茶犬(仮ファン)NFLのブログ

ブラウンズファン(仮)の広く浅いNFLについてのブログです ブラウンズについてだけではなく、全体的に書いてます。

5/16
今年のNFL TOP100がスタートしました。
今年も冷静に見直していきます、まったりやっていこうと思います。
ちまたでは日大の事件の報道が加熱して残念な状態ですね。

『今年はなぜブラウンズは昨年より○倍勝てたのか』という記事を書く予定を昨年の開幕前は立てていたのですが、まさかこんなことになるとは・・・・

まずは序章前編として、一昨年2016年のチーム成績を簡単に振り返り、2017年開幕前にどんな補強をしてきたかを見ていきます。

 2016の成績を簡単に振り返る

ブラウンズ003


ご覧の通り一昨年は1勝15敗 得点31位 失点30位 ターンオーバートータル29位と散々な成績で終わりました。もちろん地区最下位 32チーム中32位の成績で2017年のドラフト1巡目1位の指名権を獲得しました。

その1勝も
相手のミスによるものでヒヤヒヤの1勝でしたね。でも去年のなぜブラを見ていただければ、非常に惜しかった試合も数試合ありました。でも全体的にはやはり実力の差を見せつけられたシーズンだったと言えます。





 2017のドラフト指名を見る

まずはドラフトで獲得した選手
2017Browns pre03

1巡目はドラフト開始当初は1位と12位だったんですが、12位をトレードダウンし、2巡目33位をトレードアップしたことにより、1巡目の指名を3つにすることに成功しました。

正直前年度の結果から行って、補強ポイントは唯一揃っている LB と FA補強が成功した OL 以外全部という感じでした。

1位指名のギャレットはこの年のドラフトで軍を抜いた存在でしたので、指名しない選択肢はなかったと思います。

25位指名のSペパーズは大学時代はLBも担当することもあり、SSとしてならすぐにでも戦力になるのではという感じでした。あとリターナーとしても期待される選手でした。

29位指名のTEヌジョクーは、TEにバーニッジがおりここでTE指名するのかという驚きはありましたが、ドラフト後にバーニッジが解雇ということになり、指名した理由がしっくり来たという感じでしたね。

52位指名で毎年のように懸念されているQB問題の解決のためにカイザーを指名しました。1巡目QBと遜色はない実力があるという評価だったので、先発争いを期待する指名だったかと思います。


 2017の選手の放出・補強を見る

放出・補強も合わせた2016・2017シーズンの主なロースターを比べてみましょう
まずは攻撃陣から
2017Browns pre01

 QB 
開幕先発のRGⅢ マッカウンを放出

2016シーズンの先発だったケスラー バックアップのホーガン でドラフトで指名(カイザー)という感じだった時に、まさかのトレードでオズワイラーを獲得する暴挙を。ただこれはオズワイラーのデッドマネー(17億)を負担する代わりに2018年のドラフト2巡の指名権を獲得するためのトレードでして、戦力として使えればラッキーかな的なものでした。結局90人→53人のロースターカットには残れず解雇し、17億はただただ負担する形になりました。

 RB 
一昨年と陣容は変わらず。リストには載せてないですが3番手で7巡目ルーキーのデイズもロースターに残っています。

 WR 
1000yレシーブを達成したプライヤーを放出。2年間頑張って育てて花開いたら出て行っちゃったのは悲しかったですね。。。一番上にいるゴードンは相変わらず薬物による出場停止が解けない状況です。

補強はベテランのブリットはプライヤーの代わりを、1000yも達成してますし大きさも同じような感じでしたので期待していました。あとライバルのスティーラーズが放出したコーツを拾いました。時折ビックプレイをかましていた選手ですがレシーブは不安定でしたので、まあ忘れた頃に一発がでればいいかな。

