茶犬(仮ファン)NFLのブログ

ブラウンズファン(仮)の広く浅いNFLについてのブログです ブラウンズについてだけではなく、全体的に書いてます。

9/23
明日のロンドンゲーム https://nflstream.yahoo.com/
で見れるかもしれないそうです。見れなかったらごめんなさい。

ご参加の方、ファンタジーのツイートの時 #peca_nfl をつけてツイートしていただくと、俺が拾いやすくて俺が喜びます、もしよければお願いします。

  • 好調地区(1チーム除く)
  • 今週の記録
  • 今週もハント
  • 今週のプレイとダンス
  • 週間MVP
  • ついでなんで、明日のサースデイナイト展望
という内容です。

 AFC西 NFC南 出だし好調(1チーム除いて)

AFC西

ブロンコス 2 0 66 38
チーフス 2 0 69 47
レイダース 2 0 71 36
チャージャース 0 2 38 43

ブロンコス チーフス レイダースが、2試合とも快勝と言っていい内容で連勝しています。
どのチームも見事な攻撃を見せています。2試合で70点近く取ってるわけですから、そりゃうまく行ってますよね。

直接対決は
WEEK4 レイダースvsブロンコス
WEEK7 チーフスvsレイダース
WEEK8 ブロンコスvsチーフス

となっています、注目の対戦になることでしょう。

で、チャージャースですが、正直内容は悪くないんです。ただ最後の最後でスペシャルチームに泣かされる展開になるんですよね。相手チームも狙っているんですかね??
昨年も同じような展開で負けることが数回あり、今年も変わらなかったんだなぁと

韓国出身のルーキーキッカー ク・ヨンホはもう厳しい局面に来ています。
アジア人プレーヤーとして期待されていただけに、残念な結果です。
現在まだカットはされていないので、チャンスをまだもらった状態です、なんとか挽回しましょう。

NFC南

ファルコンズ 2 0 57 40
パンサーズ 2 0 32 6
バッカニアーズ 1 0 29 7
セインツ 0 2 39 65

ファルコンズは初戦ベアーズに苦戦したものの、新ホームスタジアムでのパッカーズ戦を快勝で連勝
パンサーズは攻撃は決して好調とは言いにくいものの、2試合でFG2本のみに抑える圧倒的守備力で連勝
バッカニアーズはweek1が順延し、今週開幕戦でした。ベアーズ相手に力の差を見せつけ文句のない試合でした。

直接対決はシーズン後半に固まっており
WEEK9 ファルコンズvsパンサーズ

までありません。そこまでどのチームも好調を維持できるか注目です。

で、セインツなんですが、相変わらずの守備崩壊です。WRスニードの3試合出場停止も効いて、攻撃面もいまいちな印象。RBピーターソン イングラム カマラの3人の使い方が定まってない。特にピーターソンは動きがいいんですが、すぐ交代してしまうので見てる方としてはやきもきしますね。


 今週の記録

LAC TE アントニオ・ゲイツ TEのTDレシーブ記録更新
week2-22

トニー・ゴンザレスの111TDを抜き TEでは1位となった。
WRを入れても歴代6位につけている。今年は2年目のヘンリーの出番が増えるものだと思っていましたが、37歳になってもまだまだできるというのを見せつけていますね。
とにかくすごい記録です、おめでとうございます。


CLE T ジョー・トーマス 10000スナップ連続出場
1年にだいたい1000~1100スナップくらいですので、9~10年ずっとLTとして出場してるわけです。
QBならまだわかるんですが、その他のポジションでこれだけ休まず出るのは至難の業です。
怪我をしないことが一流言われますが、プレイもそうですがトーマスは超一流です。

一回くらいはプレイオフ行ってほしい。。。。

 今週もハント

 ラン81y 2TD
 レシーブ28y

カリーム・ハント今週も大活躍です。今後相手チームは一番の要注意選手として考えることでしょう。
昨年のWRタイリーク・ヒルといい、チーフスの攻撃陣が整ってきていますね。
今一番波に乗っている選手でしょう。


PFFのweek2までのルーキーの評価は↓
2位のトレデビオス・ホワイトですが
ビルズは今週パンサーズに負けましたが、3-9というロースコアでTDを許さなかった。

プレイを見てないので語れないのが残念ですが、相当評価高いというのはわかりました。
week4のファルコンズ戦がDAZNの放送があるので注目してみたいですね。
フリオ・ジョーンズとのマッチアップになるってことですかね?


 今週のプレイとダンス

ピンボールキャッチ
なかなか類を見ない部類のピンボールキャッチでした。
前半終了間際取ってくれパスを思いっきり投げ、チーフスCBテレンス・ミッチェルがINTミスし、弾いたボールがイーグルスTEザック・アーツにすっぽり、ピタゴラスイッチ的なキャッチでした。
残り2秒でエンドゾーン手前へ。
FGを外して前半終了というオチまでつけたプレイでした。


モンスターダイブ
同じ試合ですが、ショベルパスからのチーフスTEトラビス・ケルシーのとんでもなく力強いダイブ
タックルにきた相手ごとエンドゾーンへ。今年のハイライトで使われそうなプレイです。


パントフェイク
決めたのはラムズPジョニー・ヘッカー 毎年恒例のプレイです。
week2-23
通算8回決めているようですね。
プロボウル3回選ばれてる実力派のパンターでもあり、この二面性が人気なんですよね。


ビーストダンス
チームが圧勝、サイドラインでダンスを踊るレイダースRBマショーン・リンチ
引退から復帰し、開幕前は不安はありましたが、現役バリバリの力強いランは健在でした。
レイダースも2連勝で、乗りに乗ってます。


 週間MVP

AFC
 攻撃 NE QB トム・ブレイディ
 守備 KC DL クリス・ジョーンズ
 SP MIA K コーディー・パーキー

NFC
 攻撃 ARI WR JJ・ネルソン
 守備 ATL CB デズモンド・トゥルーファント
 SP DET PR(CB)ジャマル・アグニュー


Tom Brady, J.J. Nelson among Players of the Week - NFL.comTom Brady, J.J. Nelson among Players of the Week - NFL.com 

個人的にブロンコスの選手で埋め尽くされても良かったんじゃとも思いましたが
ペイトリオッツもチーフスも快勝でしたからね。

DETのルーキーリターナー ジャマル・アグニューは88yのパントリターンTDを決め受賞しました。
ドラフト5巡目165位の本業はCBです。


 ついでなんで、明日のサースデイナイトを浅く展望

week3-01

NFC西地区の同地区対決です。

ラムズは、先週最後の最後でQBゴフがやらかしてしまいましたが、今年は成長を見せており、攻撃も十分見所あります。開幕前は散々ゴフ成長しないと煽ってしまったので、素直に謝ります、すいませんでした。他、RBガーリー ルーキーWRカップが注目選手です。
守備は特に言うこと無く、素晴らしいパスラッシャーが揃っています。DBもCBジョンソンを核として悪くありません。開幕前の評価ががらっと変わったチームと言えます。
怪我人情報
CB ケイボン・ウェブスター がクエッショナブル
49ersは、QBホイヤーが苦戦してますね。OLが保たないのもありますね。まだ2試合ではありますが、サードダウンコンバージョンが4/23 17.4%では攻撃になりません。新HCカイル・シャナハンを信じすぎた感は否めません。即急に改善が求められます。
守備は攻撃の酷さであまりわかってないが、そこまで酷い感じでもないんかなと。
攻撃の改善が求められるが、立て直すには相手が厳しい気がする。
怪我人情報
LB ルーベン・フォスター
S エリック・リード
 が欠場
LB イーライ・ハロルド
S ジミー・ウォード
S ジャキスキー・タート がクエッショナブル
現状ではラムズ優勢でしょう。49ersは立て直すには時間がかかりそう。
week3-11

