり苦しいですね。今週のQBはどうするかわかりませんが、まだイエーツを一回試してみた方がいいかなと思います。守備はやっぱりDB陣に不安がありますね。でも先週のラムズ戦の前半はなんとかなっていました。後半は・・・・まあ相手が悪かったってのもありますが。
    怪我人情報
     WR ウィル・フラー
     LB ディラン・コール が欠場
     RB アルフレッド・ブルー
     C グレッグ・マンチュ がクエッショナブル
    week11-12
    (クリックしたら大きく表示されます)

    なんとも難しいですね。どちらの攻撃もうまくいくイメージが出来ないところがあります。やっぱりRBピーターソンの爆発があるかもな分カーディナルス勝利にしておこうかなと。





    week11-05
      

    3勝6敗、今シーズン追い詰められた2チームの対戦

    ベンガルズ平均得点16.6点で30位と攻撃がうまく行ってない。OLが厳しかったですね。ラン攻撃もうまく行きませんでした。ルーキーRBミクソンは頑張ってはいるんですが物足りない面はありますね。守備は失点20.2点の12位と攻撃がうまくいって居ない割に取られていないですね。確かに結構僅差で負けてる印象ですね。酷ではありますが勝つにはさらに守備の頑張りが必要ですね。
    怪我人情報
     DL パット・シムズ
     LB ケビン・ミンター
     CB アダム・ジョーンズ が欠場
     WR ブランドン・ラフェル
     CB ウィリアム・ジャクンソン がクエッショナブル
    ブロンコスはQBオズワイラーに交代となりましたが、オズワイラーがどうのこうのでなく現在守備大崩壊中という点が気になります。いくらなんでも51点 41点取られていたら、QBの評価以前の問題です。というか守備が頑張って攻撃を盛り立てないと行けないのにこれでは。。。相手が悪かったとは言えねぇ。。。まず守備が失点を抑えることからです。オズワイラーに関してはとりあえずこの試合で見極めたいところですかね、そろそろリンチを見てみたいところですが、2年目の1巡目QBが活躍しまくってますしね。
    怪我人情報
     TE ジェフ・ヒューマン が欠場
     T ドナルド・スティーヴンソン
     WR コディー・ラティマー がクエッショナブル
    week11-13
    (クリックしたら大きく表示されます)

    今シーズン一応まだ目がありますが、この試合負けた方がまず目はなくなるでしょう。どちらの守備ががんばるかという試合になりそうです。ブロンコスの守備の崩壊は予想外な感じなんですよね。現状を考えるとベンガルス勝利ですかねぇ。






    week11-06
      

    首位独走のイーグルス もう負けられないカウボーイズ
    NFC東 同地区対決


    イーグルスは圧倒的攻撃で1敗をキープしています。QBウエンツはシーズンMVP候補です。このゲームを勝てば4ゲーム差となるので、ほぼ優勝決定と言っていい試合になるかもしれません。隙があるとすればパス守備が喪失ヤード249.4yの26位というところだけかなと。でもいいところでターンオーバー奪ってる印象もある。CBミルズは週間MVPにも輝いていますしね。弱点以上に攻撃が圧倒してそう見えないというところでしょうね。
    怪我人情報
     WR アルション・ジェフリー がクエッショナブル
    カウボーイズ先週Tタイロン・スミス欠場が響きすぎて、QBプレスコットが8サック受ける事態となった。今週も復帰出来るか五分五分な様です。相手のイーグルスもパスラッシュは厳しいメンバーが揃っているので不安ですね。しかし昨年あれだけ硬かったOLがスミス欠場でここまでなってしまうんですね・・・守備はやっぱりEDGEローレンスに注目でしょう。DB陣はルーキー達ががんばってる印象ですね。
    怪我人情報
     K ダン・ベイリー
     LB ショーン・リー が欠場
     T タイロン・スミス
     DL マリーク・コリンズ
     S ジェフ・ハース がクエッショナブル
    week11-14
    (クリックしたら大きく表示されます)

    できればカウボーイズに頑張ってもらって、まだ優勝はわからないぞというところを見たいんですが、現状のイーグルスに勝てるかというと。。。。。イーグルス勝利と予想します。





      11月21日 マンデーナイトゲームの展望

    week11-07

    なんとか勝ち越しているファルコンズ
    地区首位ラムズを1ゲーム差で追うシーホークス


    ファルコンズは先週のカウボーイズ戦で守備が爆発し完勝。そろそろ波に乗っていかないと追いつかなくなる、ワイルドカード争いにも関係するチームとの対戦なので負けられない一戦が続く。QBライアンはターンオーバーをなくすことが大事ですね。すでに8INT 3ファンブルロストしており、攻撃が上手くいかない原因はこれかと思います。守備は先週EDGEクレイボーンが6サック 全体で8サックをあげましたが、シーズン通してではサックは少ない状態だったので、先週の勢いをそのまま出したいところですね。
    怪我人情報
     RB デボンタ・フリーマン が欠場

     LB デューク・ライリー がクエッショナブル
    シーホークスは今朝Sチャンセラーが首の怪我でシーズン全休が決まったシャーマンに続き先発DBを2枚失うことになる。代役にCBマックスウエルの補強 Sはマクドゥーガルドが務めることになるだろう。CBは不安はあるが、ここにきてSにロースター多めにおいておく作戦が功を奏した形になったかもしれない。最強レベルではないものの、十分戦えるんじゃないかなと個人的には思いますね。
    攻撃はQBウィルソンがやっぱりすごいです。それに尽きます。もう少し負担少なくしたいのですがね。
    怪我人情報.
     S キャム・チャンセラー
     T ルーク・ジョッケル
     LB マイケル・ウィルホワイト が欠場

     T デュアン・ブラウン
     DL ジャラン・リード がクエッショナブル
    week11-15
    (クリックしたら大きく表示されます)

    好勝負が期待できるんじゃないかなと思います。どちらもプレイオフに残るためには余裕がないので、負けたくない一戦です。ファルコンズと言いたいところですが、ウィルソンがまたミラクルプレイを出すような気がするので、シーホークス勝利と予想します。






    怪我人情報は本家INJURIESより
    http://www.nfl.com/injuries



    最後に PFFのアナリストの勝敗予想です。
    今週はジャガーズvsブラウンズです。今回はブラウンズ目線で語ります
    WRコリー・コールマンが復帰しますが、相手が悪いなぁ・・・CBラムジー ボウイエーどっちがつくか知りませんが、どっちでも厳しいでしょう。
    先週の試合酷いプレイもありましたが、QBカイザーのパス事態は悪くなかった。相手守備を考えると同じようにやるというのは難しいが、1本だけでもTDもぎ取ってほしい。この試合は厳しいのはわかってるので、その後の試合に希望が持てるようなプレイを見せてほしい。

    守備面は先週のジャガーズの攻撃をほぼ封殺したと言っていいチャージャースのディフェンスを真似していきましょう。ラン攻撃・RBフォーネットをまず止めること。そしてボートルズに常にプレッシャーをかけること。という中で先週LBジェイミー・コリンズが怪我人リスト入りしたのが痛いところ。ブラウンズのCBテイラーとマコウティ自体は十分な能力がある。Sとの連携に少々問題があるのが気になる所なんですよね。EDGEオグバー ギャレットがどれだけボートルズにプレッシャーをかけ続けれるかにかかっています。

    ボートルズの自滅具合でもしかするとはあるかもしれません、守備で得点を取ることが前提ではありますが。まずは先制して相手を焦らせることが大事でしょう。先制された時点でおそらく無理な気がします。