正直まだ枚数ほしかったなという感じでしたね。

 TE 
前途でお伝えしたように、バーニッジを解雇しました。ブラウンズの中で一番信頼のおけるレシーバーでしたのでかなり不安を感じました。

ドラフトでヌジョクーを指名し テルファー ベヴァルブの3人体制となりました、ヌジョクーには大きく期待するしかないなという状況でした。

 スペシャルチーム 
良くも悪くもなかったパーキーの代わりに7巡目でゴンザレスを指名し、そのまま先発Kになりました。キック力は十分のキッカーという情報でした。まあドラフト指名かかるKは年に2,3名いれば良い方なのでカレッジでは相当良かった選手なんでしょうね。(調べて無くてすいません)

 OL 
御大トーマス ビトニオ 2年目のコールマン 以外は放出という感じでした。

注目のFA Gザイトラーと契約できたのは驚きました。Cトレッターも先発で十分使えるということでOLはかなり強化したという印象でした。PFFの開幕前のオフェンスラインランキング2位につけてましたので相当期待の持てる陣容です。


つついて守備陣
2017Browns pre02

 DL 
ブライアントは2016シーズン全休で2017年復帰を期待されていましたが、残念ながらロースターカットされました。DLの核として復活を期待してただけに残念な出来事でしたね。

ドラフト指名の2人にどんぐり状態のDLから脱却を目指してほしいという陣容でした。

 EDGE 
1位指名のギャレットには大きく期待がかかっています。正直パスラッシュは2番手としてなら悪くない選手ばかりでしたので、ギャレットとの相乗効果に期待できるんじゃないかという感じの開幕前でしたね。

 LB 
非常にいい仕事をしていたデービスを1年でトレードで放出しました。

先発はコリンズ カークシーは確定 成長著しいショバートを加えた陣容となりました。今思えば首脳陣はショバートを使いたかったんだろうなとわかりますね。

 CB 
開幕直前ヘイデンへのサラリー減額交渉が不調に終わり放出となり、同地区のスティーラーズに掻っ攫われるとは・・・2016シーズンのヘイデンは衰えが出てきたと思われるような不調でしたが、なんとか残ってほしかったですねぇ。。。ベテランのウィリアムスも放出。こちらは明らかに衰えてるなと感じていましたが、カーディナルスに行って復活を遂げています。

こうなってしまうとブラウンズが選手の使い方が悪いだけなんじゃないか疑惑まで感じることになりましたね・・・・・

補強はタイタンズから放出されたマコーティーを拾いました。この補強はペイトリオッツでFSで活躍している双子の兄のようにFSに転向させるんじゃないかという噂もありましたが、普通にCBとして使われることになりました。

 S 
上記のLBデービスのトレードによりジェッツからプライヤーを獲得しました。こちらもSSタイプの選手で懸念されているFSはどうするんだ問題は棚上げ状態でしたね。ただプライヤー自身の不調もあり開幕直後に放出しました。新天地のジャガーズでもあまり活躍できなかったようです。

そのFSどうするんだ問題はドラフト指名したルーキーのペッパーズがやることになりました。正直これ大丈夫なのという不安はかなりありましたね。

ちなみにですが、昨年のFSポイヤーは放出後ビルズでキャリアハイの活躍でプレイオフ進出に大いに貢献しました。。。。やっぱりうちのDBの使い方おかしいんじゃないんですかね???



という陣容になりました。他のチームからくらべると相当な入れ替わりが多かったとは思います。昨年が1勝なので総取り替えして新しいチームで出直したほうが2016シーズンよりは勝てるかもという気持ちもわかりますね、

正直めちゃくちゃ好転するとは思っていませんが、ちょっとづつでも前進していければいいなという開幕前でした。私の勝敗予想3勝ということで2017シーズンはその後のシーズンのために経験を積むシーズンという位置づけだろうなと。いい言い方すればねwwww


次回は序章・中編 プレシーズンマッチ Week1・2戦を冷静に見直す 予定です。

もちろん今年も無理やりにでも頑張ってポジティブPOINTも見つけるつもりです。見つからなかったらすいません・・・・





国内のアメフトの悪い話題が注目された週でした。
NFLは新人のミニキャンプがあり、新人契約が一気に行われた週でした。

 5/6~5/12 の契約状況

20180512-1

RB C.J.・アンダーソン が パンサーズへ
スチュワート放出、ドラフトでのRB指名がなし、マキャフリー一本で行くのはかなりギャンブルかなと思われていましたが、今週アンダーソンを獲得し問題は解決しましたね。アンダーソンは怪我さえなければしっかり仕事ができるRBだと思います。問題はその怪我が多い印象なんですよね。契約後にRBウティカーの怪我人リスト入りのアナウンスがあり、控えRBに少々不安は感じますがね。