(クリックしたら大きく表示されます)

怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries



week3-08

今シーズン一番の死闘が始まる

0-2 コルツ
0-2 ベンガルズ
0-2 ジェッツ
1-1 テキサンズ(ベンガルズ戦勝利)


正直相手もブラウンズ相手なので、ここで勝ちたいと思っていることでしょう。
現在のブラウンズの状況ですが

QB カイザー 偏頭痛の持病が発覚する
WR コールマン 昨年と同じ手を負傷 6~8週戻らない
WR ブリット 糞
LB コリンズ 脳震盪
EDGE ギャレット そろそろ戻ってきて

不安材料はこんな感じです。試合中に偏頭痛って・・戻ってきたけど、今週はボロボロでしたね。
試合中になるのだけは勘弁してくれねぇかな・・・

詳しいことは野犬留置場へ↓
野犬留置場:犬ニュース170919 マイグレインver.野犬留置場:犬ニュース170919 マイグレインver. 

でWRが見事にいなくなりました。でもなんか今週ヒギンスとかいう聞いたこともねぇPS上がりのWRが7rec 95yを記録。
あとはTE ヌジョクー テルファー デバルブ RB ジョンソンにレシーブを頼るしかありません。
てかブリットに頼るより全然いいんでこれでいいかと納得してる感じも

あとはRBクロウェルにもう少しキャリーしてほしいところですねぇ。

守備面はそこまで文句言うところもないかなと、ある程度やれてると思います。
この4連戦はOLに不安を抱えてるチームばかりですから、常にQBにプレッシャーをかけてほしいです。


Week3 コルツ戦

ブリセットになり少々攻撃が改善。ポケットからある程度逃げれるので、そこが注意
まだパスに不安を抱えてる感じなので、ランを封じ、プレッシャーをかけた状態でパスを投げさせれるかが鍵でしょうね。
守備はDLハンキンスとEDGEサイモンは要注意かなと。うちのCトレッターは結構力負けしてるのを見てるので、ハンキンス相手に少々心配ではあります。

詳しいレビューは↓のブログへ
Week1@ラムズ レビュー : コルツの国から-From Colts Nation-Week1@ラムズ レビュー : コルツの国から-From Colts Nation- 

Week4 ベンガルズ戦

ザイトラーとウィットワースの穴がかなりでかかったらしく、OL絶賛崩壊中である。
ダルトンのパス精度も悪く、グリーンとのホットラインも現状繋がっていない。
3人のRB ヒル バーナード ミクソンの使い方もセインツ同様定まっていない印象。
守備で試合を作っていきたい。
LBバーフィクトが出場停止明けになるのが要注意。DLアトキンス CBジョーンズとかは元気な印象なので相手守備にやられないように注意はしたい。ここもCトレッターには厳しい相手ではありますね。。。


Week5 ジェッツ戦

マッコウンが頑張ってるけど、成績には結びつかない、良く見た光景です。WRカースとの連携は取れてきたみたいなので、ロングボムは気をつけたいところ。
1戦目のビルズは守備がすごかった
2戦目のレイダースは攻撃がすごかった
というところで、少々相手が悪かったかもしれない。
守備はスタッツだけで印象を語りますが、DLウィルカーソン ウィリアムスが力を見せきれてない感じがする。LBデービス リー のブリッツには気をつけたほうがいいのかなと。

詳しいレビューは↓のブログへ
【2017-2018:Week02】vs レイダース – JETS狂の宴 – WE LOVE NFL –【2017-2018:Week02】vs レイダース – JETS狂の宴 – WE LOVE NFL – 


Week6 テキサンズ戦

先週勝利したものの、まだ攻撃に不安は隠せない状態。特にOLがもろく、まともにポケットにとどまることが出来ない。QBワトソンは逃げる能力があり、それでなんとかしてるというところだ。
ただパス精度はあまりいいとは言えず、逃げてもプレッシャーをかけ続ければ、自滅する可能性は十分あるだろう。
守備はDLワット EDGEクラウニー マーシラスがやっぱり怖い。こちらも自滅しないようにしないといけない。DBはやはり去年ほどではないので、なんとかOLが頑張ればパスは通せるかなと。

詳しいレビューは↓のブログへ
Bulls on Parade - Houston Texans - : 【 2017 : Week2 】 HOU @ CIN - Recap -Bulls on Parade - Houston Texans - : 【 2017 : Week2 】 HOU @ CIN - Recap - 


ということで、ここで全敗だけは許されない4戦です。
たぶん放送はなさそうなんで、REDZONEでなんとか見るしか無いかなと、写してくれることを願って見ます。





スタイル最後まで続ける自信はありませんが
とりあえず続けれるところまでやろうとは思います。

 9月18日 サンデーゲームの展望

week2-03

お互い開幕戦は負けた同士の対戦

ペイトリオッツは後半守備に乱れが出て、完敗となった。4Q以外で気になったのはギャンブル失敗2つだが、まあベルチックですし修正するでしょう。
WR アメンドーラ
DL バレンタイン
LB ハイタワー が欠場
T キャノン
S マコーティ がクエッショナブルです。
セインツは相変わらずの守備崩壊。攻撃もRB3人の使い方に疑問を持たざるを得なかった。
T ストリフ が欠場
LB スタパー
LB アンソニー がクエッショナブルです。
セインツ攻撃に不安を感じますが、殴り合いを期待したいですね。

week2-08
(クリックしたら大きく表示されます)

week2-04

ドルフィンズは1週遅れの開幕戦を迎えます。QBカトラーの初陣ですね。
個人的にタネヒルで迎えるよりもワクワク感がある。ペイトリオッツが出だしで躓いたので、開幕で波に乗って今年こそ地区を盛り上げてほしい。
.LB マウアルガ が欠場
WR ランドリー がクエッショナブルです
チャージャースはいい試合はするが、最後に躓くスタイルを今年も継承中。あのスペシャルチームの失敗で負ける試合去年もたくさんみました。今年も同じなのかなぁ。。。内容悪くないんですがね。
CB ベレット が欠場
WR インマン
EDGE アタオチュ がクエッショナブルです。
ということで、心情的にはどちらも応援したいのですが、ドルフィンズ有利かな?

week2-09
(クリックしたら大きく表示されます)


week2-05

開幕戦勝利同士の対決

カウボーイズは、今年も攻撃が安定していた。RBエリオットは相変わらず強いし、QBプレスコットはほんと落ち着きっぷりが半端ない。不安視されていた守備は、DEデマーカス・ローレンスのパスラッシュが素晴らしかった。イーライの不調もあったため、DB陣の動きはまだ不明ではある。
CB スキャンドリック が欠場
WR ウィリアムス
S ジョーンズ がクエッショナブルです。
ブロンコスは、QBシーミアンが安定していましたね。RBアンダーソン・チャールズの2枚はやはり強かったです。2枚とも怪我なくシーズンを終えたいですね。守備は思ったよりも点を取られましたが、そこまで不安になることでもなく、相手のチャージャースの攻撃が良かったせいだと思います。
RB ブッカー が欠場
G レイリー
S スチュワート がクエッショナブルです。
戦力的にはカウボーイズ有利でしょうが、ブロンコスも十分勝機があると思います。

week2-10
(クリックしたら大きく表示されます)

week2-06

開幕戦お互い勝利 メルセデス・ベンツスタジアムのこけら落としです
(すでにプレシーズン2回試合してますが)