TE コービー・フリーナー が 解雇    
FAでセインツに来て2年立ちましたが、5年36Mのサラリーに見合う成績は上げることが出来ず解雇となりました。コルツ時代に次世代レシービングTEとして注目されていた選手ではありましたが、その状態に戻せることが出来るかが鍵でしょうね。サラリーが安ければすぐにでも契約できる選手ですので、試すチームはあるでしょう。


S マイケル・グリフィン が 引退   
タイタンズで9年 パンサーズで1年 プロボウル2回選出されました。昨年は契約できず先日引退を表明しました。AFCではトロイ・ポラマル エド・リードが君臨しており、この2人が居なければもっとプロボウルに選ばれていた選手だったと思います。

元ジャガーズファンとしてはタイタンズ戦でCBフィネガンとこのSグリフィンに相当痛い目に合っていたので、本当にもっと評価されていい選手だったなぁ。お疲れ様でした。



ブラウンズ情報 先週トレードでチーフスに行くはずだったTEランドール・ティルファーですが、トレードは破棄され解雇となりました。ウェーバーでコルツがクレームを入れ契約かと思われましたがフィジカルチェックで落とされ、結局FAになりました。

それなりに仕事はできる選手だとは思うので、バックアップTEとしてなら獲得しても損はないかなと思われます。まずはフィジカルチェックを通るような状態に戻すことが先決ですがね。



 チーム別移籍状況

なんか不具合あったら遠慮なくお申し付けください。



 使用サイト一覧

 契約情報  
https://www.foxsports.com/nfl/transactions

http://www.rotoworld.com/articles/nfl/77018/309/2018-nfl-free-agent-tracker


 契約金情報 
http://www.spotrac.com/nfl/cap/


 評価内容 
個人スタッツは

スナップカウントは
を使用し、過去の実績、個人的印象を加味し

SS:オールプロ級
S:プロボウル級 
A:チームのエースクラス
B:レギュラークラス 
C:控えクラス 
D:未知数 

という感じでパワプロ方式で勝手に評価をつけました。





ドラフト中にトレードもあり、ドラフト後に解雇も多くありました。

 4/22~5/5 の契約状況

今回は引退・契約・トレード 3つに分けてみました。
 引退 
20180505-1

TE ジェイソン・ウィッテン が 引退
ドラフトの前日当たりにESPNの解説になる可能性が高く引退することになりそうだというニュースが飛び込んできて、そのニュースの通り引退となってしまいました。

カウボーイズ一筋15年 通算レシーブヤード 12448y は歴代21位 TEでは歴代2位(1位はトニー・ゴンザレス)4回のシーズン1000y以上のレシーブヤードを記録した、NFLを代表するレシービングTEでした。全盛期から比べると少々見劣りするもののまだまだ数字を残すことができたでしょう。

長年コンビを組んできたロモが昨年引退し、ブライアントもカットされ、カウボーイズの一つの時代が終わったような気がします。プレスコット エリオット の若手がしっかり攻撃を受け継いだ形ができているのは救いですね。

引退後はレイダースHCに就任したジョン・グルーデンの後釜の解説者となるのが濃厚のようです。



LB ジャレル・フリーマン が 引退
コルツで4年 ベアーズで2年 ルーキーシーズンから5年目までで588タックルを稼いだ驚異のタックラーでしたが、昨年脳震盪と胸部裂傷により怪我人リスト入り。その最中に2回目筋力増強剤服用により10試合出場停止になりました。その薬の副作用もしくは脳震盪なのかわからないが、記憶障害にも悩むことがあったようで、引退理由は明らかになってはいませんが、推測としてはその辺のことが原因なんだろうなと、素晴らしいタックラーなだけあって残念な形での引退ですね。



 契約状況 
20180505-2

LB デリック・ジョンソン が レイダースと契約
チーフス一筋13年35歳のジョンソンの契約がやっと決まりました。同地区ライバルのレイダースが獲得となりました。昨年も15試合先発出場し衰えは見せてなかったがベテランLBの契約がなかなか決まらない状況でした。まだ結構名のあるLBがFAのままです。今年の新人LBの評価が高かったのも要因だったのかもしれませんね。


CB テレンス・ニューマン が バイキングスと再契約
16年目 開幕時には40歳を迎える大ベテランが今年もバイキングスと契約をしました。

昨年も主にニッケルとして560スナップに出場し、しっかりと仕事をこなしていました。この年でまだCBとして戦えているのはすごいことです。ドラフト1巡で指名したルーキーとニッケルの座を争うことになるとは思いますが、培ってきた経験を伝えることができるのでベンチでも1年置いておきたい選手だと思います。


EDGE クリフ・アブリル が 解雇
昨年の首の怪我により怪我人リスト入り、この怪我がかなり悪いという話があり、キャリア自体危ぶまれるのではということだった。本人は復帰を目指していますが、今シーズンで契約が切れること、今年復帰は厳しいということで解雇となったようです。残念ですが来年の再起に期待しましょう。



WR ダリル・ウォーリー が レイダースと契約

今オフ パンサーズからトレードでイーグルスに移籍していましたが、先々週飲酒運転・武器所持などの疑いで逮捕され、即日解雇されておりました。それをレイダースが拾ったという形になりました。能力自体は計算出来る選手なので、この素行がシーズン中に悪い方に発揮しないように気をつけないとなりませんね。




 トレード 
20180505-3

WR マータビス・ブライアント が レイダースへ
ドラフト1日目にトレード成立し、3巡目75位との交換となりました。なかなかの順位で売れたなという印象ですね。まだルーキー契約が残っている状態ですので、サラリーがまだ安いというところも高くなった要因ですかね。

レイダースは今オフにジョーディ・ネルソンも獲得しており、スロットレシーバーとしての活躍が期待されます。ただ先発が確約されたというわけではないと思うので、ロバーツとの争いで負けないようにがんばらないといけませんね。


WR タボン・オースティン が カウボーイズへ
今オフほぼ解雇確実と思われていましたが、残留となり4番手で出場機会はおそらく今年もないかもしれない状況でしたが、6巡目192位で売れた!という状況したね。

カウボーイズはドラフト1週間前にWRデズ・ブライアントを解雇しレシーバー不足が懸念されており、実績もあるオースティンに白羽の矢がたったという形でしょう。オースティン自信としてもラムズにいるよりは出場機会が増えるのでいいトレードだったんじゃないでしょうか。



ブラウンズ情報 ドラフト後TEランドール・ティルファーをEDGEダビ・ニコルスと1対1のトレードをしました。3番手をディバルブと争う予定で、まあ4番手でもロースターには残るだろうという感じでしたが、あっさりトレードで放出。

獲得したニコルスは2016年6巡目指名 16年に11試合出場0タックル(おそらくスペシャルチームで出場が主)17年は怪我で全休という選手のようです。6f 3inc 235ポンドとちょっとパスラッシャーにしては細すぎる感はあり、実績もほぼないに等しいのでロースターに残れるかどうかを考える感じの選手だと思われます。