パッカーズは、シーホークス相手に重苦しい試合ではありましたが、最終的には現状での差を見せつけた形になったと思います。一つ疑問なところはRBモンゴメリー以外不明な点なところですね。まあモンゴメリーが怪我さえしなきゃいいんですが、新人の能力がまだ未知な部分があるので。
G スプリグス が欠場
LB ブルックス がダウトフル
T バクティアリ
T ブラガ
DL ダニエルス がクエッショナブルです。
ファルコンズは、正直ベアーズ相手に苦戦だったなと。ちょっと守備がランに振り回されていたなぁという印象を受けました。攻撃はちょっとラン攻撃が慎重すぎた感じはします。プレシーズンでRBフリーマンが一度脳震盪で欠場した影響でそう思い込んでるだけかもしれませんが。
現在 怪我 欠場者申請なし
NFCを代表する2チームの対決、好勝負を期待したいです。現状ではパッカーズ有利と見ますが、スタジアム最初の公式戦ですし、ファルコンズも負けは許しづらいでしょうね。

week2-11
(クリックしたら大きく表示されます)

 9月19日 マンデーナイトゲームの展望

week2-07

開幕戦は明暗が別れたマンデーナイトの対決

ライオンズは、カーディナルス相手に3INTを奪い競り勝った。印象としてはリストには載せていませんが、35番の2年目のSキリブリューが気になる存在でしたね。攻撃もスタッフォードのパスオフェンスもひかり4TDパスと好調です。
EDGE アンサー がクエッショナブル
ジャイアンツは、WRベッカム不在がここまで響くものなのかという試合でした。ベッカムは今週は出そうですが、QBマニングがぴりっとしない状態が気になります。ラン攻撃もあまり出ておらず、攻撃面は不安多しと言えるでしょう。守備は、カウボーイズの攻撃が一枚上だったと言える内容でしたね。ライオンズのOLならもう少しパスラッシュが決まりそうかなと思います。
LB ロビンソン が欠場
WR ベッカム
T フルーカー
 がクエッショナブル
調子的にはライオンズ有利でしょう。ジャイアンツがどこまで立て直せるか、パスラッシュに期待しましょう。

week2-12
(クリックしたら大きく表示されます)


最後に PFFの解説陣??の勝敗予想です。
結構私の予想とは違いますね。開幕戦の印象でジャガーズとラムズの評価が上がってるなぁと感じますね。

怪我人情報は本家INJURIESより
http://www.nfl.com/injuries



シーズンが始まりまして、怪我人による補強が増えてきました。
ということで先に怪我人リストから始めることにします。
怪我人リスト入りしていない選手の怪我情報は、追えたものだけ載せます。
20170916-1

開幕戦から大物の怪我が多かったですね。
KC S エリック・ベリーはアキレス腱断裂で全休が決まりました。
ARI RB デヴィッド・ジョンソンは手首の手術を受けることに、2~3ヶ月後戻ってこれるかもしれない。
BAL RB ダニー・ウッドヘッドはハムストリングの負傷、手術はしないため、シーズン後半に戻ってくる可能性もあるとのことです。
JAC WR アレン・ロビンソンは前十字靭帯断裂のため全休となるようです。

PHI CB ロナルド・ダービー
は足首の負傷。幸い靭帯の損傷はなく、4~6週後に戻ってこれるようです。
IND QB アンドリュー・ラックは肩の怪我がまだ思わしくなく、今週も欠場が決まりました。

rotoworldのリストを参考に書きました。
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/


20170916-2

RB クリス・ジョンソン がカーディナルスと再契約
デヴィッド・ジョンソンの怪我人リスト入りの為、呼び戻した形になりました。
十分出番も与えられることでしょう、2000yラッシャーの復活を期待しましょう。


DL アチバ・ルビン がブロンコスと契約
シーホークスの最終ロースターカットで切られていたルビン。
ジャレッド・クリックの怪我人リスト入りにより、ブロンコスが獲得しました。
実績のある選手なので、チームに溶け込めればクリックよりも強化されることになるかもしれません。
そういえば、DLペコもいるんでしたね、この2人が並ぶとほんと壁だろうなぁ・・・・


RB ジェレミー・ラングフォード が
レイブンズのプラクティススクワッドからロースターに昇格

ベアーズの最終カットでロースターに残れず、レイブンズが練習生として引き入れていました。
RBダニー・ウッドヘッドが怪我人リスト入りしたための昇格です。
昨年のブレイク予想選手の一人です。昨年開幕はエース待遇でしたが、怪我をしている間にルーキーRBハワードにポジションを奪われました。今年は2番手の位置もルーキーRBコーエンに奪われカットとなったようですね。あの活躍を見れば納得せざるを得ませんでしたね。

ラングフォードはルーキーシーズンに同僚だったマット・フォーティーの生き写しのような活躍を見せていました。パスキャッチのうまい選手です。
要するに、ウッドヘッドの代役に適任な選手です。
注目した選手がいなくなるのは悲しくなるので、ぜひこのチャンスを活かしてほしいです。



チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions




  • 新人RB大活躍
  • 6人の新HC
  • 先発QB交代
  • 今週のプレイ
  • ジャガーズ調子に乗る
  • 週間MVP
  • ついでなんで、明日のサースデイナイト展望
という内容です。

 新人RB大活躍 他主な新人の成績

オフェンス
KC RB カリーム・ハント
 ラン 148y 1TD 
 レシーブ 5回 98y 2TD
MIN RB デビン・クック
 
ラン 127y
 レシーブ 3回 10y
JAC RB レオナード・フォーネット
 ラン 100y 1TD
 レシーブ 3回 24y
CHI RB タリク・コーエン
 ラン 66y 
 レシーブ 8回 47y 1TD
CAR RB クリスチャン・マカフィー
 ラン 47y
 レシーブ 5回 38y
DET WR ケニー・ゴーラデイ
 レシーブ 4回 69y 2TD
LAR WR クーパー・カップ
 レシーブ 4回 76y 1TD
TEN WR コーリー・デービス
 レシーブ 6回 69y
CLE QB デショーン・カイザー
 22/30 パス成功率66.7% 1TDパス 1INT 7被サック

ディフェンス
PIT EDGE TJ・ワット
 2.0サック 1INT 2パスD 7タックル
SEA DB シャキル・グリフィン
 1パスD 10タックル
DET LB ジャレッド・デービス
 9タックル
ARI LB ハーソン・レディック
 8タックル
NYJ S マーカス・メイ
 7タックル

ルーキーRBが開幕から大爆発していましたね。
特にカリーム・ハントはペイトリオッツの守備をボロボロにさせる活躍でした。

デビン・クック レオナード・フォーセットは100yランを記録しチームの勝利に貢献
タリク・コーエンは試合には負けましたが、昨年のNFCチャンピオンチームファルコンズ相手に、最後の最後まで追い詰める活躍でした。