 チーム別移籍状況

なんか不具合あったら遠慮なくお申し付けください。



 使用サイト一覧

 契約情報  
https://www.foxsports.com/nfl/transactions

http://www.rotoworld.com/articles/nfl/77018/309/2018-nfl-free-agent-tracker


 契約金情報 
http://www.spotrac.com/nfl/cap/


 評価内容 
個人スタッツは

スナップカウントは

を使用し、過去の実績、個人的印象を加味し

SS:オールプロ級
S:プロボウル級 
A:チームのエースクラス
B:レギュラークラス 
C:控えクラス 
D:未知数 

という感じでパワプロ方式で勝手に評価をつけました。




  • ラムズ
  • シーホークス
  • カーディナルス
  • 49ers
  • 補強POINTの色分けは

    1~3巡に指名されたポジション

    4~7巡に指名されたポジション
    となっております。

     ラムズ

    2018ドラフト nfc西ラムズ03
    茶王が上げた補強POINT
    C/G T EDGE LB

    192位はWRオースティンとトレードで獲得した指名権です。現状バックアップレシーバーでしたので売れてよかったというところですかね。

    1.2巡指名はなかったのですが、7個あった指名権をトレードを駆使し11個に増やし、大量指名を行いました。ニーズに上げたポジションはなるべく上のほうでしっかり埋めつつ、しっかり層を厚くしてきました。この中からロースター争いに残れる選手が出てくれば大成功なドラフトなのかもしれませんね

    評価・・・A-


     シーホークス

    2018ドラフト nfc西シーホークス03
    茶王が上げた補強POINT
    TE C/G LB CB S

    27位で取ったRBペニーはちょっとリーチぎみじゃないかと言われ、ちょっと評判はよくない感じでしたね。そう言われるのもやはりOLの整備ができていないからというところもあるでしょう。指名したのは5巡のT1人だけ。ウィルソンの怪我だけはしないようにがんばってくれと言うしかなさそう。シャーマンがいなくなったCBの指名もなくDB陣は少々不安に感じます。

    141位で幼いころの疾患により左手を失ったLBグリフィンが指名された。昨年兄のCBグリフィンが指名されたシーホークス入ったということで、兄弟でフィールドに立つ可能性があることも楽しみですね。

    こういうハンデがあっても指名されたのは、近年やけどにより指を切断したEDGEピエールポール(現バッカニアーズ)が事故前と変わらない活躍を見せたというところもあるかもなと思われます。

    評価・・・C





     カーディナルス

    2018ドラフト nfc西カーディナルス03
    茶王が上げた補強POINT
    QB RB WR T DL CB

    15位から10位にトレードアップし注目のQBローゼンを指名しました。3巡79位 5巡152位を支払ったが思いの外安く買えた順位だったかなと思われます。映像見る限りではポケットからあまり動かないQBのため、OLの重要性が高い選手かなと。ちょっと現状のカーディナルスのOLでは不安はあるかもしれません。ドラフトで指名した3巡のCコールには期待したいところです。

    このチームで近年定着したQBは ワーナー パーマー と他チームで長年やっていたベテランQBばかりなんですよね。このローゼンで自前でも育てられるんだというところを見せたいですね。

    評価・・・B+ (Tをもう少し上位でとってほしかったかなと)


     49ers

    2018ドラフト nfc西49ers03
    茶王が上げた補強POINT
    RB WR C/G EDGE LB CB

    EDGE4巡の1枚はちょっと足りないなぁと感じます。2枚取るの確定的かと思ってました。RBの指名なしもちょっとうーんかなぁ。FAで補強したRBマッキノンは2、3番手で光るRBだと思うので、エースとして使うにはちょっとなぁ・・・他はそれなりにニーズに合った指名ですが、要所の指名が抜けた感はかなりありますね。

    評価・・・C+





  • セインツ
  • パンサーズ
  • ファルコンズ
  • バッカニアーズ
  • 補強POINTの色分けは

    1~3巡に指名されたポジション

    4~7巡に指名されたポジション
    となっております。

     セインツ

    2018ドラフト nfc南セインツ03
    茶王が上げた補強POINT
    QB T DL EDGE

    5巡と来年の1巡を支払って27位から14位にジャンプアップさせてEDGEダベンポートを獲得しました。このトレードアップはあまり評判は良くないみたいですが、プレイで見返せばええんですよ。QB指名はなく39歳になったブリーズの後釜はまだいらないという姿勢を見せた。

    評価・・・C+


     パンサーズ

    2018ドラフト nfc南パンサーズ03
    茶王が上げた補強POINT
    RB WR C/G LB S

    一番のウィークポイントだったWRを1巡で指名。CBを2.3巡で指名してきた。もう少し他のポジションにまわしても良かったんじゃないかなぁと感じます。スチュワートの抜けたRBの指名がなかったのが不安ですね。