守備はTJ・ワットが大活躍でしたね。常にQBにプレッシャーをかけており、プロボウラーTジョー・トーマスを相手にしても、存在感を見せつけました。

グリフィンは、相手のパッカーズがいつものCBシャーマン側を無視する作戦をしていたので、とても目立っていました。ミスなくいい試合を演出していましたね。

PFFのweek1のルーキーの評価は↓
BUFのCBトレデビオス・ホワイトの評価が高いようです。4回中2回30yに抑えると記事に書いてありました。これだけターゲットにされる回数が少ない=しっかりマークできて投げさせなかった
って勝手に認識します。



 6人の新人HC 4勝2敗と上々の初陣

勝ったのは
 BUF シーン・マクダーモット
 JAC ダグ・マローン
 DEN バンズ・ジョセフ
 LAR シーン・マクベイ


負けたのは
 LAC アンソニー・リン
 SF カイル・シャナハン

2017新ヘッドコーチ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ2017新ヘッドコーチ : 茶犬(仮ファン)NFLのブログ 

特に快勝だった、ジャガーズとラムズは好スタートを切ったと言えるでしょう。
どちらもパスラッシュで相手を圧倒したという共通点がありますね。
両チームとも底から蘇る感じがして楽しみですね。

ブロンコスとチャージャースは直接対決でした、最後の最後までわからない好勝負でしたので、負けたチャージャースも決して悪いスタートではなかったと思います。
ブロンコスも開幕前はQBシーミアンが先発に不安ではありましたが、十分戦えると思える内容でしたね。

49ersだけが残念な内容でした。攻撃戦力不足ではありましたが、シャナハンならと思ってたんですがね、淡白な攻撃は治っていませんでした。
サードダウンコンバージョン2/11が物語ってます。今年は厳しそうですね。



 先発QB交代が2チーム

コルツの開幕先発QBトルジーンでしたが、大差をつけられ、相手プレッシャーに反撃の糸口をつかめず、2INT 4Q先日トレードで獲得したQBブリセットに交代となりました。
QBラックは今週も休みが決定のようです。現状ラック以外で勝つ方法が見当たらないような。。。


テキサンズの開幕先発QBサページも、相手のプレッシャーを受けまくり、何も出来ず。2回のファンブルロストもくらい。後半からルーキーQBワトソンに交代となりました。
ワトソンは1TDを返すことに成功はしましたが、相手のジャガーズのプレッシャーが厳しく、反撃はそれまでといった形でした。
明日のサースデイナイトはワトソンが先発の様です。
テキサンズ、第2週を新人QBワトソンに託す | NFL JAPAN.COMテキサンズ、第2週を新人QBワトソンに託す | NFL JAPAN.COM 


奇しくも上記の新人HCのチーム相手に大敗を喫した両チーム。
どちらのチームにも言えることですが、OLが厳しかったですね。
あまりにも弱く、ポケットにとどまることを許されなかった状況でした。
相手チームがパスラッシュの強いラムズとジャガーズだったとは言え、あれではQBが誰であっても同じ結果かもと思える状態でしたね。果たして次週切り替えができるでしょうか。



 今週のプレイ2つ

View post on imgur.com

今シーズンはBUF所属のK スティーブン・ハウシュカ
えらい曲り方で外しました。なんかに当たったわけではないんですよね?
飛脚みたいな曲芸キャッチを見せた、DAL WRコール・ビーズリー
今週は快勝でしたね。



 ジャガーズ調子に乗る

1試合10Sackを決めて圧勝したジャガーズ
公式ツイッターでチーム名を変更していました。Sacksonvilleとのこと
久々の快勝ですし、まあ調子に乗らせてあげましょう。



 週間MVP

AFC
 攻撃 KC アレックス・スミス
 守備 JAC カイラス・キャンベル
 SP OAK ジョルジオ・タベッキオ

NFC
 攻撃 MIN サム・ブラッドフォード
 守備 LAR トルメイン・ジョンソン
 SP DET マットプレイター

Alex Smith, Sam Bradford among Players of the Week - NFL.comAlex Smith, Sam Bradford among Players of the Week - NFL.com 

この中で一番驚いたのは、OAKのK ジョルジオ・タベッキオですね。FG4/4 うち2本が52yという完璧な内容でした。ジャニコウスキーが開幕直前にIRリスト入りし、代役として素晴らしい活躍をしました。



 ついでなので明日のサースデイナイト展望

week2-02

開幕戦、両チームとも最悪に近い出だしとなった。

テキサンズ
はルーキーQBワトソンが先発とのこと。OLがどれだけ守ってやれるかが鍵ですね。
TEフェドロビッツがIR入り LBクッシングが薬物違反で10試合出場停止になったのも痛いところです。

ベンガルズは開幕戦完封負けといいところがなかった。QBダルトンが4INT食らうなど、調子は最悪。
RBの層の厚さをもう少し利用したほうがいいのではと、素人的な感想です。

どちらが最悪の状況から脱することができるかが注目ですね。
予想は難しいですね。どちらも開幕前に思ってた印象と違った開幕戦でしたからねぇ。。。。

week2-01





 9月12日 マンデーゲームの展望

week1-6

NFL屈指の鉾のセインツ NFL屈指の盾のバイキングス
わかりやすい対決となりましたが。
セインツの緩いディフェンスvsバイキングスの柔いオフェンス これもどうなるか見どころかと。

セインツは攻撃はRBピーターソン ルーキーRBカマラ WRジンなどを補強。攻撃面ではラン攻撃も強力ユニットになりどうなるか見ものですね。
問題の守備ですが、補強は例年に比べると熱心にやっていた印象ですが、怪我で居なくなってしまうなどついてなかった感じでしたね。新人に期待しましょう。

バイキングス
は。昨年のOLの柔らかさをなんとか変えようと補強し、ランオフェンスの強化にも頑張っていましたね。ルーキーRBクックに期待したいところです、プレシーズンのダイジェスト動画を見る限りパワーランナーでした。
守備は昨年の戦力を維持できていますので、問題はまったくありません。

取り合いになるのか、守備の試合になるのか、難しいところではありますが
見る方としてはセインツお得意のバカ試合を期待したいですね。
バカ試合お得意ですけど勝つわけではないんですよね。

week1-00012
(クリックしたら大きく表示されます)


week1-7

AFC西地区の同地区対決です。
昨年の3位 4位ですが、どちらも癖の強いチームですので、ワイルドカード争いはできるチームだと思います。

チャージャース
は、一般的には評価が低いチームだと思われますが、なんでか個人的に評価を高くしちゃうんですよね。おそらくですが、イーライが2回もスーパーとってるのに、被害者のリバースが報われないのはおかしいという心情のせいですね。イーライが悪いんです。
個人的感情はここまでにして、戦力ですが、新人の怪我に泣かされている状態でしたね。WRウィリアムスが4週くらいの怪我 Gランプは全休という状況です。大きな補強は新人くらいだったため、去年とさほど戦力が変わっていません。でもリバースさえ復調すればなんとかなると思っています。リバース次第です。
守備は、ボサ見るだけで楽しいですよ。パスラッシュは強力だと思います。DB陣はヘイワード以外頑張れと。


ブロンコスは、先発QBがシーミアンとなりました。昨年問題だったのはOLの方で、そこは補強しましたね。あとRBチャールズを加え、アンダーソンの復帰でランオフェンスは楽しみです。ただ2人とも怪我に弱いので、なんとかシーズン通してやってほしいところです。
守備は特に何も言うことはないでしょう。NFL屈指の守備ユニットと言い切れます。

ということで、雰囲気的にはブロンコス優勢と言わざるを得ませんが、個人的にリバースを応援しています。

week1-00011
(クリックしたら大きく表示されます)

次週やるとしたら、表と1行くらいでいいかな・・・


 開幕戦の短評

week1-1

開幕戦まさかのチーフス圧勝でしたねぇ。
チーフスのルーキーRBハントは最初のプレイでファンブルロストした時は、あ~あかんわと思いましたが、その後それを帳消しどころか、週間MVPレベルの大活躍でしたね。
ペイトリオッツは4th1ギャンブル2回失敗が響きましたね。ブレイディの得意技QBスニークを温存しなければよかったのにというのは結果論ではありますが、チーフスの守備が素晴らしかったからとは言え、1y強引に取り切れるRBがいないことも露呈した形でもありあましたね。

チーフスは WRヒル Sベリー ペイトリオッツはLBハイタワーが怪我していたのが心配ですね。
Sベリーはアキレス腱断裂ということで、今季絶望になってしまったようです。グロンコウスキーを見事に抑えていただけに、その代償が大きすぎですね。。。

 ついでなんで、ドイツのDAZNのお話

昨年から日本同様にドイツでもDAZNのサービスが開始されており、アメフト人気のようです。
で、本題ですが
去年もやってたみたいなんですけど、カレッジフットボールの放送やってるみたいなんだよね、ドイツでは
とりあえず日本でも見れねぇのか?ってカスタマーに送ってはみましたよ。
お問い合わせいただきましたNCAAのアメリカンフットボールの配信予定に関しましては、現在のところ未定となっております。 
せっかくお問い合わせいただいたにもかかわらず、明確なお答えができず、誠に申し訳ございません。

という回答でした。
日本でもアメフトの視聴数増えればやってくれるとかあるのかなぁ・・・やってほしいんですが残念ですわ。

 9月11日 サンデーゲームの展望


week1-8

本来はバッカニアーズ@ドルフィンズの放送予定でしたが、ハリケーンイルマの影響で中止、WEEK11に順延になりました。で代わりにスティーラーズ@ブラウンズが放送されることに。
レッドゾーンで見ようと思ってたので、急遽放送はありがたいですね。

スティーラーズ
は開幕直前にCBヘイデン Sウィルコックスなど補強。DB陣の急激な変化がどう影響するかは心配なところではある。
ルーキーEDGEワットが先発を勝ち取りました。活きの良さを発揮+EDGEハリソンをフレッシュな状態でポイントポイントで挟むことができるのは、まちがいなくプラスでしょうねぇ。
攻撃はQBロスリスバーガー RBベル WRブラウンのトリプレッツいるしなんも不安ないでしょうねぇ。

ブラウンズはルーキーQBカイザーが先発となります。プレシーズンでは今年一番の期待しているOLが期待通りの硬さを見せております。2年目WRコールマンとの相性が良く、そのおかげもありプレシーズン4戦全勝。サードダウンコンバージョンでの勝負強さも発揮しており、昨年よりも攻撃は楽しみですね。
守備は調子良かったのですが、ドラフト1巡目1位ルーキーEDGEギャレットの欠場が決まりました。足首の捻挫で2~4週間はお休み。先日チーム内で喧嘩をしたSプライヤーを解雇など、なんか開幕前に出鼻挫かれまくりですね。。。いなくてもなんとかなるような気もするし、プレシーズンと本番は違うだろという展開になる不安もありますねぇ。

とりあえずワットとカイザー中心に見ていきましょう。予想は、、、やめておきます。するとしたらブラウンズ勝利です!
week1-00007
(クリックしたら大きく表示されます)


week1-3

AFCの今年を占う対決ですね。私の予想ではこの対決がAFCチャンピオンシップになると書きましたので、熱戦を期待したいですね。

レイダースRBリンチが現役復帰戦がどうなるのか注目ですね。あとは新戦力としてはTEジクックを補強しています。昨年はOL6人作戦が見事にハマり、QBカーのパスオフェンスがうまくいきました。今年も期待したいですね。
本日アナウンスされましたが、KジャニコウスキーがIRリスト入りをしました。2002年から全試合出場しているベテランKが急に居なくなって大丈夫なんでしょうか・・・不安ですね。
問題は守備なんですが、あまり昨年と変わらない気がしますねぇ。そこまで期待できる雰囲気ではありません。結構不安な点多いですね。

タイタンズはレシーバー陣に負傷者が居るものの、穴は埋めてきた印象ですね。
攻撃はQBマリオタ RBマレー そして強固なOLは健在、攻撃面は問題なしと見ます。
守備もEDGEウィルデン CBライアン Sシプライエンの補強で、特にDB陣は昨年よりも良くなりそうな気配がする。

とにかくカーとマリオタの若手QBのパスオフェンスに注目が集まる試合となるでしょう。
現状ではタイタンズ有利かなと思います。
week1-00008
(クリックしたら大きく表示されます)


week1-4

2012年の審判のロックアウトで代替審判となり
今でも記憶に残ってる方もいるかと思われるあのサヨナラヘイルメリー判定
img_7a67e99fd1aa7ce2cee611beed9d495e225238
この2チームの対戦となると、どうしても思い出しちゃいますね。
この試合以降、現在まで両チームはNFCを代表するチームとして高勝率を叩き出してますね。

シーホークスはプレシーズンの試合を1試合見たんですが、順調そうでしたねぇ。昨年はOLの脆弱さに苦労していましたが、今季はプレシーズンを見る限りではそこまで悪くはないなと。QBウィルソンの動きの良さもあってだとは思うんですがね。RBレイシーの補強もしっかりと効いてましたし。
守備は何も言うところはないんじゃないかなと。例年通り凶悪です。

パッカーズは攻撃陣はTEクックがベネットに変わった以外は特に変化は感じません。まあ昨年も十分な攻撃できてますからねぇ、RBの層は相変わらず薄いのが気になりますけど、もうこれでいいやという感じなんでしょうか?もうモンゴメリーがエースRBってことでいいんですね。もうWRには戻れないのかな?
守備はなんか色々補強しましたけど、要所であったCBは新人キングと出戻りハウスの補強となった。
相手のエースレシーバーに誰がつくか、どれだけ抑えれるかが守備の鍵でしょうね。

パッカーズの攻撃とシーホークスの守備のガチンコが注目でしょう。
プレシーズン4連勝と調子づいているシーホークスが若干有利かなと思います。

week1-00009
(クリックしたら大きく表示されます)


week1-5

同地区対決 昨年は両チームともプレイオフに進出しています。
RBエリオットの開幕出場停止ですが、証拠不十分?みたいな感じで今季の出場停止はなくなったようです。
まあジャイアンツファンとしてはこの試合だけ出場停止解けるとか、不公平やんというところでしたが、全部なくなるってのも。。。まあ処分決定が早漏すぎたんでしょうね。