    評価・・・C





     ファルコンズ

    2018ドラフト nfc南ファルコンズ03
    茶王が上げた補強POINT
    WR TE DL EDGE

    26位で評価の高かったWRリドリーを獲得し、ハイパーオフェンスの復活を期待したい。EDGEの指名はなかったが、昨年指名のマッキンリーにローテーションではなくフルタイムの活躍を期待しているというところなんでしょうね。

    評価・・・B


     バッカニアーズ

    2018ドラフト nfc南バッカニアーズ03
    茶王が上げた補強POINT
    RB T EDGE CB S

    12位で指名したベアは巨漢の押しが強力な選手です。 DLマッコイ FA補強したEDGEピエールポールとの1段目がすごいことになるのではと評判です。ここ数年パスラッシュに精彩を欠いたチームだったので、この並びは今から楽しみですね。
    7位から12位にトレードダウンして53位と63位を獲得しCBを連続指名したのも◎ ウィークポイントをしっかり埋めることができたので、あとはQBウィンストンが結果を出すだけだろう。

    評価・・・A+






  • バイキングス
  • ライオンズ
  • パッカーズ
  • ベアーズ
  • 補強POINTの色分けは

    1~3巡に指名されたポジション

    4~7巡に指名されたポジション
    となっております。

     バイキングス

    2018ドラフト nfc北バイキングス03
    茶王が上げた補強POINT
    TE C/G T EDGE LB CB

    1巡でOL指名できるのいただろーがよー。っていう知り合いのバイキングスファンのツイッターのつぶやきがありましたが。ニッケルバックの指名も悪くないんじゃとは思いました。ニーズはしっかり埋めた指名で良い指名だったんじゃないんですかね。

    評価・・・A


     ライオンズ

    2018ドラフト nfc北ライオンズ03
    茶王が上げた補強POINT
    RB TE C/G DL LB

    数年ラン攻撃に不安を抱えていたチームなので、1.2巡でラン改善のための指名ができた。しかしTEエブロン DLナタ LBホワイトヘッドの抜けたところの指名はなかった。FAでの補強はしたものの小粒なイメージが強くこの要所のポジションをどうフォローしていくかが今年の鍵となりそう。

    評価・・・C+





     パッカーズ

    2018ドラフト nfc北パッカーズ03
    茶王が上げた補強POINT
    WR C/G T EDGE LB CB S

    CB連続指名と今年こそCB問題を解決させたいという意思を感じる指名だった。しかし
    なんか毎年上位指名してるなぁという印象だったのは間違いじゃなかったんですね・・・大外れというイメージではないんだけど、今まで当たりがいたかと言われると・・・・今年こそ当たりを引いたと思いましょう。。。。
    大量な指名権でニーズに合った指名で層を厚くしましたが、バーネットの抜けたSの指名がなかったのが心残りですね。

    評価・・・A-


     ベアーズ

    2018ドラフト nfc北ベアーズ03
    茶王が上げた補強POINT
    WR C/G EDGE LB CB

    大体ニーズにあった指名でしたね。CBは指名してほしかったですが。今シーズンはQBトルビスキーの真価が問われる年ではあるので、もっと攻撃に偏らせてもよかったかもしれませんね。どっちにしろ1年でどうにかなりそうな守備ではない気もするので。

    評価・・・B+





  • イーグルス
  • カウボーイズ
  • レッドスキンズ
  • ジャイアンツ
  • 補強POINTの色分けは

    1~3巡に指名されたポジション

    4~7巡に指名されたポジション
    となっております。

     イーグルス

    2018ドラフト nfc東イーグルス03
    茶王が上げた補強POINT
    WR T CB S

    ニーズは上げてたけど、現状でチームが出来上がっている状態なので、指名は少なかったがしっかりと層を厚くできたのではないでしょうか。TE指名はセレックの穴を埋めたということですね。FAで補強したロジャースは穴埋めじゃなくバックアップで取ったということだったのでしょうね。
    でこのTEダラス・ゴーダートの指名を発表したOBのKデビッド・エイカーズが、ドラフトの行われたカウボーイズのホームスタジアムでカウボーイズファンを必要以上に煽って盛り上げた?のが話題になってましたね。
    ライバルチームとしての演出としては◎ですね。指名した選手の名前も「ダラス」でしたからねwww