ジャイアンツは、プレシーズンではルーキーTEイングラムの動きが良かったですね。レシービングTEとして期待できそうです。ベテランWRマーシャルの補強もありましたし、あとはQBイーライがちゃんと投げるだけです。RBはパーキンスの成長に期待するしか無い層ですね。
守備はDLハンキンスの移籍だけが残念ですが、それ以外は維持できてますね。十分期待の持てるユニットを維持出来たと思われます。

カウボーイズ
は、上記でも書いた通り、RBエリオットが出れるというが最大の安心材料ですね。
OLはTフリーの引退が痛いところではあります、それでもプロボウラー3人いますからまだまだ固いでしょうね。
問題は守備でしょうね。EDGEとDB陣は昨年同様不安ありと見ます。むしろ昨年の方が抜き出る選手が居なかったものの層はまあまあだったとも。QBイーライが暴走してくれれば大丈夫なんですが、どうなるでしょうか。

この試合もジャイアンツの守備 カウボーイズの攻撃どちらが強いかが注目ですね。
そういえば昨年も開幕戦で当たって、その時はジャイアンツが勝ってましたね。
とりあえずいい勝負にはなりそうな気はします。とりあえずイーライ次第かなと思います。
week1-00010
(クリックしたら大きく表示されます)

マンデーナイトの試合も書くつもりだったのですが、ダラダラと書きすぎましたね。
明日休みとったので、明日書きます。
次週やるかわかりませんが、やるとしたら、もうちょっとあっさりめにしようと思います。


ロースターカット3日分でもあれだけありましたが、その後もまだ慌ただしい感じでしたね。
いっぺんにロースターを53人にするとああいう感じになるんですねぇ。
一応毎年開幕前までにこの表作ってたんですが、今年はほんと大変でしたね。

20170909


S カルビン・プライヤーが解雇され、ウェーバーでジャガーズがクレームを入れ契約
開幕前に何がなんやら・・・
Browns releasing safety Calvin Pryor after fight - NFL.comBrowns releasing safety Calvin Pryor after fight - NFL.com 
なんかWRリカルド・ルイスと喧嘩して解雇されたとかいう感じみたいですね。
でそれをジャガーズが拾ったということで。
ブラウンズとしては、トレードで取ってきたので、LBデマリオ・デービスをただ損しただけになったわけで。。。
1巡目1位ルーキーのEDGEマイルズ・ギャレットも足首の捻挫で、たぶん2~4週は休みそうなのが決定し、出だしから躓いてますね。。。。
ブラウンズDEギャレットは第1週の欠場が決定 | NFL JAPAN.COMブラウンズDEギャレットは第1週の欠場が決定 | NFL JAPAN.COM 



WR ジェイミー・カーリーが解雇 ジェッツと契約
ジェッツとしては2年ぶりに戻ってきてくれたという感じですね。
先日のトレードでシーホークスからWRカースも取ったので、急仕上げではありますが、レシーバーは揃ったなという印象ですね。問題は投げる方ではありますが。

49ersは昨年の戦力だった選手を次々カットしてるのが気になりますね。結局攻撃はライン以外ではRBハイド TEセレック以外変えた感じです。もう0にしてから作り直してるという感じなんでしょうね。


Kセバスチャン・ジャニコウスキー が怪我人リスト入り

今朝入ってきたニュースです。2002年から全試合出場していたベテランKでしたが、背中の怪我で怪我人リストに入りました。開幕直前だったのでびっくりしましたね。
開幕戦はプラクティス スクワッドからジョルジオ・タベッキオというキッカーが昇格する模様です。


ルーキーS オビ・メンフォンウ が怪我人リスト入り
ドラフト前から注目なSで、2巡目56位でレイダースに指名され、先発として期待されていた選手でしたが、先週膝の手術を受けて、怪我人リスト入りしました。
8週後に復帰できるという見込みらしく、一人だけ使えるIRからの復帰枠を使う予定みたいですね。
開幕から期待してた選手ですが残念ですね。



WR ジェイムス・ジョーンズが引退を表明
キャリア10年 433レシーブ 5861y 51TD
1000yを越えたことはなかったのですが、3番手WRとしてパッカーズを支えてきた選手でした。
メインを張るにはちょっと物足りないですが、サブターゲットとしては存在感があった選手でしたね。
長年コンビを組んでいたアーロン・ロジャースも感謝のコメントを残しています。
おつかれさまでした。



チーム別のこれまでの契約

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1F2FoZPpoL7kk04-GOD5xQTQF7Dmg0GB_WXYfjlTpsUg/pubhtml
ちょっとスマホだと見づらいかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/nflchao/team2017fa-1.xhtml

HTMLバージョンも追加しました。内容は同じです

チェックは不十分な点があるので抜けはあるかもしれません。
主にFOXのをTransactionと本家のTransaction
参考にしてます。
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
http://www.nfl.com/transactions

今シーズンも私はDAZNにお世話になることになりました。
開幕週7試合の放送があります。とりあえず明日の開幕戦を浅く展望してみようと思います。

week1-1
安定感抜群vs絶対王者

昨年のAFC第1シードと第2シードの対決
簡単に言えば、守備のチーフス 攻撃のペイトリオッツだろう。
ただ前回の対戦は2014年 41-14でチーフスが圧勝している。チーフス的にも40点ゲームは珍しい展開だった。3年ぶりの対決とのことですが、チームカラーはその時と変わっていません。

 昨シーズンのチームスタッツ

week1-00001

昨年のペイトリオッツのスタッツを見てしまうと、どこも勝てるわけねぇやんってなってしまうんですよねぇ。
チーフスのスタッツもいいんですよ、でもペイトリオッツとくらべてしまうとなぁ。。。
とりあえず、唯一勝っている、ターンオーバーでなんとかしよういう感じですね。スタッツだけで分析すれば。

さらに細かいスタッツは↓
Kansas City Chiefs vs. New England Patriots - Compare Stats, Odds and PlayersKansas City Chiefs vs. New England Patriots - Compare Stats, Odds and Players 

 攻撃陣メンバー

week1-00002
(表クリックで大きく表示できます)

ペイトリオッツは RBブラント TEベネット放出 WRエデルマンがIR入りと、それなりに戦力は失っているが、RBギリスリー WRクックス TEアレン 補強で、十分穴を埋めてきた印象。
あとはTEグロンコウスキーが復帰。これが一番の補強だろうなぁ。ということで、戦力的には昨年と変わらないでしょう。40歳になるQBブレイディだが、たぶん問題ないとは思うが、マニングも急に衰えたこともあるし、本番見てみないとね。

チーフスは、RBウェアのIR入りが厳しい。RBはルーキーのハントがどれだけ出来るかが鍵だろう。
WRヒルがエースレシーバーであるが、プレシーズン1試合みたけど、えらいポロポロ落としていたのが心配になりましたね。リターナーとしてのブレイクであって、レシーバーとしてはまだまだなのかもしれません。今年もTEケルシー頼みと言っていいんじゃないですかね。

 守備陣メンバー

week1-00003

(表クリックで大きく表示できます)

ペイトリオッツは EDGEに少々不安を感じる。フラワーズはいいのだが、それ以外の層に不安あり。新人のリバースも先発ではない模様ですので、パスラッシュに不安はありと感じます。
ただ他は特に問題を感じないんですよねぇ。
CBライアンを放出した代わりにCBギルモアを補強逆に強化されたんじゃと思える布陣に。
昨シーズン失点1位の守備はほぼ健在といっていいかもしれない。

チーフスは、DLポーの放出のが心配であるが。その穴DLローガンの補強で埋めた。
あとCBネルソンのIR入りでCBの層の薄さが心配ですが、先発メンバー的には問題ないので、シーズン中盤以降の問題になる点であるだろう。
プレシーズンで1試合観た限りでは、今年も守備は安定してるなぁという印象でした。
ペイトリオッツ相手でも対抗できる守備だと思います。攻撃が淡白に終わらないことを願いましょう。

 予想


チーフスの攻撃面の心配は今に始まったことでもないが、昨年よりも心配であることは確かである。
守備に期待するしかありませんが、守備だけでなんとかできる相手とは言えないところが・・・

スコア予想は31-17でペイトリオッツと予想します。

公式プレビュー動画


 放送

week1-00004

とのことです、BSも当日深夜放送みたいですね。
今年からDAZNも載るようになったようですね。
昨年載ってなかったのはNFLJAPAN.comはスポナビ傘下だから敵は載せにくいってことなんやろなと思ってましたが、今年は載ってよかったですよ。
一応ですがNFL公式なんですから、DAZNだけ除け者にするのはあかんとは思ってました。


 過去に挙げた注目若手選手とその結果

2010年から生意気にもブレイク必至、こいつに注目しとけ!って選手を某所であげてたんですが
その選手達をご紹介します。

2010 CHI WR デビン・アロマンシュデュ 平凡以下の結果
2011 STL TE ランス・ケンドリックス 平凡な結果 今年からGBへ
2012 SD WR ヴィンセント・ブラウン シーズンエンドの怪我をした
2013 NYG RB デヴィット・ウィルソン 落球癖は治らなかった、引退した。

DET WR ライアン・ブロイルズ 怪我から復帰できなかった
2014 JAC WR エース・サンダース リターナーとして平凡、現在行方不明

CLE OLB バーケビアス・ミンゴ 現状BUST 今年からINDへ
2015 LAC RB ブランデン・オリバー 怪我した。今年もバックアップ

BAL RB ロレンツォ・タリアフェッロ 怪我した。先日カットされた。

MIN RB ジェリック・マッキノン まあまあだった。そろそろ生き残れなくなりそう。
2016 CHI RB ジェレミー・ラングフォード 怪我してる間に新人に抜かされた、先日カットされた。

JAC DE ダンテ・ファウラーJr. 目立たない成績だった。

TEN RB デリック・ヘンリー 2番手としてまあまあな活躍

CLE WR テレル・プライヤー WR転向2年目、1000yレシーブ達成!大活躍!

MIN WR ステフォン・ディグス エースレシーバーとして頑張った


これを披露してた某所では、今年の呪いはだれになるんだ。という感じで
MADDENの呪いみたいな感じで言われておりました。
マッデンNFL - WikipediaマッデンNFL - Wikipedia 
なので正直ブログに載せるのは躊躇はしましたが、昨年形振り構わず5人も指名して、見事2人当てましたから、大丈夫だと思います!

ディグスに関しては、一昨年すでにブレイクしてるとも言えるが。プライヤーはブレイクしたよね!

一番ショックだったのは2013年のジャイアンツのRBデヴィット・ウィルソンでしたねぇ。
まさか開幕直後に怪我をしてそのままシーズン途中で引退するとは。。。前年のWRヴィンセント・ブラウンの全休もありまして、この2年で呪いと言われだしたんだよなぁ。。。

先日のロースターカットで、RBタリアフェッロとRBラングフォードがカットされた。RBの生き残りが厳しい時代ではあるが、私が注目した選手が、どんどんいなくなってしまうな、、、、

 2017年ブレイクするであろう注目選手

LAC TE ハンター・ヘンリー
ATL TE オースティン・フーパー
JAC DE ヤニック・インガウェイ
CLE CB ブリアン・ボディカルフーン

決して呪いをかけてるわけではないです。期待を込めて書きます。
今年は例年以上に守りに入ったつもりです。全員先発は確定と言っていい選手達ですし。

・TE ハンター・ヘンリー

昨年のルーキーイヤーは、36レシーブ 478y 8TD とすでにブレイクしてると言えるかもしれませんが、一応昨年のディグス枠です、一人は確実なの入れておこう作戦です。
チャージャースのTEと言えば、長年ゲイツの存在が大きかったのですが、そのゲイツを抜く存在が現れました。キャッチング能力が素晴らしく、8TDということでも分かる通り、決め手として使いやすい選手です。今季もゲイツと出場機会を分けるかもしれませんが、昨年より出番は増えると予想します。




・TE オースティン・フーパー

昨年のルーキーシーズンは、タミー トイロロと出場を分け合って、スタッツ的には
19レシーブ 271y 3TDと平凡な成績でした。
今季はタミーがいなくなり、出番が間違いなく増えることでしょう。プレイオフでも彼がTE1番手として勝利に導きました。チームとしても独り立ちしてほしいことでしょう。





・DE ヤニック・インガウェイ

昨年のルーキーイヤー 8.0Sack 28回のQBハリー 4ファンブルフォース ハリー数はNFL10位
はっきり言って、もっと注目されていいはずの選手でしょ。 
すべてはチームの成績のせいで、あまり名前があがらないだけで、力があり、外からまくる能力もあるパスラッシャーです。
今季もQBに不安を抱えまくるジャガーズですが、守備は結構いいメンバー揃ってるので、QBが余計なことせず、ターンオーバーだけは避けるプレイに徹すれば、意外とあるチームだとは思うんですがね。




・CB ブリアン・ボディーカルフーン


なぜブラウンズが14連敗したのか、冷静に見直す」で、おそらくいちばんPICK UPしていた選手です。あれだけいじっておいて、ここに載せないでどうするという感じですよね。
今季はマコーティと出番を争うのか?という感じでしたが、開幕前にジョー・ヘイデンの解雇という衝撃があり、昨年より出番が多くなりそうです。
プレシーズンでは、オデル・ベッカムが怪我をしてしまうタックルで、あぶないタックルだとか言われてはいましたが、十分ナイスタックルだとは思うんですがね。怪我はしてほしくありませんが。
1年目は本当に勢いがあり若々しさあふれるプレイでした。今年はちょっとだけでも安定感を取り入れられれば、ブレイク間違いない! 今年のプレシーズン見てると、守備は結構いけてる感じしますしね!