    233位ではオーストラリアラグビーリーグ選手のOTマライタを指名。なんとアメフトを一回もやったことのない選手です

    身長2m超 150キロ超の体格を誇り、この身体能力。時間はそれなりにかかるかもしれませんが、素材としてはNFLトップクラスでしょう。スーパーボウル覇者ながらこれだけ話題の多いドラフトをしてきたのはエンターテイメントとしては◎


    評価・・・B-


     カウボーイズ

    2018ドラフト nfc東カウボーイズ03
    茶王が上げた補強POINT
    RB WR TE DL LB CB

    ドラフト直前にTEウィッテンがESPNの解説者合格をもらい、そのまま引退する可能性が高いという報道があり(まだ正式には決まっていないようだが) ハンナもドラフト前に引退し、TEの指名が絶対な状況になった。4巡指名のシュルツに期待がかかることになるが、もう1人くらい指名してもよかったかもしれないですね。あと192位の指名権とトレードでWRオースティンを獲得しています。

    評価・・・B-



     レッドスキンズ

    2018ドラフト nfc東レッドスキンズ03
    茶王が上げた補強POINT
    RB C/G T DL CB

    2巡目指名のRBガイスは1巡目指名の予想されていた選手でこの順位で指名できたのは良かった。ニーズにあった指名がしっかりできている印象です。欲を言えばGの指名もしたかったかなぁ。

    評価・・・A-


     ジャイアンツ

    2018ドラフト nfc東ジャイアンツ03
    茶王が上げた補強POINT
    QB RB WR EDGE CB

    なんでも指名があり得た2位でRBバークリーを指名。QBは今年もマニングで行くようですね。JPPの抜けたEDGEの指名がなかったのが残念ですね。ジャイアンツはやっぱり強力なパスラッシュが居る時が強い伝統があるチームですので、JPPの後釜がほしかったなぁと。

    評価・・・C (バークリー1人でそんなの関係ねぇと出来る可能性もあるけど)





  • チーフス
  • チャージャース
  • レイダース
  • ブロンコス
  • 補強POINTの色分けは

    1~3巡に指名されたポジション

    4~7巡に指名されたポジション
    となっております。

     チーフス

    2018ドラフト afc西チーフス03
    茶王が上げた補強POINT
    C/G T DL EDGE CB

    1巡がなく守備に全力を注いだが、OLの指名1人くらいはしてほしかったかなぁ。CBももうちょっと上位で取りたかったかもしれませんね。まあ下位でも当たりがいないわけではないので取った2人に期待しましょう。

    評価・・・B


     チャージャース

    2018ドラフト afc西チャージャース03
    茶王が上げた補強POINT
    QB RB C/G DL S

    EDGEはボサとグラハムが居るのでそこまで上位で取る必要があったのかは疑問ではあるが、それ以外はしっかりニーズに合った指名ができたと思われます。Sジェームスの指名予想は当たりましたが、もっと上で指名される選手だったようで、いい指名でしたね。

    評価・・・A-




     レイダース

    2018ドラフト afc西レイダース03
    茶王が上げた補強POINT
    WR T DL CB

    ドラフトの指名ではなかったものの、ドラフト直前にCBウォーリーを補強 ドラフト中に75位の指名権でWRブライアントを獲得し、ドラフト指名を含めてしっかり穴は埋まった印象です。FAでも積極的な動きが多く見られ、新HCグルーデン兄の希望に沿ったチームになったんじゃないでしょうか。

    評価・・・B+ (あくまでも指名の評価ということで)


     ブロンコス

    2018ドラフト afc西ブロンコス03
    茶王が上げた補強POINT
    RB WR TE C/G T CB

    トレードダウンが考えられていましたが、EDGEチャブが残ってたらそれは指名するしかないですよね。ミラーとチャブのパスラッシュは今年の注目ポイントになりそうですね。
    上げたニーズもしっかり補強できたという印象です。

    評価・・・A