もう呪いとは言われたくないので、まじで怪我だけはなく過ごしてほしいです。


一応まとめました。見やすくしようとしたけっか、見にくいかも・・・・
かなりチェックが適当なので間違ってたらすいません。

9/6 5:30更新 現地9/4分 ツイッターでご指摘あった部分を修正
とりあえず落ち着いたので、9/5以降のTransactionはいつも通りのスタイルに戻ります。
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  • IR   →怪我人リスト入り
  • Out?  →怪我人リストには入ってないけど、今シーズン復帰は厳しい。
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
  • NFI →ノンフットボールインジュリーリスト PUPとほぼ同じです

 NFC東

2017 09 nfc e

カウボーイズの出場停止処分選手多すぎますね。RBエリオットの出場停止も痛いですが、守備にやはり不安は感じますね。それでも強そうですけど。

ジャイアンツはCBコックレルをトレードで獲得。見返りは来年のドラフト権ですが、成績によって何巡か決める方式らしい。TEタイを放出したが、新人TEエバン・イングラムの動きが相当良かったという点での放出だろう。

レッドスキンズはRBジョーンズを放出。近年怪我の耐えない選手だったためだろう。コルツが放出後契約しました。
EDGEマーフィーのIR SホールのPUP入りなど、守備面はそうとう厳しい感じがしますね。

イーグルスは新人CBシドニー・ジョーンズがNFI入りしているが、アキレス腱の怪我のため今シーズン全休の可能性が高い模様です。

 NFC北

2017 09 nfc n

パッカーズはベテランEDGEブルックスを獲得した。新人EDGEビーゲルがPUP入りした分としては大物を補強したなという感じですね。

ライオンズはやっぱりEDGEハイダーのIR入りがきついですね、パスラッシュに不安は今年も拭えないかもしれない。

バイキングスはCBトライメン・ブロックをトレードで獲得。来年の7巡を見返りで放出。
というかブロックって出場停止ならないんですねぇ。49ersが放出した理由がDV発覚だったはずですが。シーホークスはまるまる7巡得した感じですね、これ。

ベアーズはWRクルーズを放出。プレシーズンでTDあげて元気そうだったので、チームを引っ張る存在として残るもんだと思ってましたがねぇ。どこか拾う可能性は十分ありそうです。
Kアグアヨは・・・来年どっかに拾ってもらえるようにがんばるしかないよね。。。
ちょっと期待していたWRメレディスがIR入りしてました。今シーズンエースレシーバーとしてヤッてもらわないといけない選手だとおもったんですがねぇ。残念です。

 NFC南

2017 09 nfc s


ファルコンズは、DLラシード・ヘイグマンがDVでコミッショナーの許可が出るまで出場停止になったようです。なのでいつ復帰できるかはわかりません。

バッカニアーズはブロンコスを解雇されたS TJ・ウォードを獲得。それに伴いS JJ・ウィルコックスをトレードで放出 来年のドラフト6巡を貰えるようです。

セインツはFBクーン DLマクダニエルを放出。普通にレギュラーとれそうな選手達でしたが、放出となりました。


 NFC西

2017 09 nfc w

シーホークスは、WRジェレミー・カース⇔EDGEシェルドン・リチャードソンのトレード
来年の2巡もつけたようです、ジェッツからは7巡をもらったとのこと。

Seahawks Trade WR Jermaine Kearse And Second-Round Pick To Jets For DE Sheldon Richardson; Swap Seventh-Round Picks | Seattle SeahawksSeahawks Trade WR Jermaine Kearse And Second-Round Pick To Jets For DE Sheldon Richardson; Swap Seventh-Round Picks | Seattle Seahawks 
結構大きいトレードでしたね。WRカースはいいロングターゲットでしたが、シーホークスらしい守備重視な補強ですねぇ。
CBトライメン・ブロックもトレードで放出。こちらは来年の7巡目をもらったようです。8月に契約した選手をトレードで出して7巡もらったわけですから、儲けてますよね。

カーディナルスはパンサーズをカットされたベテランPアンディ・リーを獲得した。

49ersは、RBハイタワー WRカーリーを放出。RBはまたハイド一択なのかなぁ。カーリーも十分戦力として使えそうでしたが。



Transactionは
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
怪我人 サスペンションは
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/

参考に表作りました。


一応まとめました。見やすくしようとしたけっか、見にくいかも・・・・
かなりチェックが適当なので間違ってたらすいません。

9/6 5:30更新 現地9/4分更新 下記はカット後再契約の為、表から削除してます。
NE NE RB ブランドン・ボルデン C-
BAL BAL WR クリス・マシューズ C-
TEN TEN C ブライアン・シュワンキー
LAC LAC QB ケレン・クレメンス C
とりあえず落ち着いたので、9/5以降のTransactionはいつも通りのスタイルに戻ります。
  • Su数字 →サスペンション(出場停止)の試合数
  • IR   →怪我人リスト入り
  • Out?  →怪我人リストには入ってないけど、今シーズン復帰は厳しい。
  • PUP →PUPリスト(開幕6試合目までの怪我人リスト)入り
  • NFI →ノンフットボールインジュリーリスト PUPとほぼ同じです

 AFC東

2017 09 afc e

ペイトリオッツが、トレードでWRドーセットを獲得。エデルマンがいなくなったので一応埋めたという感じですね。ブリセットを見返りで渡し、QBは2人体制で行くようです。

ジェッツが、ずっと話のあったEDGEリチャードソンをトレードで放出した。見返りにWRカースを獲得。いつの間にかWRエヌンワがIRリスト入りしていたので、使えるWRを獲得できたのは大きい。
あとTEタイも獲得、セファリアンジェンキンスの2試合出場停止の穴を埋める補強ですね。

 AFC北

2017 09 afc n

スティーラーズが、Sウィルコックス+2019年の7巡をトレードで獲得。見返りは来年の6巡
先日のCBヘイデンの獲得と、開幕前に急激なDB整備を行っている。
CBコックレル WRコーツをトレードで放出もしている。激しい動きがありましたね。

ブラウンズはとうとうQBオズワイラーを放出。それをブロンコスが拾ったのも驚きましたがね。
で、スティーラーズからWRコーツをトレードで獲得 見返りは来年の6巡。ロングターゲットとして使えるが、捕球に少々難あり。ロスリスバーガーだから使えた選手の可能性もとも考えたが、うちのカイザーもロングボムはなかなか良いので、期待しましょう。開幕前なんだからポジっとこ。

 AFC南

2017 09 afc s

テキサンズがKノバクを放出。2年目のカイミ・フェアブリアンとかいう選手を使うようです。

タイタンズは2年目のWRシャープがIR入り。WRの層は厚いのでそこまで問題はないと見るが、飛躍が期待されただけに残念ですね。

コルツはQBブリセットをトレードで獲得。どうやらQBラックが開幕戦欠場は決まったようで、バックアップの層を厚くした。ラックの欠場が長引かなければいいですが、開幕はトルジーンになるようです。

 AFC西

2017 09 afc w

チーフスはRBウェアがIR入り EDGEハリがPUP入りとなった。RBの層が薄いので少々心配ですね。
3巡目の新人RBハントに期待するしかない布陣ですね。

ブロンコスはSウォードのトレードを画策していましたが、見つからず放出となりました。放出後バッカニアーズと1年契約しました。
QBオズワイラーを戻したのは驚きましたね。リンチが肩の怪我で4~5週ほど戻れないということで、最低給でオズワイラーを雇ったということらしい。オズワイラー的にはすでに16Mをブラウンズから保証で受け取ることになっており、無給でも契約したいぐらいだったろう。

チャージャースは今年の上位指名選手の怪我に悩まされている。WRウィリアムスは1ヶ月後に戻ってくる予定のようだ。
Kランボを解雇した。Kはヤングホー・クーという新人を起用する模様。
このクーは韓国生まれ選手のようで、ツイッターのNFLクラスターが話題にしてたのはこの選手だったようですね。アジア人キッカーということで、夢がありますね。


Transactionは
http://www.foxsports.com/nfl/transactions
怪我人 サスペンションは
http://www.rotoworld.com/teams/injuries/nfl/all/

参考に表作っています。